index.php

国内に設置されている私立大学医学部の中でも、屈指の難関校として知られているのが順天堂大学医学部です。

同大学医学部では、その名に恥じない高度な医学教育を学生たちに施しており、2023年度の医師国家試験の合格率は驚愕の100%という快挙を成し遂げました。

そんな順天堂大学医学部には強い憧れの感情を抱く受験生も多く、入試の際にはたくさんの挑戦者が試験にトライしています。

今回の記事では、この順天堂大学医学部を目指している方々へ向けて、入試にまつわる情報を一気にまとめてお届けしていきましょう。

順天堂大学医学部の特色

まずは、順天堂大学医学部の特色について解説していきましょう。

同大学医学部の特色として、最も目を引くものと言ってもよいのが高学年次からはじまる、ベッドサイドラーニングです。

このベッドサイドラーニングとは、医学教育の集大成と位置付けられているカリキュラムで、学生たちは順天堂大学医学部が誇る6つの附属病院のすべてにおいて実習を重ねます。

この実習を経ることで様々な附属病院から知見を得ることができ、質と量をともなった総合的な医学教育を得ることができます。

順天堂大学医学部の入試方法

ここからは、順天堂大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて5種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般選抜(A方式・B方式)

まずは、一般選抜(A方式・B方式)の解説をしていきます。

募集人員

順天堂大学医学部の2024年度の一般選抜(A方式・B方式)における募集人員は、A方式が64名B方式が5名の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は131名ですから、一般選抜(A方式・B方式)は、全体のおよそ半数を占める大規模な募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、順天堂大学医学部の2024年度における、一般選抜(A方式・B方式)の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では、同試験の一次試験の試験科目と配点を、A方式とB方式にわけて下記表にまとめました。

▼2024年度における順天堂大学医学部の一般選抜(A方式)・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B100点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語200点
小論文100点

▼2024年度における順天堂大学医学部の一般選抜(B方式)・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B100点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語(資格・検定試験含む)225点

順天堂大学医学部の2024年度における、一般選抜(A方式・B方式)の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

両方の試験とも内容は似ていますが、B方式の方では英語の資格・検定試験も含まれています。

そのため、B方式を受験希望の方々は、英検やケンブリッジ英語検定などのスコアについても良好な成績をおさめておく必要があるでしょう。

そして、上記一次試験を無事に通過した方は、二次試験を受験することができます。

二次試験では、A方式とB方式とで試験内容が異なりますので、順を追って解説していきます。

まずは、A方式の解説から入りましょう。

上記年度における順天堂大学医学部のA方式二次試験では、面接試験が課されることとなります。

面接の形式については明示されていませんが、20分から30分程度の時間となるとアナウンスがなされています。

一方で、B方式の方では小論文試験(和文・英文)と面接試験が課されます。

こちらの面接試験についても形式は明らかではありませんが、時間は約20分から30分とのことです。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

ここでも、A方式とB方式に分けて表を掲載しました。

▼2024年度における順天堂大学医学部の一般選抜(A方式)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月11日から2024年1月11日一次試験:2024年2月3日
二次試験:2024年2月10日から12日
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日

▼2024年度における順天堂大学医学部の一般選抜(B方式)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月11日から2024年1月11日一次試験:2024年2月3日
二次試験:2024年3月4日、5日
一次試験:2024年2月17日
二次試験:2024年3月9日

共通テスト利用選抜(前期・後期)

続いて、共通テスト利用選抜(前期・後期)の解説をしていきます。

募集人員

2024年度における順天堂大学医学部の入試では、共通テスト利用選抜(前期・後期)も実施される見通しです。

募集人員は前期が10名、そして後期が5名の予定です。

試験科目と配点

順天堂大学医学部の上記年度における共通テスト利用選抜(前期・後期)の試験では、その名称が示すとおり、共通テストなどの成績で合否の判定が行われます。

ここでは、同試験の科目と配点について、前期と後期にわけて表にしてまとめました。

▼2024年度における順天堂大学医学部の共通テスト利用選抜(前期)の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
国語200点
地・歴・公民世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、倫理・政治・経済の中から1科目を選択100点
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B200点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語200点

▼2024年度における順天堂大学医学部の共通テスト利用選抜(後期)の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
国語近代以降の文章および古典200点
地・歴・公民世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、倫理・政治・経済の中から1科目を選択100点
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B200点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語200点

2024年度における、順天堂大学医学部の共通テスト利用選抜(前期・後期)の共通テストの試験科目と配点は、上記表のとおりです。

そして一次試験をクリアした方には、二次試験を受験するための資格が与えられます。

この二次試験ですが、共通利用選抜(前期)では小論文試験と面接試験が課されます。

共通テスト利用選抜(後期)も前期と似ていますが、小論文試験には英文も追加されますので注意してください。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における順天堂大学医学部の共通テスト利用選抜(前期)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月11日から2024年1月11日一次試験:2024年1月13日、14日
二次試験:2024年2月3日(小論文)同年2月10日から12日(面接)
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日

▼2024年度における順天堂大学医学部の共通テスト利用選抜(後期)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月11日から2024年1月11日一次試験:2024年1月13日、14日
二次試験:2024年3月4日、5日
一次試験:2024年2月17日
二次試験:2024年3月9日

共通テスト・一般独自併用選抜

次に、共通テスト・一般独自併用選抜の解説をしていきます。

募集人員

順天堂大学医学部の2024年度入試における、共通テスト・一般独自併用選抜の募集人員は、12名の予定です。

試験科目と配点

上記年度における、順天堂大学医学部の共通テスト・一般独自併用選抜の一次試験では、共通テストの成績と一般試験の成績で合否の判定がなされます。

本項では、この両方の試験の科目と配点について下記表にまとめました。

▼2024年度における順天堂大学医学部の共通テスト・一般独自併用選抜の一次試験(共通テスト)の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
国語200点
地・歴・公民世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、倫理・政治・経済の中から1科目を選択100点
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B200点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語200点

▼2024年度における順天堂大学医学部の共通テスト・一般独自併用選抜の一次試験(一般試験)の試験科目、並びに配点表

教科科目配点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択100点
外国語英語200点

2024年度の順天堂大学医学部においての共通テスト・一般独自併用選抜の一次試験の内容は上記表のとおりです。

一般試験では数学が課されませんので、数学Ⅲが苦手な方にとってはチャレンジのしやすい枠となっています。

そして一次試験を突破した方は、二次試験へとコマを進めることができます。

二次試験では、小論文試験(和文・英文)面接試験が実施される予定です。

面接試験の詳細については、一次試験の合格発表時にアナウンスされるとのことですので、受験希望の方にあっては忘れずにチェックしておきましょう。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における順天堂大学医学部の共通テスト・一般独自併用選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月11日から2024年1月11日一次試験:2024年1月13日、14日、同年2月3日(一般試験)
二次試験:2024年3月4日、5日
一次試験:2024年2月17日
二次試験:2024年3月9日
関連コラム

【順天堂大学医学部】偏差値や倍率、特徴を徹底解説!

地域枠選抜

続いて、地域枠選抜の解説をしていきます。

募集人員

順天堂大学医学部の2024年度入試における、地域枠選抜の募集人員は、33名の予定です。

地域枠には義務年限と言われる条件が課されますので、出願の際はこの義務をきちんと、まっとうできるかどうかについて深く考え抜いたうえで応募しましょう。

試験科目と配点

2024年度入試における順天堂大学医学部の、地域枠選抜の試験では、下記表のテストが実施されます。

▼2024年度における順天堂大学医学部の地域枠選抜の一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B100点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語200点

順天堂大学医学部の2024年度における、地域枠選抜の一次試験の科目と配点は上記表のとおりですが、そのほかにも配点なしの小論文試験が課されます。

また、一次試験を通過した方は二次試験を受けることになりますが、こちらの募集枠ではほかの枠と違い、2回の面接試験がなされます。

試験時間は、1回目は20分から30分程度、2回目は10分から15分程度のことですが、さらなる詳細については、一次試験の合格発表の後にアナウンスされるとのことです。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における順天堂大学医学部の地域枠選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月11日から2024年1月11日一次試験:2024年2月3日
二次試験:2024年2月10日から12日
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日

研究医特別選抜

続いて、研究医特別選抜の解説をしていきます。

募集人員

順天堂大学医学部の2024年度入試における、研究医特別選抜の募集人員は、2名の予定です。

出願のための資格がやや特殊で、英語資格・検定試験で一定の成績をおさめていることや、調査書の評価が規定の水準に達していることなどが求められます。

試験科目と配点

2024年度入試における順天堂大学医学部の、研究医特別選抜の一次試験では学力試験が課されます。

本項においても同試験の科目と配点について、下記表にまとめました。

▼2024年度における順天堂大学医学部の研究医特別選抜の一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B100点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語200点

順天堂大学医学部の2024年度における、研究医特別選抜の一次試験の科目と配点は上記表のとおりですが、このほかにも小論文試験も課されますので、文章の読解力や作成能力も磨いておく必要があるでしょう。

そして一次試験をパスした方には、二次試験が待っています。

二次試験では、約20分から30分の面接試験が課されますが、詳細についてはやはり明らかにされておりません。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における順天堂大学医学部の研究医特別の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月11日から2024年1月11日一次試験:2024年2月3日
二次試験:2024年2月10日から12日
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日

順天堂大学医学部の学費

順天堂大学医学部の2024年度における学費は、6年間で合計20,800,000円となっています。

私立大学医学部としては、極めて低い学費に抑えられているのが特徴です。

なお、学費の内訳については下記表を参考としてください。

入学金2,000,000円
授業料700,000円(2年次以降2,000,000円)
施設設備費200,000円(2年次以降860,000円)
教育充実費290,000円(2年次以降720,000円)

2023年度入試からの変更点

順天堂大学医学部の2024年度における入試では、一般選抜(B方式)と研究医特別選抜における出願資格に変更がなされています。

出願に必要な英語資格・検定試験の基準スコアが変化していますので、受験を検討中の方は、ご自身が基準を満たしているかどうかについて募集要項をきちんと確認してください。

関連コラム

【2024年度版】浜松医科大学医学部の入試情報まとめ!募集人員から試験内容まで徹底解説

本気で順天堂大学医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、順天堂大学医学部の入試情報などのあらましを見てきました。

同大学医学部は、5種類もの募集枠を設けて幅広く学生を募っている医学部です。

ただし、順天堂大学医学部を受験するにあたって最も大きな壁として立ちはだかるのが、高い要求偏差値です。

順天堂大学医学部の合格のために必要な偏差値は70.0で、私立大学医学部としては2番目の水準となっています。

そのため、最高峰の学力を有していないと合格は夢のまた夢となってしまいます。

このことから受験生の方々の中には、優秀な予備校に通い、徹底した受験指導を受けたいと検討中の方も多いのではないでしょうか。

そういった方々の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験に特化したカリキュラムやオンラインならではの授業方法を実践して、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと押し上げてきた予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、教育内容について紹介していきましょう。

医学部受験に特化したカリキュラムをご用意

難攻不落とも言っても過言ではない、難易度の医学部受験。

そんな医学部受験を無事に制するためには、専用のカリキュラムのもとでの学習が必要です。

そのため京都医塾オンライン校では、医学部受験に特化したカリキュラムを用いて受験生のみなさんを指導しています。

たとえば、私立大学医学部では大学ごとに出題傾向に違いが見られますが、当校では、そのような出題傾向にも完全に対応した授業を行い、受験生の方々を合格へと導いています。

また、国公立大学を志望の受験生の方々には、共通テストの攻略で必要なすべての知識を網羅的に学べるカリキュラムを使用して鋭意、指導中です。

当校へおいでいただければ、私立大学医学部はもちろんのこと、国公立大学医学部の入試においても、医学部受験に特化したカリキュラムをご用意していますので、なんの心配もいりません。

バツグンの優秀さを誇る教育指導

前述のとおり順天堂大学医学部は、国内の私立大学医学部の中でも有数の難関医学部です。

そのため、同大学医学部への合格を勝ち取るためには一流の予備校に通い、一流の指導者に指南する必要があります。

二流、三流の指導を受けていては、順天堂大学医学部の合格を勝ち取ることは困難を極めるはずです。

受験生の方々としても、同じ指導を受けるのなら一流の指導者のもとで、一流の学力を身につけて入試に臨みたいと、考えているのではないでしょうか。

京都医塾オンライン校では、そのような受験生の方々の声にお応えすべくバツグンの優秀さを誇る教育指導を実践しています。

その努力の甲斐もあり本校では、順天堂大学医学部への合格者輩出の偉業にも到達しています。

順天堂大学医学部を目指す受験生の方々には、難関医学部の合格実績にも秀でた京都医塾オンライン校が最適です。

担任による週一度の見守りカウンセリング

長いながい戦いの受験シーズンは受験生のみなさんにとって、気力のアップダウンの激しい波乱万丈の時期です。

そんな受験シーズンを乗り切るために必要なのが強靭なまでの精神力ですが、すべての受験生の方々が有しているとは限りません。

京都医塾オンライン校では、そのような事実をかんがみて、週に一度の「ウィークリーカウンセリング」を通じてメンタル面のケアを実施しています。

このカウンセリングでは担当の講師と学習の状況などを話し合いますが、受験にまつわる悩みなど、どんなことでもご相談いただけます。

受験のプロたる当校の講師が、すべての悩みごとに適切なアドバイスを差し上げますので、気兼ねなくなんでもご相談ください。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

