公式コラム

鶴丸高校からの医学部への進学実績はどれくらい?合格率をアップさせる方法は?

鶴丸高校からの医学部への進学実績はどれくらい?合格率をアップさせる方法は?

九州の進学校の中でも、とりわけ輝かしい実績を打ち出し続けている鶴丸高校。

同校は、県立高校でありながら、毎年のように難関大学への合格者を輩出中です。

そんな鶴丸高校ですが、医学部への進学実績についてはいったいどのような状況なのでしょうか。

今回の記事では、この鶴丸高校の医学部への進学実績について解説するとともに、同校の基本情報や合格率をアップさせる方法など、様々な情報について多角的に紹介していきましょう。

Contents

鶴丸高校の基本情報

まずは、鶴丸高校の基本情報から紹介していきましょう。

同校では、「ミニマム・エッセンシャルズ」と呼ばれる独自の生活規範を用いて、生徒たちの教育にあたっています。

この規範の中には学習にまつわるものが多く記載されていますが、そのほかにも、家族との絆を大切にすることや、一生涯の友人を持つことの重要性など色々なことが書かれています。

また、鹿児島県の偉人の一人、西郷南洲翁(西郷隆盛)の遺訓に沿った教えを貫き、人々のために尽くし、自他共存を旨とすることも説いています。

自他共存の精神は、医師としての態度として最も尊ぶべきものとしてあげられますから、医学部を目指す受験生にとっては格好の学び舎と言えるでしょう。

【2023年度】鶴丸高校からの医学部への合格者数

次に、鶴丸高校からの医学部への合格実績についても見ていきます。

こちらの項では、2023年度における鶴丸高校からの医学部への合格者数を、国公立大学のデータをもとに解説していきましょう。

鶴丸高校の上記年度の医学部への合格実績は、卒業生315名のうち38名でした。

この数字は、九州・沖縄地方の中でも第5位に位置づけられているほか、県立高校としては、熊本高校に次いで第二位の地位を獲得しています。

このような好実績をあげている鶴丸高校ですが、2024年度以降の入試においても同様の実績を残せるとは限りません。

なぜなら、医学部の入試は毎年のように出題傾向の変更がなされたり、募集人員の増減がなされたりするからです。

そのため、医学部合格を確実なものとするためには、変化に対応できるだけの能力を身につけておく必要があります。

そこで、おすすめなのがオンライン予備校です。

オンライン予備校は、その名のとおり、オンライン上で学習を進めていくタイプの予備校ですが、ネット環境の整備がなされたことで近年、爆発的な注目を集めています。

次項では、このオンライン予備校の魅力について紹介していきましょう。

オンライン予備校も利用してさらなる合格率アップを目指そう!

さて、先ほどもお話したとおり、ここではオンライン予備校の魅力について紹介していきます。

現在、鶴丸高校の生徒である方はもちろん、これから同校へ進学予定の方や、惜しくも進学を果たせなかった方などにも耳よりな情報ばかりですので、ぜひ参考にしてください。

地方の受験生でも本格的な授業が受けられる

地方に在住する受験生と、都市部に在住する受験生との大きな違いとしてあげられるのが、近隣の医学部受験にも対応可能な予備校があるかどうかということです。

一般的なレベルの予備校は全国各地で開校がなされているかも知れませんが、医学部のような難関学部にも対応できる予備校は、なかなか見つからないはずです。

このような状況も相まって、地方の受験生は慢性的に不利な状況に立たされていました。

しかし、現在ではオンライン予備校の登場とともに、その不利な状況も一変しています。

ネットを利用するオンライン予備校は、場所を選ばずどんな地域に居住していても高品質な学びが得られます。

医学部進学のための対策ができる予備校が見つからず悩んでいる方は、この機会にオンライン予備校の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

