index.php

医者としての職業に対して、かっこいいという思いを抱いている方は少なくありません。

人命救助の最前線で活動をしたり、はたまた病める人やケガを負った人の治療にあたる医者の姿には、感銘を覚えずにはいられないでしょう。

受験生の方の中にも、そんなかっこいい医者像に近づくためにも日夜、努力に努力を積み重ねている方も数多くいるはずです。

そこで今回の記事では、かっこいい医者を目指す受験生の方々へ向けて、かっこいい医者だからこそ味わえるやりがいや、職種などについて紹介していきます。

かっこいい医者だからこそ味わえる仕事のやりがい

さっそく本題に入っていきましょう。

本項では、かっこいい医者だからこそ味わえる、仕事のやりがいについて紹介していきます。

かっこいい医者だからこそ味わえる仕事のやりがいの中でも筆頭にあげられるのが、やはり人命を救えるというものではないでしょうか。

生命の灯をつなぐ現場の最前線で活躍できることは、まさにかっこいい医者が享受できるやりがいの一つです。

また、産婦人科などの医者であれば、命の誕生の瞬間をサポートすることもできます。

さらに言うと、自らが治療した患者や家族から感謝されるといったものもあげられます。

このような仕事のやりがいは、かっこいい医者であればこそ味わえるものと言えるでしょう。

【職種を解説】医者になってかっこいい未来を手に入れよう!

さて、医者の種類は臨床医、つまり病棟などで患者の治療にあたる職種がメインと思われがちですが、医者の世界は実はとても奥深いものとなっています。

そのため、本人の努力しだいでは、かっこいい未来をいくらでも手中におさめることが可能です。

そこで本項では、かっこいい医者になりたいと願っている方々へ向けて、医者としての職種について3点をピックアップして解説していきます。

研究医

医者の中には「研究医」と呼ばれる職種があることを、みなさんはご存知でしょうか。

研究医とは、その名が示すとおり、医学研究を通じて病気の治療法などを発見したりするのが主な仕事内容です。

直近の例で記憶に新しいのは、新型コロナウィルスの研究が代表例としてあてはまります。

そのほかにも、再生医療の研究医の中には、身体を欠損した患者が負っている箇所の機能を取り戻すための研究を、行っている方もおられます。

たとえば、大きな外科手術をした後には必ず深い傷跡が残りますが、その部分を元どおりの肌に回復させるための研究を行ったりするのが典型的な例です。

このように表舞台にこそ出てはこないものの、国民の健康の下支えをする研究医たちは、かっこいい存在そのものとも言えるのではないでしょうか。

産業医

産業医」は、企業などで働く社員の健康状態を維持・増進するのが主な役目の医者です。

海外では「過労死」という日本語が定着するほど、日本人は働きものの民族として有名ですが、そういったあってはならない事態が起こらないように労働者のケアをしています。

この産業医になるためには、医師免許を取得してから研修を受けることが必須条件となるためハードルが高い職種と言えますが、それだけにかっこいい将来が期待できますので、みなさんもぜひチャレンジしてください。

海外ボランティア

かっこいい医者としての最たる例とも言えるのが、海外ボランティアに貢献する医者たちです。

彼らは、ときとして危険をかえりみずに紛争地域における医療活動にも従事します。

その人道救助のための活動は非常に大規模なものであり、1999年にはノーベル平和賞を受賞するにいたりました。

海外での活動が多かったり、命の危険にさらされるリスクもあるため一概にはおすすめできませんが、医者として必要な献身性を発揮してかっこいい未来を手に入れたいとする方にはピッタリな職種です。

関連コラム

研究医を目指す人におすすめの大学とは?研究医を目指す際の大学選びのポイントなどを徹底解説!