国内でも屈指の名門校と言われている、順天堂大学医学部。

同大学医学部では、ベッドサイドラーニングなどの独自性の高い学習方法を行って、学生たちの医師としての能力を高めることに尽力しています。

そんな順天堂大学医学部には憧れを抱く方も多く、入試の際には大勢の受験生が試験に挑戦しています。

ところが、この順天堂大学医学部の合格のために必要な偏差値は70.0となっており、私立大学医学部としては2番目の高水準です。

そのため、最高峰の学力を有していないと合格は夢のまた夢となってしまいます。

このことから受験生の方々の中には、優秀な予備校に通い、徹底した受験指導を受けたいと検討中の方も多いのではないでしょうか。

そういった方々の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験に特化したカリキュラムやオンラインならではの授業方法を実践して、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと押し上げてきた予備校です。

当校においでいただければ、あなたのためだけの実戦型の指導をもって、悲願達成のそのときまで全力でリードさせていただきます。

本気で順天堂大学医学部の合格を目指す方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話でのご相談は年中無休で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

聖マリアンナ医科大学は、キリスト教の理念にもとづいて創立された大学です。

そんな聖マリアンナ医科大学に設置されている医学部では、人類愛の精神やキリスト教的な愛の精神を育むための医療教育を実践中です。

このような活動が功を奏し同大学医学部からは、これまでにも数えきれないほどの優秀な医師が巣立っています。

今回の記事では、そんな聖マリアンナ医科大学の入試情報をまとめて紹介していきます。

聖マリアンナ医科大学医学部の特色

最初に、聖マリアンナ医科大学医学部の特色について解説していきましょう。

聖マリアンナ医科大学医学部の特色として有名なのが、患者とのコミュニケーションを学ぶための専門教育です。

この専門教育のもとでは、「聴く・尋ねる・応答する」を三本柱として、この三本柱を応用しながら授業を進めていきます。

また、コミュニケーションスキルの獲得を目指すほかにも、グループ実習を通じた医学生同士の連帯についても強化していくなど、非常に盛りだくさんのカリキュラムとなっています。

関連コラム

【聖マリアンナ医科大学医学部】気になる偏差値・倍率は?大学の特徴や入試の出題傾向も解説!

聖マリアンナ医科大学医学部の入試方法

ここからは、聖マリアンナ医科大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて3種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般選抜(前期・後期)

まずは、一般選抜(前期・後期)の解説をしていきます。

募集人員

聖マリアンナ医科大学医学部の2024年度の一般選抜(前期・後期)における募集人員は前期が75名、後期が10名の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は117名ですから、一般選抜(前期・後期)は、全体の大部分を占める大規模な募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、聖マリアンナ医科大学医学部の2024年度における、一般選抜(前期・後期)の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では、同試験の一次試験の試験科目と配点を下記表にまとめました。

▼2024年度における聖マリアンナ医科大学医学部の一般選抜(前期・後期)・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B100点
理科物理、化学、生物の3科目の中から2科目を選択100点
外国語コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ100点

聖マリアンナ医科大学医学部の2024年度における、一般選抜(前期・後期)の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

そして、上述の一次試験を無事に通過した方は、二次試験を受験することができます。

二次試験では、適性試験小論文試験、加えて面接試験が課されます。

適性試験には配点はありませんが、小論文試験と面接試験には50点ずつの配点がありますので、このことを念頭に置いて対策を進めましょう。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

▼2024年度における聖マリアンナ医科大学医学部の一般選抜(前期)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月18日から2024年1月29日一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日、18日のうちいずれか1日を選択
一次試験:2024年2月14日
二次試験:2024年2月22日

▼2024年度における聖マリアンナ医科大学医学部の一般選抜(後期)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年2月13日から同年2月26日一次試験:2024年3月5日
二次試験:2024年3月15日
一次試験:2024年3月12日
二次試験:2024年3月21日
関連コラム

塾なし!予備校なし!それでも医学部へは行ける?有効な対策を解説

学校推薦型選抜(一般公募制)

続いて、学校推薦型選抜(一般公募制)の解説をしていきます。

募集人員

2024年度における聖マリアンナ医科大学医学部の入試では、学校推薦型選抜(一般公募制)も実施される見通しです。

募集人員は、約25名となっています。

試験科目と配点

聖マリアンナ医科大学医学部の上記年度における学校推薦型選抜(一般公募制)の試験では、基礎学力試験などの成績で合否の判定が行われます。

本項では、上記テストの科目と配点について表にしてまとめて見ていきます。

▼2024年度における聖マリアンナ医科大学医学部の学校推薦型選抜(一般公募制)の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
基礎学力試験(数学)数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B200点
基礎学力試験(理科)物理、化学、生物から2問選択(試験時に選択)200点各設問は主に物理基礎、化学基礎、生物基礎から出題する
基礎学力試験(英語)コミュニケーション英語、Ⅰコミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ150点英語はリスニング試験を実施しない

2024年度における、聖マリアンナ医科大学医学部の学校推薦型選抜(一般公募制)の共通テストの試験科目と配点は、上記表のとおりです。

また、このほかにも配点がそれぞれ50点の小論文試験と面接試験が課されます。

面接試験は2回実施されますので、その点については注意してください。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における聖マリアンナ医科大学医学部の学校推薦型選抜(一般公募制)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年11月1日から同年11月13日2023年11月25日2023年12月1日

学校推薦型選抜(神奈川県地域枠)

次に、学校推薦型選抜(神奈川県地域枠)の解説をしていきます。

募集人員

聖マリアンナ医科大学医学部の2024年度入試における、学校推薦型選抜(神奈川県地域枠)の募集人員は、7名の予定です。

試験科目と配点

上記年度における、聖マリアンナ医科大学医学部の学校推薦型選抜(神奈川県地域枠)では、下記表のとおりの試験が課されます。

▼2024年度における聖マリアンナ医科大学医学部の学校推薦型選抜(神奈川県地域枠)の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
基礎学力試験(数学)数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B200点
基礎学力試験(理科)物理、化学、生物から2問選択(試験時に選択)200点各設問は主に物理基礎、化学基礎、生物基礎から出題する
基礎学力試験(英語)コミュニケーション英語、Ⅰコミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ150点英語はリスニング試験を実施しない

一次試験を突破した受験生には二次試験の受験資格が与えられますが、こちらの試験では、上述した学校推薦型選抜(一般公募制)のものと同様のものが課されます。

そのため、本項での解説は割愛とさせていただきます。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における聖マリアンナ医科大学医学部の学校推薦型選抜(神奈川県地域枠)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年11月1日から同年11月13日2023年11月25日2023年12月1日

聖マリアンナ医科大学医学部の学費

聖マリアンナ医科大学医学部の2024年度における学費は、6年間で合計約35,000,000円となっています。

学費の詳しい内訳については、下記表を参考としてください。

入学金1,500,000円
授業料(各年度)3,700,000円
教育維持費(各年度)1,200,000円
教育充実費5,700,000円(2年次以降は、6,700,000円)

※学費は社会情勢によって改訂することもあり

2023年度入試からの変更点

聖マリアンナ医科大学医学部の2024年度における入試についてですが、前年度からの変更点はとくに確認できません。

日ごろからの学習を徹底して、少しでも合格へ近づけるように努力しましょう。

関連コラム

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

本気で聖マリアンナ医科大学医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、聖マリアンナ医科大学医学部の入試情報を中心に解説してきました。

同大学医学部では、前期と後期の両方で行う一般選抜に加えて、2種類の学校推薦型選抜も設けるなど、学生の募集に熱心に取り組んでいます。

ただし、そうはいっても医学部である以上、どんなに募集枠が豊富であっても難関であることには変わりありません。

中途半端な学力ではライバルたちに出し抜かれてしまい、合格の夢が叶うことはないはずです。

このことから、受験生の方々の中には優秀な予備校を活用して、学力を大きく伸ばしたいと感じている方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々へおすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、腕利きの講師と充実したカリキュラムを強みに、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと押し上げてきた予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、指導内容などについて紹介していきましょう。

いつでも質問できる環境を整備

「授業では理解していたのに、自習だと問題が解けない」

そんな経験をお持ちの受験生の方々は、数多くおられるはずです。

人間の脳は、ものごとを忘れやすいように作られているため、授業だけの学習では不十分になってしまうのは無理からぬことと言っても過言ではありません。

しかし、だからといって分からない箇所を放置していては、医学部合格の悲願は達成できないでしょう。

そこで京都医塾オンライン校では、いつでも簡単に質問できる環境を整備してサポートにあたっています。

質問の仕方は、配布のタブレット端末に内容を書き込んで送信をするだけです。

送信していただいた質問事項は自動的に担当講師のもとにとどき、24時間以内に回答が返信されます。

そのため、分からない箇所を放置することなく、堅実に、そして順調に医学部合格のための学習を積み重ねることができます。

聖マリアンナ医科大学にも多数の合格実績!

京都医塾オンライン校の強みには、講師の実力や充実したカリキュラムなどがありますが、それらの要素が生み出すのが当校ならではの比類なき合格実績です。

たとえば2023年度の実績を例に出すと一次試験の合格率72%二次試験の合格率は60%という数字を叩き出しています。

そして、この数字の中には聖マリアンナ医科大学への合格実績も含まれています。

さらに言うと、聖マリアンナ医科大学へは2022年度も2021年度も、加えて2020年度も合格者を輩出中です。

聖マリアンナ医科大学を志望する受験生の方々は、同校への合格実績が顕著な当校を、ぜひお選びください。

高卒生にまじりながら学習をする「短期京都留学」

モチベーションが豊富な受験生の方といえども、個人での学習が長く続くと意欲の低下が見られるものです。

そして意欲の低下は、必然的に学力の低下を招いてしまいます。

そうなってしまっては、志望医学部への合格は遠のいてしまうばかりです。

そこで京都医塾オンライン校では、モチベーションのダウンを防ぐための取り組みとして、「短期京都留学」を実施しています。

この短期京都留学では実際に京都の校舎に赴いて、高卒生の方々にまじりながら授業を受けていただきます。

高卒生の方々と一緒に勉強をすることで彼らの熱気に触れ、秘めたる意欲をさらに燃やすというわけです。

このプログラムを受けることにより受験勉強により一層向き合えるとあって、多くの方々から大変なご支持をいただいております。

長期休暇を利用して手軽に参加していただけますので、ぜひ積極的にご活用ください。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

キリスト教の博愛の精神を第一の教えに据えて、創設から数多くの医療人を輩出してきた聖マリアンナ医科大学医学部。

同大学医学部では、患者とのコミュニケーションスキルを磨くための専門教育を筆頭に、様々な取り組みを行って学生を指導中です。

そして、このような取り組みが評価された結果、受験生からの人気も高まり、入試の時期になると例年多くの若者が試験に挑戦しています。

しかし、受験生たちにとって大きな障壁となるのが医学部ならではの、高い要求偏差値です。

中途半端な学力ではライバルたちに出し抜かれてしまいますから、合格の夢が叶うことはまずありません。

このことから、受験生の方々の中には優秀な予備校を活用して、学力を大きく伸ばしたいと感じている方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々へおすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、腕利きの講師と充実したカリキュラムを強みに、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと押し上げてきた予備校です。

当校へあなたの指導役を任せていただければ、できる限りの支援策をもって、目標達成に向けて全力でバックアップをいたします。

本気で聖マリアンナ医科大学医学部への合格を目指す方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

お電話やメールによる入塾のご相談、もしくは無料の体験授業の受付けは年中無休で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

日本医科大学は1876年に創立された「済生学舎」をルーツに持つ、深い歴史を誇る伝統校です。

そんな日本医科大学に設けられている医学部ですが、常に変革へ挑戦し、そして新時代のテクノロジーを先取りする医師の育成を重点目標に掲げ、日夜活動をしています。

今回の記事では、この日本医科大学医学部に焦点を当てて、入試にまつわる様々な情報を一気にお届けしていきましょう。

日本医科大学医学部の特色

まずは、日本医科大学医学部の特色について解説していきましょう。

同大学医学部の特色の中でも、ひときわ際立つものがVR(バーチャルリアリティー)技術とAI技術を使用した教育システムです。

この教育システムのもとでは、リアルな映像や音声を体験しつつ、全方位を確認可能な専用のVRゴーグルを用いて、救命救急などの処置方法などを学習します。

さらに、同教育システムの中では外科の知識に関する内容も盛り込むなど、今後も次々とアップデートが重ねられる予定です。

関連コラム

【日本医科大学医学部】合格には何をすべき?偏差値や入試対策について解説!

