こちらは
京都医塾 オンライン校
のWEBサイトです

2022年度合格者 × 学長 対談

家にいながら医学部合格??
オンライン授業について合格者に聞いてみた!

京都医塾 オンライン校では、毎日着実に勉強を積み重ね、確かな力をつけた生徒たちが、全国の医学部へと羽ばたいていきます。2022年度入試で合格を勝ち取った真弓桃歌さんに、学長の曽根岡がお話を伺いました。

左:京都府立医科大学 医学部医学科
現役合格 真弓桃歌さん(洛南高校出身)

想像よりも便利な授業

曽根岡 玲(以下、曽根岡) この度は、京都府立医科大学への合格、おめでとうございます!

真弓 桃歌(以下、真弓) ありがとうございます。京都医塾の先生には、各大学の試験問題の特徴を熟知した先生がいて、皆さんが合格まで導いてくださいました。

曽根岡 共通テスト後はオンライン授業を受けていましたね。きっかけはなんでしたか。

真弓 新型コロナウイルス感染症が拡大していて、受験本番に向けて、少しでも感染のリスクを減らしたいと思ったからです。

曽根岡 受験生にとって、勉強と同じくらい健康管理は大切ですもんね。

真弓 私は通学時間が長かったので、公共交通機関での移動が減って受験までの不安が一つ取り除かれました。また、学校終わりで疲れた状態でも、自宅から受講できるので、ほどよくリラックスして授業を受けることができました。

曽根岡 真弓さんにとって、オンライン校はメリットづくしだったんですね。

真弓 今まで対面の授業しか受けたことがなかったので不安でしたが、専用のアプリが便利で、オンラインの授業もアリだなと思いました。先生と私が同じノートを共有しているので、先生がノートに板書を作ってくださるのと同時に自分のメモも書き込むことができてとても便利でした。いざ、授業が始まってみると、専用のアプリのおかげで、スムーズに授業が進みました。

曽根岡 「先生と一緒にノートを作れるのが新しい!」とカウンセリングのときに伝えてくれていましたね。

真弓 授業が終わった後もノートの共有は続くので、いつでも見直すことができます。プリント整理が苦手な私は、アプリ内に必要な教材がすべてまとまっていて、整頓されているので、すごく助かりました!復習に取り掛かりやすくなりますね(笑)

授業外の時間の過ごし方も教えてくれる

真弓 ちょっと大げさかもしれませんが、「自分の部屋が京都医塾になる」って感覚でした。そのおかげで、いままで通塾のために使っていた時間にも自宅で勉強ができるようになったり、体を休める時間にあてたり、上手く時間を使えるようになりました。

曽根岡 面談で「通塾に使っていた時間は単語の勉強をしています」と伝えてくれたときは、効率のいい時間の使い方だねと担任の先生も褒めていましたよ。

真弓 カウンセリングで、授業時間外の時間の使い方も指導していただきました。15分単位で細かくスケジュールを組んでくださるので、常に”次に何をしたらいいか”が分かり、迷うことなく、受験までの毎日を過ごすことができました。

曽根岡 合格までの残された時間を無駄にしないように勉強を頑張るのは生徒さん自身ですが、合格までの距離を伝えて効率よく学習できるようにアドバイスするのは我々講師の仕事です。合格する実力と受験に立ち向かう自信を身に付けることができましたね。

機械が苦手な私でも、安心して授業を受けられた

曽根岡 さて、ここからはオンライン校で少し困ったことを聞いていきましょう。

真弓 機械に慣れていなかったので、授業開始前に、システム担当の方がガイダンスをしてくださり、慣れる時間を作ってくださいました。

真弓 驚いたのは、授業時間外でも、操作が分からないときは、すぐにシステム担当の方が助けてくださったことです。遠隔でも分かりやすく対応してくださったのが印象に残っています。

曽根岡 最後に、受験生にメッセージをお願いします。

真弓 受験期は、自分が思う以上に精神面が成績に影響を及ぼします。悩みを抱えて「今何をすべきか分からない」状態で立ち止まっているのはもったいないので、不安なことがあれば、友人や家族、塾の先生でもいいので相談するようにしましょう!

オンライン授業 Q&A

よくある質問を実際にご受講頂いた真弓さんにお答え頂きます!

タブレットやPCを持っていないのですが、機械は貸してもらえますか?
オンライン授業が始まる前に、専用のタブレットが2台届きました!授業に必要なアプリも事前に入れてくださっていたので、すぐに授業を始められましたよ ※タブレットは無料レンタル。
土日や遅い時間帯の指導も可能ですか?
時間割を作成してもらう際に、希望日時を提出することができます!20時以降の時間枠もありましたし、土日に授業をお願いすることもありました。
教材は自分で用意しますか?
私が用意したのは赤本(過去問)だけで、あとは京都医塾の先生に用意してもらっていました。
オンラインでどうやって質問するのですか?
専用質問受付のフォームがあり、そこに疑問や質問を入力すると先生から解答の返信があります。