かっこいい医者を目指すならオンライン予備校がおすすめ

あらためて言うまでもありませんが、かっこいい医者になるためには医師免許を取得しなければなりません。

そして医師免許を取得するためには、まずは医学部に合格する必要があります。

しかし、医学部は言わずと知れた難関学部です。

生半可な学力では、とてもじゃありませんが返り討ちにあってしまうのが関の山です。

よって、こちらの項では、医学部合格のために必要な学力を養うための一手段である、オンライン予備校について紹介していきましょう。

オンライン予備校は、インターネットを活用した学習をメインとするサービスですが、その便利さが評価され、受験生の間では今大きな話題を呼んでいます。

みなさんのかっこいい将来のためにきっと役立つサービスですので、よりよい医者になるためにも、ぜひこのオンライン予備校の持つメリットを知ってください。

自宅にいながらでも高品質な授業を受けられる

オンライン予備校のメリットとして、よくあげられるのが自宅にいながらでも高品質な授業を受けられるといったものです。

オンライン予備校は、前述のとおりインターネットを活用したサービスですから、ネット環境さえあれば、たとえ自宅であっても講師から良質な授業が受けられます。

このようなメリットは、とくに地方の受験生にとってはより大きなものになります。

なぜなら、地方には医学部を専門にする予備校が普及していないケースが多いため、予備校へ通いたくとも通えないといったケースが散見されるからです。

そのため地方在住の受験生を中心に、昨今では大変な人気となっているのです。

もちろん、都会に住む受験生にとっても大きなメリットがあります。

たとえば、自宅でも学習ができるということは、実際の予備校に通学するための時間を節約することに結びつきます。

時間が節約できるということは、受験勉強と向き合える機会が増えるということに直結しますから、かっこいい医者へより一層近づくことができます。

面接・小論文対策もオンラインで指導してもらえる

医学部の二次試験では、学力検査のほかにも面接試験や、小論文試験が課されることが珍しくありません。

そのため専用の対策が必要となるわけですが、オンライン予備校の中には、これらの試験のトレーニングについてもレクチャーしてくれるところもあるため、重宝すること間違いなしです。

面接試験や小論文試験は、数学や英語などとは違い確かな正解が見出しにくいため、個人での対策では限界がありますが、上記のようなオンライン予備校を利用することで、専門の講師から第三者視点による的確な指導を受けることができます

対面式の予備校よりも学費を抑えられる

一般的な予備校では教室を用いて授業を実施するため、設備投資などが必要になります。

一方で、オンライン予備校では運営側の投資費用が少額ですむため、安価で高品質な学習を受験生に提供することが可能です。

「かっこいい医者になるために、予備校へ通いたいけど学費が心配で踏み切れない」

そんな方は、学費面で有利なオンライン予備校を一度試してみてはいかがでしょうか。

関連コラム

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

繰り返しになりますが、かっこいい医者になるにあたっては医師免許を取得することが大前提となります。

そして、その医師免許を取得するためには、まずは医学部合格を勝ち取らなければなりません。

ところが、医学部の要求偏差値は一般的に65.0という高水準です。

この偏差値65.0という水準に到達するためには、100人中5位以内に到達する必要があります。

このことから受験生の方々の中には、かっこいい医者になるためにも良質な予備校のもとでみっちり指導を受けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そういった方々におすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、独創的な手法のオンライン授業を用いた授業を実践し、毎年数多くの受験生たちを医学部へと羽ばたかせてきた予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

2台のタブレット端末による双方向授業を実現

京都医塾オンライン校では、より高品質な学びを提供するために、オリジナルの双方向授業で勉強を進めています。

そして、この双方向授業では、2台のタブレット端末に各々の役目を持たせて学習を進行させていきます。

なぜ、あえて2台のタブレットを用いるかと言いますと、授業のわかりやすさと学習の効率化を両立させるためです。

本校の授業では、1台目の端末には講師の姿と板書内容だけを映し出して、授業を行います。

そのため、講師の動きと一緒に板書されたものを同時に視聴でき、授業への没入感と集中力を高められます。

また2台目のタブレット端末は、受験生の方のノート用にお使いいただきますが、講師からもリアルタイムでアドバイスが書き込まれますので、高効率な授業を体験することが可能です。