日本医科大学医学部の入試方法

ここからは、日本医科大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて3種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般選抜(前期)

まずは、一般選抜(前期)の解説をしていきます。

募集人員

日本医科大学医学部の2024年度の一般選抜(前期)における募集人員は、総員79名の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は119名ですから、一般選抜(前期)は、全体の大半を占める大規模な募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、日本医科大学医学部の2024年度における、一般選抜(前期)の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では、同試験の一次試験の試験科目と配点を下記表にまとめました。

▼2024年度における日本医科大学医学部の一般選抜(前期日程)・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B300点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択400点
外国語コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ300点

日本医科大学医学部の2024年度における、一般選抜(前期)の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

一般的な私立大学医学部と比較した場合、理科の配点がやや抑えられている点が特徴的です。

そして一次試験に受かった方は、二次試験へと進むことができます。

二次試験では小論文試験と面接試験が課されますが、詳細についてはとくに明らかにされていません。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

▼2024年度における日本医科大学医学部の一般選抜(前期日程)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月22日から2024年1月23日一次試験:2024年2月1日
二次試験:2024年2月9日、10日
一次試験:2024年2月7日
二次試験:未発表

一般選抜(後期)

続いて、一般選抜(後期)の解説をしていきます。

募集人員

2024年度における日本医科大学医学部の入試では、一般選抜(後期)も実施される見通しです。

募集人員は27名となっており、同大学医学部の設けている人員枠の中では2番目の規模を誇ります。

試験科目と配点

日本医科大学医学部の上記年度における、一般選抜(後期)の試験の科目と配点についても見ていきましょう。

本項では、同試験の試験科目と配点について下記表にまとめました。

▼2024年度における日本医科大学医学部の一般選抜(後期)・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B300点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択400点
外国語コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ300点

2024年度における、日本医科大学医学部の一般選抜(後期)の一次試験の科目と配点は上記表のとおりです。

受験生の知識や技能、加えて判断力や表現力なども測るため、記述式の問題も出題されますので、過去問などに取り組み総合的な力を養っておきましょう。

そして一次試験を突破した方は、二次試験へとコマを進めます。

二次試験では、一次試験のときと同じく小論文試験と面接試験が課されます。

ただ、詳細な内容についてはやはり明らかにされていませんので、どのような態様にも対応できるように、日ごろからしっかりとトレーニングに励んでおきましょう。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における日本医科大学医学部の一般選抜(後期)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年2月1日から2024年2月20日一次試験:2024年2月28日
二次試験:2024年3月10日
一次試験:2024年3月6日
二次試験:未発表
関連コラム

今話題のオンライン自習室とは?向いている人と向いていない人の特徴を徹底解説!

グローバル特別選抜(前期)

次に、グローバル特別選抜(前期)の解説をしていきます。

募集人員

日本医科大学医学部の2024年度入試における、グローバル特別選抜(前期)の募集人員は、10名の予定です。

こちらの募集枠は「グローバル」という名称が付随しているとおり、英語にまつわる試験において一定の成績をおさめていなければ出願ができません。

対象とされる英語の試験については、下記のとおりです。

✓ケンブリッジ英語検定

✓実用英語技能検定(英検)

✓GTEC

✓IELTS

✓TEAP CBT

✓TOFEL iBT

試験科目と配点

上記年度における、日本医科大学医学部のグローバル特別選抜(前期)の試験では、共通テストにおける国語の試験と、同大学医学部が定める学力検査の成績で合否の判定がくだされます。

まずは、共通テストにおける国語の配点についてご覧ください。

▼2024年度における日本医科大学医学部のグローバル特別選抜(前期)・一次試験(共通テスト)の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
国語「国語総合」200点近代以降の文章、古文、漢文から出題する

また上記、日本医科大学医学部が定める学力検査については、下記表のとおりです。

▼2024年度における日本医科大学医学部のグローバル特別選抜(前期)・学力検査の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B300点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択400点
外国語コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ300点

※英語は外部民間試験の要件を満たすことで総合的に評価する

そして一次試験をクリアした方には、二次試験の受験資格が与えられます。

二次試験では、ほかの募集枠と同じく小論文試験と面接試験が課される予定ですが、こちらについても詳細については公表されておりません。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における日本医科大学医学部のグローバル特別選抜(前期)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月22日から2024年1月23日一次試験:2024年2月1日(大学共通テスト:2024年1月13日の1日のみ)
二次試験:2024年2月9日、10日
一次試験:未発表
二次試験:未発表

日本医科大学医学部の学費

日本医科大学医学部の2024年度における学費は、6年間で合計22,000,000円となっています。

学費の詳しい内訳については、下記表のとおりです。

入学金(初年度のみ)1,000,000円
授業料(年額)2,500,000円
施設整備費(年額)1,000,000円

2023年度入試からの変更点

日本医科大学医学部の2024年度における入試では、グローバル特別選抜において、上述のとおり民間の英語試験の成績が求められるようになりました。

受験生の方々にあっては、このことを念頭に置いて学習に励むようにしてください。

関連コラム

【医学部受験】共通テストで8割の得点率|合格の望みはある?

本気で日本医科大学医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、日本医科大学医学部の入試情報について見てきました。

同大学医学部では一般選抜前期・後期に加えて、グローバル特別選抜(前期)といった募集枠も設置して様々な学生を募集しています。

ところが、同大学医学部の合格のために必要な偏差値は70.0と非常にハイレベルです。

国内の私立大学医学部の中では、慶応義塾大学医学部に次ぐ2番目となっています。

このことから受験生の方々の中には、より高い偏差値を目指すべく優秀な予備校の利用を検討中の方も多いのではないでしょうか。

そういった方への頼りとなるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、充実したカリキュラムときめの細かい指導を武器に、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと導いている名門の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、教育内容などについて紹介していきましょう。

あなた専用のカリキュラムでオンライン指導を実践

「十人十色」という言葉にもあるとおり、人間の能力は人によって様々です。

これは受験生の方々の学力にも、まったく当てはまることと言えます。

特定の教科がどうしても苦手な人や、逆に無類の強みを発揮する人もいるでしょう。

そのため当校では、誰にでもフィットする柔軟なカリキュラムの作成に長年苦心してきました。

そして、たどり着いた境地が「オーダーメイドカリキュラム」と呼ばれる、受験生それぞれのために用意するカリキュラムです。

このオーダーメイドカリキュラムの作成は、受験生の方々の環境に応じて作られます。

たとえば、平日が課外活動などで忙しい方のためには、土日に思いっきり学習に励んでいただくように調整したものを用意いたしますし、平日・休日ともに学習ができる環境にいる方のためには、平日からたっぷりの勉強時間を確保いたします。

このように、当校では柔軟性を重視したカリキュラム作りを通じて、受験生のみなさんの学力向上のためのサポートをしていますので、どんな環境の方へも十分なサポートを行きわたらせることが可能です。

日本医科大学医学部の受験ならお任せを!

予備校を選ぶうえで最も注目しておきたい基準となるのが、その予備校の持つ合格実績ではないでしょうか。

どんなに優秀さをアピールしている予備校であっても、肝心の合格実績が乏しい予備校では、イマイチ信頼できないはずです。

その点、京都医塾は医学部への合格実績に優れていることで、非常に高い評判を得ています。

たとえば、2023年度の入試では一次試験合格率72%二次試験合格率60%という好成績をマークしました。

そして、この成績の中には、日本医科大学医学部への合格実績も含まれています。

現在、予備校選びで迷っている方は、日本医科大学医学部はもとより、他大学の医学部の受験にもバツグンの強みを発揮できる、京都医塾オンライン校こそが最適です。

2台のタブレット端末を使用する双方向の授業

「タブレット端末には触れたことがないから、授業についていけるか少し不安」

スマホが全盛の現代の社会ですが、上記のようにタブレット端末には馴染みの薄い受験生の方も珍しくありません。

そのため京都医塾オンライン校では、そういった方々へのサポートの一環として、タブレット端末の使用方法についても、しっかりレクチャーをしております。

担当のスタッフが操作に慣れるまで親身になってお教えいたしますので、タブレット端末に不慣れな方であっても、なんの心配もいりません。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

日本医科大学医学部は1800年代に創設された「済生学舎」を源流に持つ、深い歴史のある伝統校です。

同大学医学部では次世代を担う医師を養成すべく、独創性あふれる教育方法をもって、学生たちの教育にあたっています。

そんな日本医科大学医学部は受験生たちからの評判も上々で、入試の時期になると多くの若者たちが合格を夢見て試験に挑戦しています。

しかし、同大学医学部への進学をはたすにあたって大きな障壁となるのが、要求される高い偏差値です。

実を言うと、日本医科大学医学部の合格のために必要な偏差値は70.0と、非常に高水準なものなのです。

そして、この数値は私立大学医学部の中では、慶応義塾大学医学部に次ぐ2番目の数値となっています。

このことから受験生の方々の中には、より高い偏差値を目指すべく優秀な予備校の利用を検討中の方も、多いのではないでしょうか。

そういった方への頼りとなるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、充実したカリキュラムときめの細かい指導を武器に、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと導いている名門の予備校です。

当校へおいでいただければ、時代の最先端を行く類まれなる指導力をもってして、きっとあなたの宿願を成就させて見せましょう。

本気で日本医科大学医学部を目指す方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話でのご相談は年中無休で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「良き医師」を養成するために日夜、心血を注いで学生たちを指導しているのが、杏林大学医学部です。

同大学医学部では、この目標を達成するための一環として、問題解決能力の向上やコミュニケーションスキルの向上を目指すためのプログラムを導入しています。

そんな杏林大学医学部には、医学部側の強い熱意に心を打たれた学生たちが、数多く入試に訪れています。

そこで今回の記事では、この杏林大学医学部の入試情報などにスポットを当てて、一気に解説していきましょう。

杏林大学医学部の特色

杏林大学医学部が力を入れている指導内容については、冒頭でも触れたとおりです。

同大学医学部では、このような指導方法を実践するにあたってイギリスのレスター大学における医学英語セミナーや、キャンパスが立地している三鷹市と合同で地域医療の学びを深めています。

また自由参加プログラムでは、研究会や読書会、カンファレンスなどを通じて臨床医学を深く学ぶ取り組みも行っています。

関連コラム

【杏林大学医学部】目指せ医学部合格!偏差値や倍率、入試対策を徹底解説!

杏林大学医学部の入試方法

ここからは、杏林大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて4種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般選抜

まずは、一般選抜の解説をしていきます。

募集人員

杏林大学医学部の2024年度の一般選抜における募集人員は、総員89名の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は119名ですから、全体の半数以上を占める最大規模の募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、杏林大学医学部の2024年度における、一般選抜の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では同試験の一次試験の試験科目と配点を、下記表にまとめました。

▼2024年度における杏林大学医学部の一般選抜・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学「数学Ⅰ」、「数学Ⅱ」、「数学Ⅲ」、「数学A」、「数学B」100点「数学B」は〔確率分布と統計的な推測〕を除く
理科理科3科目(物理、化学、生物)の中から問題配付後に2科目を選択150点
外国語「コミュニケーション英語Ⅰ」、「コミュニケーション英語Ⅱ」、「コミュニケーション英語Ⅲ」、「英語表現Ⅰ」、「英語表現Ⅱ」100点

杏林大学医学部の2024年度における、一般選抜の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

試験科目についても配点についても、とくにクセのないシンプルなものとなっています。

そして、上記一次試験を無事に通過した方は、二次試験を受験することができます。

二次試験では、制限時間60分の小論文試験と面接試験が課されます。

面接試験の形式については明らかにされていませんので、どんな形態の面接にも対応できるように、しっかりとトレーニングを積み重ねておきましょう。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

▼2024年度における杏林大学医学部の一般選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月4日から2024年1月5日一次試験:2024年1月19日
二次試験:2024年2月1日、2日のうちいずれかの日
一次試験:2024年1月26日
二次試験:2024年2月7日

大学入学共通テスト利用選抜

続いて、大学入学共通テスト利用選抜の解説をしていきます。

募集人員

2024年度における杏林大学医学部の入試では、大学入学共通テスト利用選抜も実施される見通しです。

募集人員は15名となっており、同大学医学部が設置している単独の募集枠の中では2番目の規模となっています。

試験科目と配点

杏林大学医学部の上記年度における大学入学共通テスト利用選抜の試験では、その名のとおり、共通テストなどの成績で合否の判定が行われます。

まずは、共通テストの科目と配点について表にしてまとめて見ていきましょう。

▼2024年度における杏林大学医学部の大学入学共通テスト利用選抜・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
国語200点近代以降の文章のみからの出題
数学「数学Ⅰ・数学A」、「数学Ⅱ・数学B」200点
理科理科3科目(物理、化学、生物)の中から問題配付後に2科目を選択200点
外国語英語200点

2024年度における、杏林大学医学部の大学入学共通テスト利用選抜の、一次試験の試験科目と配点は上記表のとおりです。

一般選抜とは違い数学Ⅲが免除されていますので、同科目が苦手な方にとっては朗報と言えるでしょう。

また、社会科も課されませんので、歴史や地理などが苦手な方にもおすすめの医学部です。

そして一次試験を突破した方は、二次試験を受ける資格が付与されます。

二次試験では制限時間60分の小論文試験と面接試験が課されます。

ただし、面接試験については一般選抜のときと同じく、残念ながら詳細は明らかとなっておりません。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における杏林大学医学部の大学入学共通テスト利用選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月4日から2024年1月12日一次試験:2024年1月13日、14日
二次試験:2024年2月18日
一次試験:2024年2月14日
二次試験:2024年2月21日
関連コラム