人間関係に起因する悩みから解放される

対面式の予備校では集団での授業がベースとなるため、自然と人間関係が構築されます。

このとき、よい友人だけに恵まれれば、受験勉強にも弾みがつき良いこと尽くしとなりますが、そうでなかった場合は真逆の効果が生まれかねません。

また、そもそも人間関係が苦手な方にとっては、集団授業はストレスそのものとなるはずです。

その点、オンライン予備校ではマンツーマン授業が基本形式になります。

したがって、人間関係に起因する悩みからも解放され、ストレスフリーで学習を進めて行くことができます。

通学時間が発生しないため時間の節約につながる

よい予備校が見つかったとしても通学までの時間がかかってしまっては、学習の時間が削られてしまい、本末転倒にもなりかねません。

そのため、予備校を選ぶ際には、通学に要する時間も計算に入れる必要がありますが、都合が付けられる場所が見つからないこともしばしばあります。

このようなケースでも強みを発揮するのが、オンライン予備校です。

前述したように、オンライン予備校はネットを利用するため場所を選ばず受講することができます。

そのため、通学時間が発生せず時間の節約となり、ひいては学力向上のための大きな一助となり得ます。

学校生活に合わせたカリキュラムを提示してもらえる

現役生の方々にとって、受験勉強と学校生活の両立は喫緊の課題です。

受験勉強に偏った日々を送っていては学校での評価が下がりますし、はたまた学校生活を優先してしまうと、医学部合格のために必要な学力に到達できません。

そのため、医学部受験と向き合うにあたっては、精密なカリキュラムを練って、受験勉強と学校生活とを上手に両立させる必要があります。

ただ受験生の方の中には、個人の力だけでは、自分に適したカリキュラムを作り出せないといった方もいるはずです。

そういった方にとっても、オンライン予備校は大きな頼りとなります。

なぜなら、オンライン予備校の中には、現役生用のカリキュラムを提案してくれるところもあるからです。

このようなサービスを提供しているオンライン予備校であれば、受験勉強と学校生活とをしっかり両立できるよう配慮してくれますので、現役生の方でも安心して利用できます。

対面式の予備校よりも学費を抑えられる

オンライン予備校の中には、対面式の予備校よりも学費が低いところが少なくありません。

オンライン予備校は、その性質上、施設設備費などが安価に抑えられるため、それにともなって学費が安くなるというわけです。

したがって、対面式の予備校を検討しているものの学費が気にかかっている方には、強い味方となってくれるでしょう。

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

上でもお伝えしたとおり、医学部の受験では、毎年のように出題傾向や募集人員の総数に変更が加えられます。

このことから、医学部進学の実績を打ち立てるためには、合格のための専用の対策を施す必要があります。

しかし、医学部への進学にも対応できる予備校は、一般的な予備校と比べて少数であるため、どうしようかと途方に暮れている受験生の方々も多いのではないでしょうか。

そんな方々におすすめなのが、医学部受験専門の予備校である「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験に特化した講師や学習カリキュラムを用いて、例年数多くの受験生を医学部合格へと導いている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

対面式にも引けをとらない品質のリアルタイム授業

インターネットが発達する以前のビデオ学習では、授業中に受験生とのコミュニケーションが取れないという課題がありました。

しかし、現在では時代の流れとともにオンライン環境が整備され、今ではネットを通じた学習が誰でも、そしてどこの居住地でも気軽にできるように変化しています。

私たち京都医塾オンライン校ではこのような時代の変遷を受けて、より多くの受験生の方々を支援すべく、リアルタイムで行うオンライン授業のサービスをスタートさせました。

そんな当校の授業の特徴は、なんと言っても2台のタブレット端末を駆使した、リアリティにあふれた授業形態にあります。

この授業形態は、タブレット端末の役割を講師を映し出すものと、受験生のノートとして使うものにわけて利用する仕組みとなっています。

あえて片方を講師を映し出すための専用機とすることで、対面式の授業と遜色のない学習環境を実現させているというわけです。

好きなタイミングで利用できる独自のオンライン自習室

医学部合格を確実なものにするためには、自学自習の態度が必要不可欠です。

授業だけの学習でかまわないという心がまえでは、夢を叶えることは到底できません。

そこで京都医塾オンライン校ではオンライン自習室を用意して、受験生の方々をバックアップしています。

このオンライン自習室は、独自の考えにもとづいて作られた完全無音の設計になっており、集中力を乱されることなく、長い時間でも机に向かうことができます。

オンライン三者面談で保護者様のご不安もしっかりケア

保護者様にとって、ご子息・ご息女の成績の進捗具合はとても気がかりになるはずです。

受験は大事な子どもの将来を左右する大勝負ですから、どんな保護者様でも大なり小なり不安な気持ちを抱えているはずです。

京都医塾オンライン校では、このような保護者様の心情にも寄り添うべく、定期的にオンライン三者面談を実施し、お子さまの学習状況をご報告しています。

この面談では、お子さまの現状の学力の報告は当然のこと、担当講師による客観的なアドバイスもさせていただきますので、学習の進捗具合を深くご理解いただけます。

まとめ

九州・沖縄地方でも名だたる名門校として知られる鶴丸高校。

そんな鶴丸高校では、これまでにも多くの医学部合格者を輩出してきました。

しかし、医学部の受験では、年度ごとに出題傾向や募集人員の総数に変更が加えられることも珍しくありません。

このことから、医学部進学の実績を打ち立てるためには、合格のための専用の対策を施す必要があります。

しかし、医学部への進学にも対応できる予備校は、一般的な予備校よりも少数であるため、思い悩んでいる受験生の方々も多いのではないでしょうか。

そんな方々におすすめなのが、医学部受験専門の予備校である京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験に特化した講師や学習カリキュラムを用いて、例年数多くの受験生を医学部合格へと導いている予備校です。

当校に受験の指導役を任せていただければ、医学部合格のために必要なすべての学びを、全力で提供させていただきます。

本気で医学部合格を目指している方には、圧倒的な熱意で受験生をリードする、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

入塾のご相談のほか、無料の体験授業につきましても随時承っておりますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

新着記事

カテゴリー