このように当校では、2台のタブレット端末を駆使した授業を実践して、わかりやすさと効率化の両方を実現させています。

24時間以内に回答を受け取れる便利な質問システム

みなさんの多くが自習中のふとしたときに、理解していたはずの問題が急に解けなくなった経験をお持ちのはずです。

人間の脳は機械と違い、授業で学んだことを一回では記憶できませんので、これは無理からぬことです。

しかし、ひとたび生じてしまった疑問点をそのまま野放しにすることはできません。

なぜなら、疑問を放置したままでいると、次回以降の授業についていけないこともあるからです。

そこで京都医塾オンライン校では、このようなトラブルを回避するための方策として、24時間以内に疑問点を解決できる質問システムを導入しています。

使い方はとても簡単で、上述したタブレット端末に、質問内容を書き込んで送信するだけです。

送信していただければ、質問が講師にダイレクトで届き、24時間以内に返信が届けられます。

当校では、こういった細かなサポートもきちんと実践しておりますので、現在予備校選びでお悩み中の方であっても、心配なくおいでください。

タブレット端末の使用方法は担当者が一からレクチャー

「オンライン授業を体験してみたいけれど、タブレット端末の操作に自信がない」

そんな不安を抱えている方にも、京都医塾オンライン校では十分なバックアップを行っています。

タブレット端末の使用方法がわからないといったときには、当校の担当者が一から十まですべてレクチャーいたします。

懇切丁寧にご理解いただけるまで説明さていただきますので、タブレット端末の操作に自信のない方も安心して当校をお選びください。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

かっこいい医者に憧れる受験生は少なくありません。

「同じ医者になるのなら、かっこいい方がよいに決まっている」

そんな声が聞こえてきそうですが、まさにそのとおりです。

かっこいい医者になってやりがいに満ちた人生を送ってこそ、医者としての使命をまっとうしているとも言えるでしょう。

しかし、そんなかっこいい医者になるためには、医師免許を取得することが大前提となります。

そして、その医師免許を取得するためには、まずは医学部合格を勝ち取らなければいけません。

ところが、医学部の要求偏差値は一般的に65.0という高水準です

この偏差値65.0という水準に到達するためには、100人中5位以内に到達する必要があります。

このことから受験生の方々の中には、かっこいい医者になるためも、良質な予備校のもとで、みっちり指導を受けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そういった方々におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、独創的な手法のオンライン授業を用いた授業を実践し、毎年数多くの受験生たちを医学部へと羽ばたかせてきた予備校です。

当校のもとで学習に励んでいただければ、あなたのかっこいい将来のために、誠心誠意尽くさせていただきます。

本気で医学部合格を目指す方には、圧倒的な指導力とサポート力で受験生を合格へと導く、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

無料の体験授業や資料請求、入塾のご相談はメールや電話にて承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

1884年に開校された、深い伝統を誇る福島県立安積高校。

同校は、県内でも最古の高校と知られているほか、「開拓者精神」と「質実剛健」、さらには「文武両道」の三本柱を教育の方針として掲げていることでも知られています。

そして、その教育の成果もあり、安積高校では毎年多くの受験生を医学部へと送り届けています。

今回の記事では、そんな安積高校の基本情報をお届けするとともに、医学部への合格者数などの情報についてもお届けしましょう。

安積高校の基本情報

安積高校では、冒頭でも触れた教育の三本柱を実践するために様々な取り組みを行っています。

たとえば、個性を伸長させるための教育や高い知性を身につけるための教育、加えて自分を律するための精神力を養うための教育は、その典型例とも言えるでしょう。

そして同校は、このような取り組みをみが認められ、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の第2期指定を受けるまでにいたっています。

このSSHの認定を受けたことで安積高校では単位制を導入したり、医学部コースを導入したりするなどして、さらなる飛躍を目指しています。

【2023年度】安積高校からの医学部への合格者数

続いて、2023年度における、安積高校からの医学部への合格者数についても見ていきましょう。

2023年度においての安積高校から医学部へ進学した受験生は、全部で6名となっています。

内訳は、地元である福島県立医科大学医学部の合格者が5名、東北大学医学部への合格者が1名です。

東北エリアの難関大学である、東北大学医学部への合格者を輩出している点については、特筆に値する事項と言ってもよいでしょう。

また、卒業生の方にも目を向けて見ると、やはり地元の福島県立医科大学医学部への合格者が多く、5名となっています。

さらに、遠方に位置している名古屋大学医学部についても1名の合格者が出ています。

名古屋大学医学部も、東北大学医学部と負けず劣らずの地域を代表する医学部ですので、こちらの実績についても、目を見張るものがあると言っても過言ではありません。

このように、安積高校では現役生、卒業生問わず多くの受験生が、見事に医学部合格を果たしています。

関連コラム

塾なし!予備校なし!それでも医学部へは行ける?有効な対策を解説

オンライン予備校も利用してさらなる合格率アップを目指そう!