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

地域枠選抜

次に、地域枠選抜の解説をしていきます。

募集人員

杏林大学医学部の2024年度入試における地域枠選抜は、「東京都地域枠選抜」と「新潟県地域枠選抜」の2種類にわけられます。

募集人員については、前者が10名で後者が4名の予定です。

試験科目と配点

上記年度における、杏林大学医学部の地域枠選抜の一次試験では、東京都地域枠選抜と新潟県地域枠選抜の両方とも、下記表のとおりの試験が課されます。

▼2024年度における杏林大学医学部の地域枠選抜・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学「数学Ⅰ」、「数学Ⅱ」、「数学Ⅲ」、「数学A」、「数学B」100点「数学B」は〔確率分布と統計的な推測〕を除く
理科理科3科目(物理、化学、生物)の中から問題配付後に2科目を選択150点
外国語「コミュニケーション英語Ⅰ」、「コミュニケーション英語Ⅱ」、「コミュニケーション英語Ⅲ」、「英語表現Ⅰ」、「英語表現Ⅱ」100点

上記試験を通過した方は二次試験を受けることができますが、二次試験では一般選抜などと同様に、制限時間60分の小論文試験と面接試験が課されます。

面接試験については、やはり詳細が明示されていませんので、各自でトレーニングを徹底しておきましょう。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

こちらの募集枠の入試は、上で解説した両方の地域枠選抜が同じ日に実施されます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における杏林大学医学部の地域枠選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月4日から2024年1月5日一次試験:2024年1月19日
二次試験:2024年2月1日、2日のうちいずれかの日
一次試験:2024年1月26日
二次試験:2024年2月7日

外国人留学生選抜

続いて、外国人留学生選抜の解説をしていきます。

募集人員

杏林大学医学部の2024年度入試における、外国人留学生選抜の募集人員は1名の予定です。

ほかの私立大学医学部では「若干名」としているところが多い中、杏林大学医学部では募集人数を明確にしています。

試験科目と配点

2024年度入試における、杏林大学医学部の外国人留学生選抜の試験ですが、テスト内容の詳細については地域枠選抜と同じものとなっているため、本項では割愛とさせていただきます。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における杏林大学医学部の外国人留学生選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月4日から2024年1月5日一次試験:2024年1月19日
二次試験:2024年2月1日、2日のうちいずれかの日
一次試験:2024年1月26日
二次試験:2024年2月7日

杏林大学医学部の学費

杏林大学医学部の2024年度における学費は、6年間で合計37,000,000円となっています。

学費の詳細な内訳については、下記表を参考としてください。

入学金1,500,000円
授業料(各学年)3,000,000円
実践実習費(各学年)1,000,000円
施設設備費4,000,000円(2年次以降1,500,000円)

2023年度入試からの変更点

杏林大学医学部の2024年度における入試では、大学入学共通テスト利用選抜に国語が加わりました

英語との選択となりますが国語で試験に挑む方は、きちんと対策を練ってから入試に臨むようにしましょう。

関連コラム

【医学部受験】共通テストで8割の得点率|合格の望みはある?

本気で杏林大学医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、杏林大学医学部の入試情報を中心に見てきました。

同大学医学部は、広く学生を募集する一般選抜や大学入学共通テストをはじめに、様々な募集枠を設けて受験生たちを募っています。

ただ、ここで気がかりとなるのが、杏林大学医学部へ合格するために必要な偏差値です。

同大学医学部の合格に要する偏差値は65.0となっており、100名5番目以内にランクインしないと到達できない非常に高い水準です。

このことから受験生の方々の中には、少しでも偏差値のアップを図るために、より指導力の高い予備校を利用したいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そういった方々の心強い味方となるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、腕利きの講師と優れたカリキュラム、そして新しい時代に対応したオンライン授業を駆使して、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと羽ばたかせてきた予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、教育内容について紹介していきましょう。

当校オリジナルのオンライン授業

これは断言できることですが、受験生の方々への学習指導において、単純な授業をするだけでは不十分であると私たちは考えています。

要するに、医学部合格のためのカリキュラムを淡々とこなすための授業だけでは、目標達成までの学力を身につけることは困難だというわけです。

やはり、講師と受験生との間で密にコミュニケーションを交えながら良質な授業を行って、合格までの道のりを共に歩んでいく必要があります。

そこで京都医塾オンライン校では、受験生と講師との間で常に交流をしつつ授業を進めて行ける、まったく新しいスタイルのオンラインの学習方法を提供しています。

当校の授業では、2台のタブレット端末を用いてインタラクティブ性を担保しつつ、かつ対面式にも劣らない良質なオンライン授業を実践していますので、ほかに類を見ない素晴らしい学習体験を得ることが可能です。

杏林大学医学部へも多数の合格者を輩出!

京都医塾オンライン校では、杏林大学医学部の入試に強いことでも有名です。

たとえば、2023年度では一次試験合格者5名最終合格者3名の実績をあげているほか、2022年度の入試では一次試験合格者12名二次試験合格者5名の実績をあげています。

また、ほかの医学部への合格実績も堅調で、ここでも2023年度の成果をひき合いに出すと、一次試験の合格率72%二次試験の合格率では60%もの成績を残しました。

このように実績豊富な京都医塾オンライン校であれば、杏林大学医学部はもとより他大学への医学部へも広く視野に入れることができますので、予備校選びで思案中の方は、ぜひ当校をお選びください。

復習がはかどるオンライン自習室も完備

みなさんもご存じのとおり、医学部合格という大きな目標を現実のものとするためには、授業以外の学習も必要不可欠です。

しかし、オンライン学習が主体の受験生の方々の場合、自宅での復習がメインとなるためイマイチ集中力を維持できないといった方も多いのではないでしょうか。

そこで京都医塾オンライン校では、独自のオンライン自習室も完備してサポートしています。

当校のオンライン自習室は独自の仕様となっており、完全無音でご利用いただけます。

オンライン自習室の中には周囲の音量を拾ってしまうものもありますが、当校では、そういった音をすべて排除しているというわけです。

加えて実際の授業時間を再現したアラーム機能も付随しているため、復習作業のための集中力をしっかりキープすることができ、ひいては学力向上へ強く結びつけることが可能です。

関連コラム

今話題のオンライン自習室とは?向いている人と向いていない人の特徴を解説

まとめ

「良き医師」の育成を目標にして、様々な取り組みを行って学生を教育している杏林大学医学部。

そんな杏林大学医学部には、熱意のこもった医療学習を受けたいと願う受験生たちが、毎年入試にチャレンジしています。

ところが、ここでネックとなってしまうのが、杏林大学医学部へ合格するために必要な偏差値です。

同大学医学部の合格に要する偏差値は65.0となっており、100名5番目以内にランクインしないと到達できない非常に高い水準です。

このことから受験生の方々の中には少しでも、偏差値のアップを図るために、より指導力の高い予備校を利用したいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そういった方々の心強い味方となるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、腕利きの講師と優れたカリキュラム、そして新しい時代に対応したオンライン授業を駆使して、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと羽ばたかせてきた予備校です。

私たちのもとで学習に励んでいただければ、最新技術を利用した授業であなたをリードし、全力で夢の実現へのお手伝いをさせていただきます。

本気で杏林大学医学部に合格したい方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

当校自慢の講師による、完全1対1のオンライン体験授業は無料で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

東海大学医学部は、全国的に見ても珍しい方式の連携教育を行っている医学部です。

同大学医学部では医学科生と看護学科生、薬学学科生、加えて福祉系学部の学科生たちを集めて、医療と福祉の両方の領域における学びを実践しています。

今回の記事では、そんな先進授業を学生たちに施している東海大学医学部を志している方々へ向けて、入試情報などをお届けしていきましょう。

東海大学医学部の特色

東海大学医学部では、患者と家族の両方をケアするための医療教育を進めています。

その教育を進めていくにあたって学生たちに施しているのが、冒頭でも触れた連携教育です。

この連携教育のプログラムのもとでは、複数の学部生・学科生が合同でチーム医療を学び、与えられた課題への最適解を導き出します。

このような取り組みは様々な学部を揃えている東海大学医学部ならではのものであり、同大学医学部が持つ大きな特色の一つといってもよいでしょう。

東海大学医学部の入試方法

ここからは、東海大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて4種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般選抜

まずは、一般選抜の解説をしていきます。

募集人員

東海大学医学部の2024年度の一般選抜における募集人員は、総員60名の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は118名ですから、一般選抜は、全体のおよそ半数を占める大規模な募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、東海大学医学部の2024年度における、一般選抜の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では同試験の一次試験の試験科目と配点を、下記表にまとめました。

▼2024年度における東海大学医学部の一般選抜・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学「数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B(数列・ベクトル)」100点
理科「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物から1科目選択(試験当日に選択)100点
外国語「コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ」1100点

※解答は、マークシート解答用紙を使用する。ただし、科目によりマーク解答のみの場合、記述解答のみの場合、マーク解答と記述解答を併用する場合あり

東海大学医学部の2024年度における、一般選抜の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

そして、上記一次試験を無事に通過した方は、二次試験を受験することができます。

二次試験では、500文字以内の小論文試験と面接試験が課されます。

面接試験は、一人あたり10分から20分程度のものが実施される予定です。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

▼2024年度における東海大学医学部の一般選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年1月4日から同年1月20日一次試験:2024年2月2日、3日
二次試験:2024年2月11日、12日
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日
関連コラム

【東海大学医学部】偏差値や倍率、魅力を徹底解説!

大学入学共通テスト利用入試

続いて、大学入学共通テスト利用入試の解説をしていきます。

募集人員

2024年度における東海大学医学部の入試では、大学入学共通テスト利用入試も実施される見通しです。

募集人員は10名の予定で、同大学医学部が設けている募集枠の中では、2番目にあたる大きさの募集枠となっています。

試験科目と配点

東海大学医学部の上記年度における大学入学共通テスト利用入試の試験では、試験名が示すとおり、共通テストなどの成績で合否の判定が行われます。

まずは、共通テストの科目と配点について表にしてまとめて見ていきましょう。

▼2024年度における東海大学医学部の大学入学共通テスト利用入試の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B200点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語200点

2024年度における、東海大学医学部の大学入学共通テスト利用入試の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

共通テスト利用入試であるにもかかわらず国語や社会が免除されている点が、ほかの医学部との大きな違いと言えるでしょう。

そして一次試験を無事に通過した方には、二次試験の受験資格が与えられます。

二次試験では、一般選抜のときと同じものが課されます。

小論文試験も面接試験もよく訓練して、ご自身の力の磨き上げをしておきましょう。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における東海大学医学部の大学入学共通テスト利用入試の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年1月4日から同年1月12日一次試験:2024年1月13日、14日
二次試験:2024年2月11日、12日
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日

医学部神奈川地域枠選抜

続いて、医学部神奈川県地域枠選抜の解説をしていきます。

募集人員

東海大学医学部の2024年度入試における、医学部神奈川県地域枠選抜の募集人員は5名の予定です。

神奈川県に居住したことのある方などが対象となっている募集枠ですので、出願の際は、要件を満たしているかをきちんと確認してから応募してください。

試験科目と配点

東海大学医学部の医学部神奈川県地域枠選抜の2024年度における一次試験では、下記表の試験が課されます。

本項では、同試験の内容について下記表へとまとめました。

▼2024年度における東海大学医学部の医学部神奈川県地域枠選抜・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B200点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択200点
外国語英語200点

2024年度における、東海大学医学部の医学部神奈川県地域枠選抜の一次試験の内容は、上記表のとおりです。

そして一次試験をクリアした方には、二次試験の受験資格が与えられます。

二次試験の内容は基本的には一般選抜に準じていますが、面接試験が2回行われますので、こちらの点には注意しておきましょう。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における東海大学医学部の医学部神奈川県地域枠選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年1月4日から同年1月12日一次試験:2024年1月13日、14日
二次試験:2024年2月11日、12日
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日

医学部静岡県地域枠選抜

続いて、医学部静岡県地域枠選抜の解説をしていきます。

募集人員

東海大学医学部の2024年度入試における、医学部静岡県地域枠選抜の募集人員は、5名の予定です。

「静岡県地域枠」という文言があるため、一見して同県にゆかりのある方のみを対象とした募集枠に思われますが、出願対象は全国の受験生となっている点が特徴です。

試験科目と配点

上記年度における、東海大学医学部の医学部静岡県地域枠選抜の試験では、上述した医学部神奈川県地域枠選抜と同じものが課されます。

そのため、こちらの項においての試験内容についての解説は割愛とさせていただきます。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における東海大学医学部の医学部静岡県地域枠選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年1月4日から同年1月12日一次試験:2024年1月13日、14日
二次試験:2024年2月11日、12日
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月17日

東海大学医学部の学費

東海大学医学部の2024年度における学費は、6年間で合計約35,000,000円となっています。

学費の主な内訳については下記表を参考としてください。

入学金1,000,000円
授業料(各学年)2,148,000円
教育運営費(各学年)632,000円
教育充実費(各学年)840,000円
施設設備費(各学年)2,100,000円

2023年度入試からの変更点

東海大学医学部の2024年度における入試は、前年度と比較しても特段の変化は見られません。

平素からの勉強を続け、同大学医学部へ合格できるだけの学力を手にしましょう。

関連コラム

今話題のオンライン自習室とは?向いている人と向いていない人の特徴を解説

本気で東海大学医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、東海大学医学部の入試情報について包括的に見てきました。

同大学医学部では、一般選抜のほかにも共通テスト利用入試、加えて二つの地域枠を設けて全国から広く学生を募集しています。

ただ、ここで大きな障害となるのが、医学部ならではの高い要求偏差値です。

東海大学医学部に合格するための偏差値は65.0となっており、この数値に達するためには、並み居る受験生たちの中でも上位数パーセントの学力を有さなければなりません。

このことから受験生の方々の中には、きちんとした学びを得るためにも、優秀な予備校の利用を検討中の方もいるのではないでしょうか。

そういった方の助けとなるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は時代の先端を行く授業方法を用いて、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと導いてきた名門の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、教育内容について紹介していきましょう。

2台のタブレット端末を使用する双方向の授業

京都医塾オンライン校の強みは、なんと言っても2台のタブレット端末を使用して行う双方向の授業です。

この授業では受験生の方に2台のタブレット端末をあらかじめ配布し、学習を進めて行きます。

そして、この端末には、それぞれに役目が付与されており、1台目のものには講師の姿と板書の内容などが映し出される仕様となっています。

このような方式をとることにより、講師の動きを視認できるとともに板書内容についても同時に確認できますので、対面式の授業と同等のライブ感を味わうことが可能です。

また、2台目のタブレット端末は受験生の方のまとめノート用に使用していただきますが、こちらには講師の側からリアルタイムでのアドバイスの書き込みがなされるため、対面式の授業のような双方向性を維持したままの授業が実現しています。

東海大学医学部の受験ならお任せを!

受験生の方々が予備校を選ぶ際の重要な基準の一つが、その予備校が持っている実力、すなわち合格実績ではないでしょうか。

そして、志望する医学部への合格実績を有している予備校には、ひときわ強い期待感を抱くはずです。

京都医塾では、そのような期待感にも応えられるよう常にハイグレードな教育を実践して、受験生のみなさんをサポートしています。

その努力の甲斐もあって、2023年度入試には一次試験の合格率72%二次試験の合格率60%という驚異的な成績を残すにいたりました。

もちろん、東海大学医学部への合格者も輩出していますので、同大学医学部を志望する方にも当校はうってつけです。

長期休暇を利用した「短期京都留学」

長いながい受験シーズンを乗り切るためには、モチベーションの維持が欠かせません。

医学部合格のための学習内容は広範囲にわたるうえ高密度であることから、常に机に向かうための気力がなければ、たちまちライバルたちに先を越されてしまうでしょう。

そこで京都医塾オンライン校では、長期休暇を利用した「短期京都留学」というプログラムを実施中です。

このプログラムは、その名のとおり、長期休暇を活用した留学プログラムですが、実際の校舎において高卒生の方々と一緒に受験勉強に励んでいただきます。

高卒生ならではの合格への熱意と情熱、執念を身をもって体感していただくことで、医学部受験へのモチベーションの維持と向上の両方を図るというわけです。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

まとめ

ハイレベルな連携教育などを通じて、多くの学生たちを立派な医師にするための活動をしている東海大学医学部。

そんな東海大学医学部には高度な医療指導を求めて、多くの受験生たちが入試にチャレンジしています。

しかし、ここで障害となるのが、医学部ならではの高い要求偏差値です。

東海大学医学部の合格のために要される偏差値は65.0となっており、同偏差値に達するためには、すべての受験生たちの中でも上位数パーセントの実力者とならねばなりません。

このことから受験生の方々の中には、きちんとした学びを得るためにも、優秀な予備校の利用を検討中の方もいるのではないでしょうか。

そういった方の助けとなるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、時代の先端を行く授業方法を用いて、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと導いてきた名門の予備校です。

当校へおいでいただければ、高い合格実績を裏打ちする良質な授業で、必ずやあなたの夢を成就させて見せましょう。

本気で東海大学医学部の合格を目指す方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話でのご相談は年中無休で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

東京慈恵会医科大学は、創立から140年以上もの長い伝統を誇る大学です。

この東京慈恵会医科大学の医学部では、深い歴史の中でたくさんの学生に教育をほどこし、これまでに17,000名をこえる医療人を世に送り出してきました。

そんな東京慈恵会医科大学医学部は、受験生たちからの人気も非常に高く、入試の際には毎年たくさんの若者が受験にチャレンジしています。

そこで今回の記事では、この東京慈恵会医科大学医学部の入試にまつわる情報などを詳細に解説していきましょう。

東京慈恵会医科大学医学部の特色

まずは、東京慈恵会医科大学医学部の特色について見ていきましょう。

東京慈恵会医科大学医学部の特色の中でも見逃せないのが、グローバルスタンダードを学ぶための英語教育です。

この英語教育は1年次からはじまり、4年次まで継続して行われるものですが、世界標準レベルの医療英会話の修得を目指して行われます

また、研究医を目指す学生へのサポートも充実しており、希望する学生に対しては研究室への配属を許可し、様々な研究テーマを学ばせています。

このような取り組みを通じて学生を一人前の医師へ導けるのは、まさに東京慈恵会医科大学医学部ならではの特色と言えるでしょう。

東京慈恵会医科大学医学部の入試方法

ここからは、東京慈恵会医科大学医学部の入試方法について詳しく見ていきましょう。

一般選抜

本項では、東京慈恵会医科大学の一般選抜試験の概要について触れていきます。

募集人員

東京慈恵会医科大学医学部の2024年度の入試では、一般選抜のみが行われます。

募集人員は総員105名で、このうち5名が地域枠の学生として選抜される予定です。

そして、この地域枠は下記の5つの区分にわけられており、各区分から1名がそれぞれ選抜されます。

A区分北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
B区分茨城、栃木、群馬、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野
C区分岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
D区分鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知
E区分福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

試験科目と配点

次に、東京慈恵会医科大学医学部の2024年度における、一般選抜の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では、同試験の一次試験の試験科目と配点を下記表にまとめました。

▼2024年度における東京慈恵会医科大学医学部の一般選抜・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学I、数学II、数学III、数学A、数学B100点数学Bは「数列」、「ベクトル」を出題範囲とする。
理科物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)生物(生物基礎・生物)の3科目のうちから2つを選択。200点
外国語コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、コミュニケーション英語III、英語表現I、英語表現II100点

東京慈恵会医科大学医学部の2024年度における、一般選抜の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

非常にシンプルな試験内容となっていますが、「数学Ⅲ」も試験範囲に盛り込まれている点に注目してください。

そして、上記一次試験を無事に通過した方は、二次試験を受験することができます。

二次試験では「MMI方式」の面接試験と、小論文試験が課されます。

MMI方式とは面接試験の形態の一種で、課題となるシチュエーションが提示され、その課題についてどのように思考し、そしてどのように行動するかを短時間で考えるテストです。

一般的な面接形式よりも特殊な形態を取りますから、専用の訓練をする必要があるでしょう。

どうしても自信のない方は予備校などを利用して、パーソナルなトレーニングを受けることをおすすめします。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

▼2024年度における東京慈恵会医科大学医学部の一般選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年1月4日から同年1月25日一次試験:2024年2月18日
二次試験:2024年2月29日、または同年3月1日、2日の3日間のうちの1日
一次試験:2024年2月26日
二次試験:2024年3月9日
関連コラム

【東京慈恵会医科大学医学部】大学の基本情報や特徴、入試科目・対策を徹底解説!

東京慈恵会医科大学医学部の学費

東京慈恵会医科大学医学部の2024年度における学費は、6年間で合計22,500,000円となっています。

私立大学医学部の中では、低い部類の学費と言えるでしょう。

ちなみに、学費の内訳の詳細については下記表のとおりとなります。

学費金額
入学金1,000,000円
授業料2,500,000円
施設拡充日(2年次以降)1,300,000円

なお、このほか入学後に学生会費として100,000円、東京慈恵会医科大学医学科保護者会経費として210,000円などが別途必要となります。

2023年度入試からの変更点

東京慈恵会医科大学医学部の2024年度における入試は、前年度と比べても変化はとくに確認できません。

しかし、だからといって油断をせず、毎日の勉強に真剣に取り組んで必ず合格をものにしましょう。

関連コラム

【医学部受験】共通テストで8割の得点率|合格の望みはある?

本気で東京慈恵会医科大学医学部合格を目指すなら京都医塾

東京慈恵会医科大学医学部の募集枠は一般選抜しか設置されていないものの、その募集人員は総員105名と非常に多数となっています。

しかし、ここでネックとなるのが、東京慈恵会医科大学医学部へ進学するために必要な偏差値の高さです。

実を言うと、東京慈恵会医科大学医学部の合格のために求められる偏差値は70.0で、私立大学医学部の中では慶応義塾大学医学部に次ぐ、極めて高いレベルに入ります。

そのため生半可な学力では到底、試験に受かることはできません。

このことから受験生の方々の中には、指導力に秀でた予備校に通い、試験を通過するための能力を身につけたいと感じている方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校はネット時代の強みを生かした学習指導を実践し、例年多くの受験生を医学部合格へと導いている名門の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、教育内容などについて紹介していきましょう。

いつでも編集できる授業ノート

当校では2台のタブレット端末を使い分けて授業を進めて行きますが、1台目のタブレットは講師の姿と板書内容を映し出し、臨場感と深い学びを享受するための端末としてお使いいただきます。

そして、もう一台のタブレットは、受験生の方々のノート用としてお使いいただいております。

このノート用タブレットの大きな特徴は、いつでもどこでも編集できることにあります。

そのため授業時間外においても自由に復習に活用していただけるほか、講師からのアドバイスや添削事項を受信することも可能です。

このような特質は、まさにデジタル端末の強みを知り尽くした当校ならではの取り組みであり、それと同時に対面式の授業にはない強みでもあります。

「オンライン授業は対面式の授業に劣るから不安に思う」

このように感じている受験生の方であっても当校の方式であれば、むしろオンラインだからこそできるメリットを最大限に取り入れた授業を実施いたしておりますので、なんの懸念もいりません。

東京慈恵会医科大学にも合格者を輩出!

予備校を利用する際に選び手側の方々が指針とするのが、その予備校の持つ合格実績です。

優秀な講師陣やカリキュラムを有していることをアピールしている予備校であっても、合格実績のない予備校では信頼性に欠けてしまうでしょう。

その点、京都医塾では毎年のようにたくさんの受験生を医学部へと送り出しています。

たとえば、2023年度の成果を引き合いに出すと一次試験の合格率が72%二次試験の合格率が60%という高い数字を打ち出しています。

もちろん、東京慈恵医科大学医学部にも合格者を輩出した実績もありますので、同大学医学部を志望している方であっても心配いりません。

ぜひ安心して、京都医塾オンライン校をお選びください。

オンライン質問は24時間以内に回答をお届け

「授業では理解していたはずなのに、自習では思うように解けない」

自習を進める中で、上記のように分からない箇所が出てくることは珍しくありません。

授業中は講師の説明のおかげで理解していたつもりであっても、いざ一人で問題と向き合ってみると、講師のサポートがないため思うように解けないというわけです。

この様なとき、すぐに不明点の解消ができれば次回からの授業に支障がありませんが、もしも解消ができなければ、学習の進捗にも暗い影を落としてしまうでしょう。

そういった事態を防ぐためにも当校では、いつでもオンラインで質問ができるシステムを整えて支援をしています。

システムの利用法はとても簡単で、専用のタブレット端末に質問事項を書き込んで送信するだけで完了です。

そして、送信された質問は講師のもとへと直接届き、24時間以内にその回答が返信されてきます。

したがって、不明点を放置してしまうという致命的な状況におちいることなく、すぐに問題解決の方向に転換することが可能です。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

創立から140年をこえる深い歴史を誇る、東京慈恵会医科大学。

この東京慈恵会医科大学の医学部では、先進的なグローバル英語教育や研究医を養成するための教育で日夜、学生たちを指導中です。

そんな東京慈恵会医科大学医学部は、受験生たちからの人気も高く、入試の時期になると多くの方々が試験にチャレンジしています。

しかし、ここで問題となるのが、東京慈恵会医科大学医学部への進学をはたすために必要な偏差値の高さです。

同大学医学部の偏差値は70.0で、私立大学医学部の中では慶応義塾大学医学部に次ぐ、2番目の高水準となっています。

このことから受験生の方々の中には、指導力に秀でた予備校に通い、試験を通過するための能力を身につけたいと感じている方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校はネット時代の強みを生かした学習指導を実践し、例年多くの受験生を医学部合格へと導いている名門の予備校です。

私たちのもとで学習に励んでいただければ、次代の先端を行く教育方法であなたをリードし、夢を叶えるためのお手伝いを全力でいたします。

本気で東京慈恵会医科大学医学部へ合格したい方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

無料で受けられる体験授業や資料請求、お電話などでの入塾のご相談は年中無休で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