ここまでは主に、安積高校の基本情報や医学部への合格実績を見てきました。

しかし忘れてはならないのは、安積高校に進学できたからと言って、ご自身も医学部合格を勝ち取れる保証はどこにもないということです。

安積高校へ進学し、同校の教えに従いながらも並はずれた努力を重ねることで、はじめて栄光を手にすることができるのです。

そして、その努力の中には、当然ながら自学自習の態度も多分に含まれています。

みなさんもご存じのとおり、医学部は誰もが知る難関学部ですから、多くの場合学校だけの授業では不十分と言えます。

そこで本項では、安積高校から医学部合格を志している方や現在、中学生で安積高校を目指している方へ向けて、おすすめの学習サービスを紹介していきましょう。

とくに中学生の方々にとっては早期に学習を開始することで、万が一、安積高校の受験に失敗したとしても挽回するための学力を事前に身につけられますので、素早くリカバリーができるはずです。

ここで紹介する学習サービスを取り入れて、医学部合格への一助としてください。

地方在住者でも本格授業を受講できる

さて、先ほど医学部合格のための、おすすめの学習サービスを紹介するとお伝えしましたが、それは近年大きな脚光を浴びている「オンライン予備校」というものです。

オンライン予備校は、名称のとおりオンラインにて授業を行う学習サービスですが、その手軽さが評価され、現在ではスタンダードな勉強方法の一つになっています。

そんなオンライン授業のメリットとしてあげられるのが、地方在住者でも本格的な授業を受けられるというものです。

読者のみなさんの中にも、予備校を探すときに近隣に優秀な予備校が見つからず、困った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

しかし、オンライン予備校の場合はネットを介して授業を実施するため、居住地に縛られずにきちんとした授業を受けられます。

医学部合格のために予備校を利用したいけれども、近くには見つからない

そんな方には、オンライン予備校が最適です。

学校生活と受験勉強を両立するためのサポートが受けられる

医学部合格のための受験勉強を順調に進めていくためには、学校生活との両立がカギを握ります。

どちらか一方に偏った生活をしていては、学習のバランスが乱れてしまったり、学校での評価が下がってしまうでしょう。

しかし、オンライン予備校の中には、受験生が学校生活と受験勉強を両立させるためのカリキュラムを提案してくれるところもあります。

たとえば、課外活動で忙しい受験生の方には休日にまとまった時間を取って、一日をかけて十全な指導を行うなど、個々人に見合った適切な方法でスケジュールを管理してもらえます。

通学時間ゼロ!時間を節約して効率的に学習と向き合える

対面式の予備校に通う場合、どうしても避けられないのが通学時間が発生してしまうことです。

この問題は物理的に移動する必要がある以上は、避けられないことがらの一つです。

ところが、オンライン予備校の場合は場所を選ばずに学習を進められるため、通学時間が発生しません。

そのため時間の節約にも直結し、本来であれば通学時間に充てていた時間を、医学部合格のための学習時間へと変えることができます。

一般的な予備校よりも安価な学費で済ませられる

安積高校の受験生の方々の中には予備校の利用を検討しているものの、学費面での不安を抱えている方もいるはずです。

受験シーズンは長期にわたりますから、毎月の学費が積み重なると多額の費用になってしまいます。

そういった問題についてもオンライン予備校は、きちんと解決してくれます。

一般的にオンライン予備校は、対面式の予備校よりも設備投資が少額で開設できるため、割安な学費でサービスを提供することが可能です。

そのため、学費面で不安を抱えている方でも、安心して利用に踏み切ることができます。

関連コラム

お金がない人でも医学部は目指せる!予備校など様々な切り札を徹底紹介

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

ハイレベルな教育を実践し、毎年たくさんの受験生を医学部合格に導いている安積高校。

この安積高校では、上述のとおり地元の医学部のみならず、エリアを代表する名門校へも合格者を輩出しています。

しかし繰り返しになりますが、そんな安積高校へ入学を果たせたからといって、必ずしも医学部合格を勝ち取れるとは限りません。

激戦が繰り広げられる医学部の入試でライバルたちに勝利するためには、たゆまぬ努力が必要です。

そのため受験生の方々の中には、医学部合格をより確実なものにするためにも、優秀な予備校の利用を考えている方も、多いのではないでしょうか。

そういった方の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、オンラインだからこそできる指導を実践し例年、数多くの受験生たちを医学部へと送り届けている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