東邦大学医学部は、学部の垣根を取り払った教育を行っていることで有名な医学部です。

同大学医学部では「共通教育」と呼ばれるプログラムを敷いており、医学部生のみならず、ほかの学部生を一同に集めてチーム医療を学ばせています。

そういった活動が功を奏し、受験生たちの間からは大きな注目を集めるようになり、今では大人気の医学部の一つとなっています。

今回の記事では、そんな東邦大学医学部にスポットを当てて入試情報などを一気にお届けしていきましょう。

東邦大学医学部の特色

まずは、東邦大学医学部の特色について解説していきましょう。

東邦大学医学部においてチーム医療に力を入れていることは、冒頭でも述べたとおりです。

しかし同大学医学部の、特色のある教育はこれだけではありません。

たとえば、外国人患者にもきちんとした医療を提供するための、「実用医療英語」についても熱心に教えています。

また、「データサイエンス実践入門」と呼ばれるカリキュラムでは、グループディスカッションを通じた医療教育や、AI技術を用いた医療教育も積極的に実践しています。

東邦大学医学部の入試方法

ここからは、東邦大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて3種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般入試

まずは、一般入試の解説をしていきます。

募集人員

東邦大学医学部の2024年度の一般入試における募集人員は、総員74名の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は125名ですから、一般入試は全体の大部分を占める最も大きな募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、東邦大学医学部の2024年度における、一般入試の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では同試験の一次試験の試験科目と配点を、下記表にまとめました。

▼2024年度における東邦大学医学部の一般入試・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(数列とベクトルのみ)100点
理科化学(化学基礎、化学)生物(生物基礎、生物)物理(物理基礎、物理)の3科目から2科目を選択する150点
外国語コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ150点

東邦大学医学部の2024年度における、一般入試の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

ほかの医学部と比べると外国語の配点が高いため、より入念な対策をしておく必要があるでしょう。

そして、上記一次試験を無事に通過した方は、二次試験の受験資格を得ることができます。

二次試験では面接試験が課されますが、形式等はとくに明示されておりません。

そのため、個人面接にもグループ面接などにも対応できるだけの訓練を、重ねておく必要があります。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細は下記表のとおりです。

▼2024年度における東邦大学医学部の一般入試の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月11日から2024年1月24日一次試験:2024年2月6日
二次試験:2024年2月14日
一次試験:2024年2月9日
二次試験:2024年2月17日
関連コラム

【東邦大学医学部】偏差値や学費、レベルを徹底解説!

推薦入試

続いて、推薦入試の解説をしていきましょう。

募集人員

2024年度における東邦大学医学部の入試では、推薦入試も実施される見通しです。

募集人員は、34名程度となっています。

ただ、このうち約25名は付属校の出身者に与えられる募集枠となっていますので、一般の受験生が出願できるのは事実上、残り9名の募集枠しかありません

そのため、同大学医学部の推薦入試を志望している方にあっては、より力を入れた対策を講じておく必要があります。

試験科目と配点

東邦大学医学部の上記年度における推薦入試の試験では、適性試験などの成績で合否の判定が行われます。

同試験の詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における東邦大学医学部の推薦入試の適性試験等の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
基礎学力
適性試験 

2024年度における、東邦大学医学部の推薦入試の適性試験等の試験科目と配点は、上記表のとおり、詳しい内容は明示されていませんので、過去問等にあたるなどして、対応しておく必要があるでしょう。

また、二次試験では面接試験が課されます。

こちらの試験形式についても明示されていませんが、時間は一人あたり30分程度ということがアナウンスされています。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきましょう。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における東邦大学医学部の推薦入試の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年11月1日から同年11月8日一次試験:2023年11月17日
二次試験:2023年12月2日
一次試験:2023年11月27日
二次試験:2023年12月6日

総合入試

次に、総合入試の解説をしていきます。

募集人員

東邦大学医学部の2024年度入試における総合入試の募集人員は、約10名の予定です。

試験科目と配点

上記年度における東邦大学医学部の総合入試の試験では、上述した推薦入試と同様の試験が課されます。

そのため、本項においての説明は割愛とさせていただきます。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における東邦大学医学部の総合入試の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年11月1日から同年11月8日一次試験:2023年11月17日
二次試験:2023年12月2日
一次試験:2023年11月27日
二次試験:2023年12月6日

東邦大学医学部の学費

東邦大学医学部の2024年度における学費は、6年間で合計25,800,000円となっています。

学費の内訳の詳細については、下記表をご覧ください。

入学金1,500,000円
授業料2,500,000円
教育充実費500,000円
施設設備費300,000円
2年次以降の学納金(年額)4,800,000円

2023年度入試からの変更点

東邦大学医学部の2024年度における入試を前年度と比較した場合、主だった変化はとくに見られません。

これまでどおりに受験勉強を進めていって、合格を確実なものにしてください。

関連コラム

【2024年度版】北里大学医学部の入試情報まとめ!募集人員から試験内容まで徹底解説

本気で東邦大学医学部合格を目指すなら京都医塾

東邦大学医学部の入試情報のあらましは、ここまで見てきたとおりです。

同大学医学部には全部で3種類の募集枠が設けられており、受験生に対して広く門戸が開かれていると言えます。

しかし東邦大学医学部の偏差値は67.5で、私立大学医学部の中では標準よりも高い水準のものとなっています。

このことから、東邦大学医学部へ進学するためには、ライバルたちを大きく突き放すだけの学力が求められるでしょう。

そのため受験生の方々の中には、優れた指導力のある予備校のもとで、しっかりとした対策を講じたいと考えている方々も多いはずです。

そういった方々におすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、独自の手法によるオンライン授業を駆使して、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと導いている名門の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、指導方法などについて紹介していきましょう。

リアルタイムでつながる授業

京都医塾オンライン校では、時代の最先端を行く授業を実践しています。

その典型例とも言えるのが、リアルタイムでつながる授業となります。

そして、このリアルタイムの授業の最たる特徴となるのが、2台のタブレット端末を使用した双方向の授業です。

あえて端末を2台にわけることにより、それぞれに独自の役目を持たせられることができ、受験生の方々に対してライブ感を与えつつ授業と同時進行で、アドバイス等の返信も可能としました。

このようなリアルタイムでの指導を行うことにより、当校では対面式と変わらない品質の学びの提供を実現しております。

担任による週一度の見守りカウンセリング

京都医塾オンライン校では週に一度行われるカウンセリングで、受験生のみなさんの学習の進捗状況についてアドバイスなどを実施しています。

これは「ウィークリーカウンセリング」と呼ばれるものですが、受験生の勉強の進み具合を一緒に振り返ることで、不得手な箇所やより伸長できる箇所を洗い出していきます。

こういったカウンセリングを細かく行うことで軌道修正を図り、医学部合格のための道筋をより確実なものにするというわけです。

実際の校舎で学べる「短期京都留学」

京都医塾オンライン校では、実際の校舎で学べる「短期京都留学」というプログラムも行っています。

このプログラムでは、受験生のみなさんに京都の校舎へ赴いていただいて、高卒生の方々との合同授業に出ていただきます。

高卒生と一緒に授業を受けることでオンライン授業では体験できなかった競争心を、彼らの姿勢から感じとることができるはずです。

そのためオンラインの受験生の方には大きな刺激となり、結果としてライバル意識を大きく燃え上がらせることにつなげられ、モチベーションアップを図ることができます。

関連コラム

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

まとめ

チーム医療や実用医療英語、データサイエンス入門など、様々な医療教育を用いて学生たちを日ごろから指導している東邦大学医学部。

同大学医学部のこのような取り組みは非常に魅力的であると、将来有望な受験生たちからも大変な人気です。

しかし、そんな東邦大学医学部へ合格するために必要な偏差値は67.5となっており、私立大学医学部の中では高い水準となっています。

そのため受験生の方々の中には、優れた指導力のある予備校のもとで、しっかりとした対策を講じたいと考えている方々も多いはずです。

そういった方々におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、独自の手法によるオンライン授業を駆使して、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと導いている名門の予備校です。

当校で受験勉強に励んでいただければ、オリジナルのオンライン指導をもって、あなたの夢の実現のために全力で尽くさせていただきます。

本気で東邦大学医学部へ合格したい方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

無料で受けられる体験授業へのお申し込みは随時承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関東でも有数の高度医療教育を施していることで知られる、埼玉医科大学医学部。

同大学医学部では「知と、技と。」という合言葉のもと、学生たちを一人前の医師へとするために、日ごろから鍛え上げています。

そんな埼玉医科大学医学部は高い志を持つ受験生からの評判もよく、受験のシーズンになるたびに数多くの入学希望者が試験に挑んでいます。

今回の記事では、そんな埼玉医科大学医学部の入試にまつわる情報などを一気にまとめて解説していきましょう。

埼玉医科大学医学部の特色

最初に、埼玉医科大学医学部の特色の紹介からしていきます。

同大学医学部の特色として有名なのは、「EPP」と呼ばれる医療現場の体験実習です。

この実習は低学年の医学生が医療現場を実際に体験するプログラムですが、学生の希望によって研究医や医療従事者の日常ルーティンを経験することができます。

また少人数による講義も呼び名が高く、少ない人員で学習に臨むことで、コミュニケーションスキルを大きく高めることができます。

埼玉医科大学医学部の入試方法

ここからは、埼玉医科大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて4種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般選抜

まずは、一般選抜の解説をしていきます。

募集人員

埼玉医科大学医学部の2024年度の一般選抜における募集人員は、前期が60名後期が20名(臨時定員として1名を申請中)の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は130名ですから、一般選抜は、全体の半数以上を占める最大規模の募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、埼玉医科大学医学部の2024年度における、一般選抜の試験科目と配点についても確認していきましょう。

同大学医学部の一般選抜の一次試験では、前期・後期ともに同じ内容のものが課されます。

そこで、こちらの項では、同試験の一次試験の試験科目と配点を、前期と後期を一緒に下記表にまとめました。

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の一般選抜(前期・後期)・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ、数学A・数学B数列、ベクトル)100点
理科物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)、上記3科目から試験当日に2科目選択200点
外国語コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ100点

埼玉医科大学医学部の2024年度における、一般選抜の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

また、これらの科目のほかにも和文と英文による小論文も課されますので、文章を読解したり作成する能力を、しっかりと身につけておいてください。

そして、上記一次試験を無事に通過した方は、二次試験を受験することができます。

二次試験においても、前期と後期とで同じ試験が課される予定です。

内容は面接試験のみですが、どのような形式となるのかは明らかにされていません。

したがって受験生の方々にあっては、個人面接や集団面接など、あらゆる面接形式にも対応できるだけの力が求められます

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

ここでも、前期と後期に分けて日程表を掲載しました。

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の一般選抜(前期日程)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月4日から2024年1月22日一次試験:2024年2月2日
二次試験:2024年2月11日 
一次試験:2024年2月8日
二次試験:2024年2月15日

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の一般選抜(後期日程)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年2月5日から同年2月20日一次試験:2024年3月2日
二次試験:2024年3月10日 
一次試験:2024年3月7日
二次試験:2024年3月14日

大学入学共通テスト利用選抜

続いて、大学入学共通テスト利用選抜の解説をしていきます。

募集人員

2024年度における埼玉医科大学医学部の入試では、大学入学共通テスト利用選抜も実施される見通しです。

同枠の募集人員は10名となっており、同大学医学部が用意している選抜区分でも比較的、少数の枠に分類されます。

試験科目と配点

埼玉医科大学医学部の上記年度における大学入学共通テスト利用選抜の試験では、その名が示すとおり、共通テストなどの成績で合否の判定が行われます。

まずは、一次試験にあたる共通テストの科目と配点について、表にしてまとめて見ていきましょう。

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の大学入学共通テスト利用選抜の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
国語『国語』200点
数学『数学Ⅰ・数学 A』『数学Ⅱ・数学 B』の中から2科目を選択各100点
理科「物理」、「化学」、「生物」の3科目の中から2科目を選択各100点
外国語『英語』200点

2024年度における、埼玉医科大学医学部の大学入学共通テスト利用選抜の共通テストの試験科目と配点は、上記表のとおりです。

社会科が免除されていますので、地理や歴史が苦手な方は志望校の候補の一つとして数えてみてはいかがでしょうか。

そして一次試験をクリアした方は、二次試験へとコマを進めます。

二次試験では和文による小論文試験と面接試験が課されます。

面接試験は一般選抜のときと同様、形式が明らかにされていませんので、周到な対策が必要です。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の大学入学共通テスト利用選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月4日から2024年1月12日一次試験:2024年1月13日、14日
二次試験: 2024年3月10日 
一次試験:2024年3月7日
二次試験:2024年3月14日
関連コラム

【埼玉医科大学医学部】大学の特徴から気になる偏差値や入試情報・受験科目まで解説!

学校推薦型選抜

次に、学校推薦型選抜の解説をしていきます。

募集人員

埼玉医科大学医学部の2024年度入試における、学校推薦型選抜の募集人員は、40名の予定です。

試験科目と配点

上記年度における、埼玉医科大学医学部の学校推薦型選抜の試験では、4種類の適性検査が課されます。

詳しい内容については、下記表をご確認ください。

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の学校推薦型選抜・各適性検査の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
適性検査Ⅰ(数学系分野)数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ、数学A・数学B(数列、ベクトル)20点
適性検査Ⅰ(理科系分野)物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)、上記3科目から試験当日に2科目選択40点
適性検査Ⅰ(英語系分野)コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ20点
適性検査Ⅱ小論文(和文)20点

基本的には一般選抜と同じ試験内容となっていますが、小論文が和文のみとなっている点と、配点が異なる点に関しては留意しておきましょう。

また、本試験では面接試験も同じ日に課されます。

しかし、面接の形式については、ほかの試験と同様に明示されておりません。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の学校推薦型選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年11月2日から同年11月10日2023年11月19日2023年12月1日

帰国生徒選抜

続いて、帰国生徒選抜の解説をしていきます。

埼玉医科大学医学部における帰国生徒選抜とは、その名のごとく、帰国した受験生などを対象とした募集枠です。

募集人員

埼玉医科大学医学部の2024年度入試における、帰国生徒選抜の募集人員は、若干名の予定です。

こちらの枠は同大学医学部が設けている募集枠の中でも最も少数なものですが、帰国した受験生の方々などにとっては非常に有利に働くはずです。

少ないチャンスとなりますが確実にものにできるよう、受験希望者の方々は日々の研鑽にしっかり勤しみましょう。

試験科目と配点

2024年度入試における埼玉医科大学医学部の帰国生徒選抜の試験では、下記表のテストが実施されます。

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の帰国生徒選抜・各適性検査の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
適性検査Ⅰ(数学系分野)数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ、数学A・数学B数列、ベクトル)20点
適性検査Ⅰ(理科系分野)物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)、上記3科目から試験当日に2科目選択40点
適性検査Ⅰ(英語系分野)コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ20点
適性検査Ⅱ小論文(和文)20点

また、上記試験に加えて面接試験も行われますが、やはり試験形式は明かされていません。

様々な面接形式に対応できるよう、できる限り早い段階からトレーニングをしておきましょう。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における埼玉医科大学医学部の帰国生徒選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年11月2日から同年11月10日二次試験:2023年11月19日2023年12月1日

埼玉医科大学医学部の学費

埼玉医科大学医学部の2024年度における学費は、6年間で計37,000,000円となっています。

詳細な内訳は下記表のとおりです。

項目入学時2年次以降
入学金2,000,000円
授業料2,750,000円2,750,000円
実験実習費1,000,000円1,000,000円
施設設備費1,500,000円1,500,000円
医学教育充実特別学納金1,000,000円
教育充実費500,000円
合計8,250,000円5,750,000円

2023年度入試からの変更点

埼玉医科大学医学部の2024年度における入試は、前年度からの変化はとくに確認できません。

日ごろから真面目に学習に取り組んでいる方々は、これまでどおりに勉強を進めて、合格へとより一層、近づいてください。

関連コラム

【2024年度版】札幌医科大学医学部の入試情報まとめ!募集人員から試験内容まで徹底解説

本気で埼玉医科大学医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまで見てきたとおり、埼玉医科大学医学部には全部で4種類の募集枠があります。

また、募集枠の一つである一般選抜は前期と後期にわかれているため、受験生の方々にとっては夢を叶えられるチャンスの多い医学部とも言えます。

しかし、だからといって、安心ばかりしてはいられません。

みなさんもご存知のとおり、医学部は数ある学部の中でも最高峰の難易度を誇る学部です。

したがって、少しの油断や怠け心が致命傷となることは、あえて言及するまでもないはずです。

そのため受験生の方々の中には、ハイレベルな予備校に通い有意義な学びの機会を得たいと考えている方も、多いのではないでしょうか。

そんな方々の恰好の助けとなるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は昨今、急速に拡大しているオンライン教育の先駆けとして、押しも押されもせぬ評判を得ている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の強みの数々について、紹介していきましょう。

一流講師によるオンライン授業

受験生のみなさんの学力の伸長を一番身近で支える存在が、担当の講師陣です。

頼れる講師陣なくしては、どんなに才能にあふれる受験生の方であっても、その実力を開花させることは難しいでしょう。

このことをよく知る京都医塾オンライン校では、講師の質においては厳選に厳選を重ねて選抜しております。

当校独自の基準を設けて、一流大学出身者や専門の学びを得てきた者だけを選び抜いていますので、驚異的な学力の向上を保証いたします。

腕利き講師による高品質な指導を受けたい方は、ぜひ講師陣の質に絶対の自信のある当校をお選びください。

埼玉医科大学医学部を含め様々な医学部へ合格者を輩出!

本記事の読者のみなさんの大きな関心ごとの一つが、当校が持つ埼玉医科大学医学部への合格実績の有無ではないでしょうか。

志望医学部への合格実績を有していない予備校では、利用するにしてもイマイチ決定打に欠けるはずです。

しかし、その点に関しては安心をしてくださってかまいません。

当校では埼玉医科大学医学部はもちろんのこと、そのほかの医学部に対しても多数の合格者を輩出中です。

たとえば、2023年度の結果を引き合いに出しますと一次試験では72%、二次試験においては60%もの実績を打ち出すにいたっています。

このように京都医塾オンライン校では、埼玉医科大学医学部をはじめとして様々な医学部へも合格者を輩出していますので、大船に乗ったつもりで当校をお選びください。

いつでも質問ができる独自のシステム

医学部受験における合格を決定的なものにするためには、自学自習の態度が必要不可欠です。

自ら机に向かい復習に復習を継続しないと、志望医学部へ合格するための学力へは到底たどり着くことはできません。

しかし、そんな復習作業の間にも、大なり小なり疑問点はわき出てくるはずです。

そういったときに、不明箇所を不明箇所のままにしていては偏差値の向上を図ることは不可能でしょう。

そこで京都医塾オンライン校では、いつでも質問ができる独自のシステムを構築して受験戦の方々をサポートしています。

このシステムのもとでは、受験生のみなさんが感じた疑問点を、配布されたタブレットに書き込み送信をしていただきます。

すると担当講師のもとへ質問事項が送付され、24時間以内に回答が返ってくる仕組みとなっています。

したがって、時間をあけずに疑問点を適切に解消することが可能です。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

まとめ

「知と、技と。」の合言葉のもと、高度な医療教育を実践していることで知られる、埼玉医科大学医学部。

同大学医学部では「EPP」などの独自のプログラムを敷いて、学生たちを一人前の医師へと育て上げています。

そんな埼玉医科大学医学部は受験生たちからの人気も評判もよく、受験の時期になるたびに、数えきれないほど多くの入学希望者が試験に挑んでいます。

したがって、あらためて言うまでもありませんが、合格のためには並々ならぬ偏差値を有しておく必要があるでしょう。

このことから、受験生の方々の中にはハイレベルな予備校に通い、有意義な学びの機会を得たいと考えている方も多いはずです。

そんな方々の恰好の助けとなるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は昨今、急速に拡大しているオンライン教育の先駆けとして、押しも押されもせぬ評判を得ている予備校です。

当校で学んでいただければ、高い合格実績を裏打ちする優れた指導力で、あなたをきっと志望校合格へと導いてみせましょう。

本気で埼玉医科大学医学部へ合格したい方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話やメールでのご相談は年中無休で承っておりますので、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

川崎医科大学医学部は1970年の開学以来、これまでに5,000名以上もの医療人を世に送り出してきた名門の医学部です。

同大学医学部では、医療の原点は患者のためにこそあるという理想を追求した教育を、学生たちに施し続けています。

そして、そんな川崎医科大学医学部には、上述した理想に強い共感を示す受験生たちが毎年入試に訪れています。

そこで今回の記事では、川崎医科大学医学部を志望する受験生の方々へ向けて、同大学医学部の入試情報を濃縮してお届けしましょう。

川崎医科大学医学部の特色

最初に、川崎医科大学医学部の特色について見ていきます。

同大学医学部の特色の中でも際立ったものとしてあげられるのが、知識とスキルを同時に錬磨できる「臨床教育研修センター」です。

こちらの研修センターは病室やICU、さらにはスタッフステーションまでもが再現された施設で、患者シミュレーターによる学習やフィジカルアセスメントなどの学習をすることができます。

また、救急医療の現場における院内対応や家族への状況説明など、医療の現場ではいつでも起こり得る事態への対応力を身につけることも可能です。

川崎医科大学医学部の入試方法

ここからは、川崎医科大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて3種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般選抜・地域枠

まずは、一般選抜・地域枠の解説をしていきます。

募集人員

川崎医科大学医学部の2024年度の一般選抜・地域枠における募集人員は、総員およそ71名(地域枠の26名含む)の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は126名ですから、一般選抜・地域枠は、全体の半数以上を占める最大規模の募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、川崎医科大学医学部の2024年度における、一般選抜・地域枠の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では、同試験の一次試験の試験科目と配点を下記表にまとめました。

▼2024年度における川崎医科大学医学部の一般選抜・地域枠・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B、100点
理科物理、化学、生物、の3科目の中から2科目を選択150点
外国語英語100点

川崎医科大学医学部の2024年度における、一般選抜・地域枠の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

ほかの医学部と比べると、相対的に理科の配点がやや低いことが特徴的と言えるでしょう。

さらに、一次試験ではこのほかにも配点なしの小論文試験も課されますので、早い段階から文章作成能力を磨いておく必要もあります。

そして、上記一次試験を突破した方には、二次試験の受験資格が付与されます。

二次試験では面接試験が課されますが、一般選抜では100点の配点に加えて、段階評価の両方で合否が判定される予定です。

ただし地域枠を希望する受験者には、同じ面接試験でも150点の配点となっていますので注意してください。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

▼2024年度における川崎医科大学医学部の一般選抜・地域枠の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月1日から2024年1月10日一次試験:2024年1月21日
二次試験:2024年1月29日、30日のいずれか
一次試験:2024年1月23日
二次試験:2024年2月1日
関連コラム

【川崎医科大学医学部】入試情報まとめ!学費から偏差値・倍率まで徹底解説

学校推薦型選抜

続いて、学校推薦型選抜の解説をしていきます。

募集人員

2024年度における川崎医科大学医学部の入試では、学校推薦型選抜も実施される見通しです。

募集人員は約30名となっており、一般選抜に次ぐ人数となっています。

ただし、専願のみの受付けとなっていますので、この点については留意してください。

試験科目と配点

川崎医科大学医学部の上記年度における学校推薦型選抜の試験では、適性試験と小論文試験、加えて面接試験などの成績で合否の判定が行われます。

配点はとくに明かされておりませんが、「多面的・総合的な評価」のもとで合格者を選抜するとのことです。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における川崎医科大学医学部の学校推薦型選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年12月4日から同年12月9日2023年12月15日未発表

総合型選抜

次に、総合型選抜の解説をしていきます。

募集人員

川崎医科大学医学部の2024年度入試における、総合型選抜の募集人員は、約25名の予定です。

試験科目と配点

上記年度における、川崎医科大学医学部の総合型選抜の一次試験では、下記表のとおりのテストが課されます。

▼2024年度における川崎医科大学医学部の総合型選抜の一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
総合適性試験英語、数学、理科(物理・化学・生物の中から2科目を選択)、国語・一般教養国語の試験には、時事問題も含まれる
小論文

表中の総合適性試験には時事問題も含む設問も課されますので、幅広い学習が要されるでしょう。

また二次試験では、面接試験が課されます。

面接試験についての詳しい情報は明らかにされていませんので、どのような形式にも対応できるだけの能力が求められます。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきましょう

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における川崎医科大学医学部の総合型選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年11月1日から同年11月7日一次試験:2023年11月11日
二次試験:2023年11月18日
一次試験:2023年11月14日
二次試験:2023年11月21日
関連コラム

【2024年度版】北里大学医学部の入試情報まとめ!募集人員から試験内容まで徹底解説

川崎医科大学医学部の学費

川崎医科大学医学部の2024年度における学費は、6年間総計で45,500,000円となっています。

学費の詳しい内訳については、下記表をご覧ください。

項目初年度次年度以降(毎年)
入学金2,000,000円
授業料(年額)2,000,000円2,000,000円
教育充実費(年額)6,500,000円5,000,000円
合計(年度ごと)10,500,000円7,000,000円

2023年度入試からの変更点

川崎医科大学医学部の2024年度における入試は、前年度と比べても変化はとくに見られません。

日常的に学業に励んで、少しでも合格に近づけるように努力しましょう。

本気で川崎医科大学医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、川崎医科大学医学部の入試にまつわる情報を包括的に解説してきました。

この川崎医科大学医学部は私立大学医学部の中では比較的、要求偏差値が低い部類に入りますが、そうは言っても医学部である以上、最難関学部であることには変わりありません。

したがって、周到な学習計画を立てて、膨大な学習量をこなさなければ合格することはできないでしょう。

そのため、受験生の方々の中には優秀な予備校に通い、少しでも学力を高めたいと願っている方も多いのではないでしょうか。

そういった方の心強い味方となるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、ネットの強みを活用した教育を用いて、例年高い合格実績を打ち出している医学部受験の特化型の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、指導方法などについて紹介していきましょう。

あなた専用のカリキュラムでオンライン指導を実践

受験生の方々の能力は、個々人ですべてバラバラです。

数学が得意な方もいれば、英語が得意という方もおられるはずですし、数学も英語も苦手だけど理科だけは大得意という方もいるはずです。

そのため、すべての受験生に同じカリキュラムを課すことは妥当ではないと、私たちは強く考えています。

そこで当校が発案したのが、受験生ご自身のための専用カリキュラム、その名も「オーダーメイドカリキュラム」です。

このカリキュラムは受験生の能力を表層的なものから、深層部分にいたるまで細かく分析して作られるものです。

そのため、本人の持つ学力や個性に適合したものができあがり、飛躍的な学力アップのための大きな一助となります。

川崎医科大学医学部へも多数の合格実績!