一人のための専用のカリキュラムをデザイン

「医学部受験」とひと言で言っても、医学部は大学ごとに必要な偏差値は大きく異なります。

また、私立大学医学部では、医学部ごとに出題傾向にも違いが見られることも珍しくありません。

さらに言うと、国公立大学の中にも、弘前大学医学部のように「総合問題」という形で、特殊な試験を課す医学部も増えてきました。

そのため受験生の方々に合っては、それぞれの志望校ごとに専用の学習を進めていく必要があります。

そこで私たちが導入しているのが、一人のために専用のカリキュラムをデザインするためのメソッドです。

このメソッドは当校が長年かけて生み出したオリジナルのものですが、受験生の現在の学力と潜在能力の両方にもとづいて、ご本人だけのカリキュラムを作成するために用いられます。

したがって、その方の志望校に合わせた適切な学習スケジュールが作り出され、目標達成へと向けて踏み出すことが可能です。

当校独自の指導方法|15分刻みの学習スケジュール

みなさんもご存じのとおり、医学部入試の受験勉強は自習が付きものですが、勉強を進める際は効率を意識しなければいけません。

漫然と自習をしていては身につくはずの知識も、効率的に定着させることは叶わないでしょう。

そのため当校では、オンライン自習室を提供して受験生の方々の支援にあたっています。

そんなオンライン自習室ですが、京都医塾オンライン校が提供しているものは15分刻みのタイマー機能が付随しています。

なぜ15分刻みかというと、短時間の間にどれだけの学習成果を残せたかを、振り返りながら勉強をしていただくためです。

先ほどもお伝えしたとおり、漫然と自習をしているだけでは学力の向上は望めません。

しかし、15分という学習スケジュールを遵守して行うことで集中力が最大限に発揮され、学習の効率を飛躍的に高めることができます。

オンライン三者面談で学習状況を逐一ご報告

京都医塾オンライン校では受験生の方々の学力向上はもちろんのこと、保護者様への配慮も絶対に必要なことだと考えています。

なぜなら、医学部受験では私たちと受験生ご本人、そして保護者様の連携が取れてこそ、はじめて合格へ向かうことができると判断しているからです。

保護者の皆様にあっても、多くの方々が同様にお感じになられているのではないでしょうか。

そのため、当校では定期的にオンライン三者面談を通じて、保護者様へご子息・ご息女の学習状況を逐一ご報告させていただいております。

この面談を通じて十分な情報の共有が実現しますので、三者で一致団結して、お子さまの悲願達成へと突き進むことが可能となります。

関連コラム

今話題のオンライン自習室とは?向いている人と向いていない人の特徴を解説

まとめ

独自の実践教育を学生に施し、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと押し上げている、福島県立安積高校。

この安積高校では、地元福島の医学部だけにとどまらず、各地域を代表する名門医学部へも合格者を輩出しています。

しかし繰り返しになりますが、そんな安積高校へ入学の夢を叶えたからと言って、必ずしも医学部合格を手中におさめられる保証はどこにもありません。

激戦が繰り広げられる医学部の入試で、ライバルたちに勝利するためには並はずれた努力が必要です。

そのため受験生の方々の中には、医学部合格をより確実なものにするために、優秀な予備校の利用を考えている方も多いのではないでしょうか。

そういった方の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、オンラインだからこそできる指導を実行し例年、数多くの受験生たちを医学部へと送り届けている予備校です。

当校へおいでいただければ、学校生活と受験勉強を両立できるサポートで丁寧に指導し、宿願成就のためのお手伝いをさせていただきます。

本気で医学部合格を目指している方には、一人のためのバックアップで受験生を支える、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話でのご相談は年中無休で承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