合格実績は、予備校の実力をあらわす客観的な指標の一つです。

どんなに言葉をつくろって宣伝をしようとも、合格実績の数字だけは誤魔化すことができません。

さて、そんな合格実績ですが、京都医塾では川崎医科大学医学部へ多数の合格者を輩出中です。

たとえば、2023年度には8名、2022年度には17名、2021年度には12名もの受験生を同大学医学部へ送り出しています。

このような高い合格実績を打ち出せるのは、まさに当校の教育メソッドのなせる技とも言えるでしょう。

現在、川崎医科大学医学部を検討中の方は、同大学医学部へ比類なき強みを持つ京都医塾オンライン校を、ぜひお選びください。

オンライン三者面談でお子さまの状況を逐次ご報告

京都医塾オンライン校では保護者様のケアの一環として、オンラインによる三者面談も定期的に実施中です。

この三者面談では、お子さまの学習の進捗の状況を細かくご報告するとともに、担当講師からのアドバイス、加えて学習方針の提案など、実に多面的な説明が行われます。

そのため、お子さまが現在置かれている状況をしっかりと把握することができ、保護者様ならではのお悩みを解消することができます

さらに、対面での面談をご希望の方には別途ご案内をさせていただいておりますので、いつでもお電話等で承ることも可能です。

関連コラム

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

まとめ

今回の記事では、川崎医科大学医学部の入試情報を包括的にまとめてお届けしてきました。

そんな川崎医科大学医学部は、国内の私立大学医学部の中では比較的低い偏差値でも入試を突破できる医学部とされています。

しかしながら、難関たる医学部の入試である以上は厳しい試験を乗り越えなければ、明るい未来は訪れないと断言することができます。

そのため、受験生の方々の中には優秀な予備校に通い、少しでも学力を高めたいと願っている方も多いのではないでしょうか。

そういった方の心強い味方となるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、ネットの強みを活用した教育を用いて、例年高い合格実績を打ち出している医学部受験の特化型の予備校です。

当校で学んでいただければ、あなただけのカリキュラムと、あなたのためだけの指導を実践し、悲願達成へ向けて全力でリードさせていただきます。

本気で川崎医科大学医学部に合格したい方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

無料で受けられる体験授業は随時、受付け中ですので、ぜひ奮ってご参加ください。

地域医療を通じて世界レベルの医師の輩出を重点的な教育目標としている、滋賀医科大学医学部。

同大学医学部では2020年度から地域医療を推進するための取り組みを、より熱心に進めています。

そして、この滋賀医科大学医学部には地域医療の拡充を志すたくさんの若者が、毎年入試にトライしています。

今回の記事では、そんな滋賀医科大学医学部の入試情報を一気にお届けしていきましょう。

滋賀医科大学医学部の特色

最初に、滋賀医科大学医学部の特色について紹介していきます。

同大学医学部の特色として最たるものと言えるのが、冒頭でも触れた、地域医療への積極的な取り組みです。

たとえば、滋賀医科大学医学部では「地域医療重点コース」を設けて、地域における医療を深く学ぶための教育をしています。

このコースのもとでは、1年次から「地域医療教育拠点病院・行政機関」にて実践的な教育研修や宿泊研修を行い、地域医療の担い手としての学習を進めていきます。

また滋賀医科大学医学部では、研究医を養成するための「研究医養成コース」も設けています。

そのため病棟などで働く臨床医ではなく、研究機関などに従事する研究医を目指している方にも人気です。

滋賀医科大学医学部の入試方法

ここからは、滋賀医科大学医学部の入試方法について詳しく見ていきます。

同大学医学部では、大きく分けて2種類の入試方法がありますが、ここでは各入試方法の募集人員や試験科目と配点、入試の日程などについて見ていきましょう。

一般選抜(前期日程)

まずは、一般選抜(前期日程)の解説をしていきます。

募集人員

滋賀医科大学医学部の2024年度の一般選抜(前期日程)における募集人員は、総員60名の予定です。

同年度の医学部の募集人員の総数は95名ですから一般選抜(前期日程)は、全体の過半数を占める大規模な募集枠となっています。

試験科目と配点

次に、滋賀医科大学医学部の2024年度における、一般選抜(前期日程)の試験科目と配点についても確認していきましょう。

こちらの項では、同試験の一次試験の試験科目と配点を下記表にまとめました。

▼2024年度における滋賀医科大学医学部の一般選抜(前期日程)・一次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
国語『国語』200点
地・歴・公民「世界史B」、「日本史B」、「地理B」、『倫理,政治・経済』から1科目選択100点
数学『数学Ⅰ・数学A』、『数学Ⅱ・数学B』100点
理科「物理」、「化学」、「生物」から2科目選択100点
外国語『英語』、『ドイツ語』、『フランス語』、『中国語』、『韓国語』から1科目選択100点

滋賀医科大学医学部の2024年度における、一般選抜(前期日程)の一次試験の試験科目と配点は、上記表のとおりです。

国語の配点がやや高めとなっていますので、現代文や古文などの対策をよく進めていってください。

そして、上記一次試験を無事に通過した方は、二次試験を受験することができます。

この二次試験では、個別学力検査と面接試験が課されます。

ここでは個別学力検査の科目と配点についても、下記表にまとめて掲載しておきましょう。

▼2024年度における滋賀医科大学医学部の一般選抜(前期日程)・二次試験の試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
数学数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ・数学A・数学B100点
理科『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』から2科目選択100点
外国語コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ100点

また、面接試験は個人面接とグループワークが課されますが、詳細については外国語の試験の終了時に通達されるとのことです。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

▼2024年度における滋賀医科大学医学部の一般選抜(前期日程)の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2024年1月22日から2024年2月2日一次試験:2024年1月13日、14日
二次試験:2024年2月25日、26日
一次試験:未発表
二次試験:2024年3月8日
関連コラム

【滋賀医科大学医学部】難易度はどれくらい?偏差値や倍率などの入試情報や大学の特徴について徹底解説!

学校推薦型選抜

続いて、学校推薦型選抜の解説をしていきます。

募集人員

2024年度における滋賀医科大学医学部の入試では、学校推薦型選抜も実施される見通しです。

募集人員は、全部で35名となっており、全体の約三分の一を占めています。

試験科目と配点

滋賀医科大学医学部の上記年度における学校推薦型選抜の試験では、共通テストなどの成績で合否の判定が行われます。

そこで、まずは共通テストの科目と配点について表にして見ていきましょう。

▼2024年度における滋賀医科大学医学部の学校推薦型選抜・共通テストの試験科目、並びに配点表

教科科目配点備考
国語『国語』
地・歴・公民「世界史B」、「日本史B」、「地理B」、『倫理,政治・経済』から1科目選択
数学『数学Ⅰ・数学A』、『数学Ⅱ・数学B』
理科「物理」、「化学」、「生物」から2科目選択
外国語『英語』

2024年度における、滋賀医科大学医学部の学校推薦型選抜の共通テストの試験科目と配点は上記表のとおりですが、一般選抜(前期日程)と違い、外国語が英語のみの選択となっていますので注意してください。

また、配点については同大学医学部が発行している「令和6年度学校推薦型選抜学生募集要項」に記載がありません。

したがって、より詳細な情報を知りたい方は大学の窓口に問い合わせてみましょう。

さらに、滋賀医科大学医学部の学校推薦型選抜では、小論文試験と面接試験の両方も課されます。

小論文試験は1時間の論述問題、面接試験はグループディスカッションが課される予定です。

入試の日程

最後に、入試の日程についても見ていきます。

詳細については、下記表をご覧ください。

▼2024年度における滋賀医科大学医学部の学校推薦型選抜の日程表

出願期間試験日合格者発表日
2023年11月1日から同年11月8日2023年12月16日2024年2月13日

滋賀医科大学医学部の学費

滋賀医科大学医学部の2024年度における学費は年間535,800円、6年間で3,214,800円となっています。

このほか、別途入学金として282,000円が必要です。

関連コラム

【2024年度版】奈良県立医科大学医学部の入試情報まとめ!募集人員から試験内容まで徹底解説

2023年度入試からの変更点

滋賀医科大学医学部の2024年度における入試は、前年度と比較しても内容の変化はありません。

ただし合格をより一層、手元へ引き寄せるためにも、日ごろから学習に勤しんでおきましょう。

本気で滋賀医科大学医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、滋賀医科大学医学部の入試情報などについて深掘りして解説してきました。

同大学医学部の選抜方法の特徴としてあげられるのが、ほかの医学部と比較しても入試方法が限られているということです。

なにしろ、滋賀医科大学医学部では後期日程はおろか総合型選抜も導入していないため、こちらの医学部を目指すにあたっては、少ない募集枠をより激しく争う形となります。

このことから受験生の方々の中には、合格の切符をより確実に手に入れるためにも、優れた予備校において良質な学びを得たいと考えている方も多いはずです。

そういった方々へおすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、ネット環境の長所をふんだんに取り入れて受験生の学習を支援している、医学部受験の専門の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校が実践している、教育内容について紹介していきましょう。

インタラクティブ性重視のライブ感に満ちた授業

旧来のオンライン授業は、ビデオ学習によるものがメインとして存在してきました。

そのため、どうしても受動的な授業になってしまい、対面式の授業と比較すると理解しにくいという欠点を持ち合わせていました。

しかし、時代が流れて現代の社会では、オンライン環境がしっかり整備されています。

そこで京都医塾では、いち早くこの流れに着眼し、インタラクティブ性を重視したオンラインカリキュラムを実践中です。

このカリキュラムのもとでは、2台のタブレット端末を用いて授業を進行させますが、各端末で講師と受験生とをネットでつなぎとめて学習を進めて行くため、非常に高いライブ感の中で授業を受けられます。

そのため対面式の授業と何ら変わらない、没入感を得た状態で学びを獲得することができ、医学部合格のための学力をメキメキとアップさせることが可能です。

滋賀医科大学医学部への合格者の輩出実績もあり!

京都医塾の大きな自慢の一つが、高い合格実績を打ち出し続けていることです。

2023年度の実績をひき合いに出すと一次試験の合格率72%二次試験の合格率60%という多大なる成果を残しました。

これもすべて当校独自の教育メソッドと、受験生の方々の努力の結晶によるものです。

そして、そんな当校の合格実績ですが、滋賀医科大学医学部への合格者の輩出実績も持ち合わせています。

当校においでいただければ、同大学医学部への合格ノウハウをもとにした実践指導であなたをサポートいたしますので、ぜひ安心して京都医塾オンライン校をお選びください。

実際の校舎で学べるプログラム

オンライン学習においても、対面式の授業と同様に自習は欠かせません。

医学部は非常に高い偏差値を要求されますからアクティブラーニング、つまり自学自習の態度が身についていないと、合格の道は険しいものとなるでしょう。

しかし受験生の方々の中には、自宅での学習にはどうしても集中できない、といった方も少なくありません。

そこで京都医塾オンライン校では、オリジナルのオンライン自習室を用いて支援を行っております。

当校のオンライン自習室は、独自の考えにもとづいた完全無音の設計になっているほか、実際の授業を想定したアラーム付きのものとなっています。

そのため、本当の授業に臨んでいるかのような感覚で机に向き合うことができ、良質な学習のための集中力を全力で発揮させることが可能です。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

今回の記事では、滋賀医科大学医学部の入試情報を中心に深掘りしてまとめてきました。

この滋賀医科大学ですが入試の特徴としてあがられるのが、募集枠の少なさです。

同大学医学部の募集枠は前期日程と学校推薦型選抜のみとなっており、後期日程や総合型選抜といった、ほかの医学部では広く見られる募集枠が設置されておりません。

このことから、滋賀医科大学医学部を志す受験生の方々は、より激しい戦いを勝ち抜いていかなければなりません。

そのため受験生の方々の中には、合格の切符をより確実に手に入れるためにも、優れた予備校において良質な学びを得たいと考えている方も多いはずです。

そういった方々へおすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、ネット環境の長所をふんだんに取り入れて受験生の学習を支援している、医学部受験の専門の予備校です。

私たちのもとにおいでいただければ、時代の最先端をいく授業スタイルを駆使して、あなたの望みを叶えるためのサポートを全力でいたします。

本気で滋賀医科大学医学部の合格を目指している方には、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話でのご相談は年中無休で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。