三重県内において屈指の進学実績を誇るのが、高田中・高等学校(以下、高田高校)です。

同校では、グローバル化が進む社会情勢にも柔軟に対応させた教育を実践して、例年多くの受験生を医学部合格へと導いています。

今回の記事では、そんな高田高校における基本情報をお届けするとともに、医学部への進学実績などについても解説していきます。

高田高校の基本情報

まずは、高田高校の基本情報について紹介していきましょう。

同校がグローバル性を重視した教育を実践していることは、上述したとおりですが、その裏打ちとなるのが、行動力の育成を錬磨するための校訓にあります。

この校訓の源流は意外にも仏教から来るものですが、人間性を豊かにし様々なことに対して充実性を求めるというのは、和洋問わず見られる傾向です。

高田高校では、このような校訓を愚直なまでに教育に取り入れ、医学部進学への実績を確実に積み上げているのです。

【2023年度】高田高校からの医学部への合格者数

2023年度入試における、高田高校からの医学部への進学実績は総勢19名でした。

内訳は、福井大学医学部への進学者が1名、名古屋大学医学部への進学者が4名、三重大学医学部への進学者が12名、京都府立医科大学医学部への進学者が1名となっています。

西日本を中心に様々な医学部への進学実績がありますが、とくに目を引くのは地元である三重大学医学部への合格者数です。

三重大学医学部へ12名もの進学実績を打ち立てているのは、まさに高田高校ならではと言えるでしょう。

また、高田高校では卒業生の医学部への進学実績も好調で、2023年度では筑波大学医学部への進学者が1名、滋賀大学医学部への進学者が1名出ております。

関連コラム

医学部受験の一日のスケジュールはどう組めばいい?現役生と高卒生ごとに解説

オンライン予備校も利用してさらなる合格率アップを目指そう!

高田高校の基本情報や医学部への進学実績のあらましについては、前述のとおりです。

非常に高い進学実績を誇る高田高校ですが、やはり校訓に沿った教育のなせる技とも言えるでしょう。

しかし、だからといって浮かれてばかりもいられません。

なぜなら、医学部の合格者の推移が毎年度、同じになるとは限らないからです。

医学部の出題傾向や配点は、年度ごとに変更されることが少なくありません。

加えて、募集枠や募集人員の変更がなされることも、しばしば見られます。

このことから受験生の方々が、より盤石な体制を整えて受験に臨むためには、自学自習を本格的に実行する必要があります。

そこで、本項でおすすめしたいのが「オンライン予備校」にて受験指導を受けることです。

オンライン予備校とは、その名のとおり、インターネットを活用した教育をしてくれるサービスのことを言います。

このオンライン予備校は、医学部の受験にも対応しているところもあることから、近年になって急速に普及しているサービスです。

ここでは、そんなオンライン予備校の魅力について解説していきましょう。

高田高校の現役生の方はもちろんのこと、惜しくも高田高校への進学を果たせなかった方でも、医学部合格のための強力な助けとなってくれますので、ぜひ参考にしてください。

自分に見合ったペースで学習ができる

オンライン予備校の最たるメリットの一つが、自分に見合ったペースで学習ができるというものです。

一般的な予備校では、講師一人が多数の受験生を受け持つ授業スタイルが珍しくありません。

しかし、そういった授業スタイルでは受験生、一人ひとりへ目が行き届かず「置いてきぼり」の人を生み出してしまう可能性もあります。

その点、オンライン予備校であれば、ベースとなる授業スタイルはマンツーマンで行われるものです。

そのため、自分に見合ったペースで授業を進めてもらうことができ、高効率で知識を定着させていくことができます。

人気講師の授業も手軽に受けられる

受験生の多くが、人気講師の授業を受けたいと願っています。

人気のある講師には、それだけの指導力が備わっていると言えますから、彼らのような実力者から授業を受けたいと願うのは当然です。

ただ、対面式の予備校の場合は教室の広さに物理的な制限があるため、いつでも人気講師からの授業が受けられるとは限りません。

一方で、オンライン予備校の場合は、上記のような物理的な制限が設けられていないため、人気講師からの授業も手軽に受けられます

もちろん、すべてのオンライン予備校でこういった希望が叶うとは限りません。

そこで、ぜひとも実力派の講師からの授業を受けたいと願っている方は、社員講師だけを採用しているオンライン予備校を選ぶとよいでしょう。

社員講師だけで固めている予備校であれば、基本的に厳しい採用基準を設けて選抜しているため、信頼性のある良質な授業が十分に期待できます。

いつでも好きなときに質問ができる

オンライン予備校では、先述のとおり、基本的にマンツーマンで授業が行われます。

したがって、必然的に講師を独り占めすることができ、いつでも好きなときに質問をすることが可能です。

集団授業の場合は、時間外にしか質問に行けないことがほとんどですが、マンツーマン授業では任意のタイミングで質問ができるため、学習がはかどり医学部合格を一気に手元に引き寄せることができます。

自宅授業だから人間関係の悩みから解放される

受験生の方々の中には、一般的な予備校における人間関係が心配で敬遠している方もいるのではないでしょうか。

そのような方にも、オンライン予備校はとても推奨されるサービスです。

オンライン予備校はインターネットを活用したサービスであることから、ネット環境さえあれば場所を選ばずに授業を受けることができます。

そのため自宅での学習が可能となり、わずらわしい人間関係を気にすることなく、伸びのびと受験勉強に励むことができます。

関連コラム

予備校では友達は必要?メリット・デメリットの解説と問題点の解決方法を解説

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、高田高校における基本情報や、医学部への進学実績について深掘りしながら見てきました。

同校は三重大学医学部を中心に様々な合格者を輩出している、まさに全国クラスの進学校です。

ただ、医学部受験を制するためには、授業外においての個々人の努力も必要と言えます。

なぜなら、上でも述べたとおり、医学部の入試では前年度から出題傾向などが変化したり、募集人員が変更されることが少なくないからです。

さらに言うと、募集枠そのものが消滅してしまうケースも散見されます。

そのため受験生の方々の中には、より優れた実績のある予備校のもとで学習に励み、少しでも医学部合格へと近づきたいとする方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々におすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、先端テクノロジーを独自に取り入れた受験教育を実践し、例年数多くの受験生を合格へと導いている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

受験生の環境に合わせたカリキュラムを作成

繰り返しになりますが、受験生の方々は各々で置かれている立場が異なります。

学業のほかにも部活動にも積極的な方もおられれば、学業一本で医学部受験に向き合いたいと考えている方もいるでしょう。

そういった方々に、同一のカリキュラムをご提案しても十分な学習成果を残せないことは、火を見るよりも明らかです。

そこで京都医塾オンライン校では受験生の方々の環境に合わせた、柔軟なカリキュラムの作成を実施中です。

たとえば、部活動を行っている受験生の方々には平日は適度な学習量を提案し、週末には重点的に学習量を確保して学力を伸ばしていただきます。

一方で、学業一本で受験と向き合いたい方には平日はもとより、週末にはさらなる学習量を提案し、学力をより伸長させていただいております。

このように当校では受験生、個々人の環境に合わせてカリキュラムを作成していますので、どんな方であってもスムーズに学力を伸ばすことが可能です。

常にキープし続ける豊富な合格実績

私たちの自慢の一つが、豊富な合格実績を常にキープし続けていることです。

2023年度の合格実績を例としてあげると、一次試験の合格実績が72%、二次試験の合格率が60%という実績をあげています。

また、これは校舎で学んでいただいた受験生のケースですが、偏差値36.9でスタートした方を僅か一年で合格へと導いています。

受験生の方々の中には、合格実績を予備校選びの参考としている方も多いかと思いますが、当校では上記のように圧倒的な成果を残しておりますので、どうぞ安心してお越しください。

実際の校舎で学べる「短期京都留学」

京都医塾オンライン校では実際に校舎でも学んでいただくための、「短期京都留学」というプログラムも用意しています。

本プログラムでは、長期休暇を利用して京都に赴き、校舎にて対面式の授業を受けていただくことが可能です。

また、生活についても午前6時に起床し8時に登校、そして22時30分に帰宅、24時に就寝というリズムで行ってもらいます。

この生活リズムは、校舎で学習している受験生の方々のリズムに準拠したものです。

校舎で学ぶライバルたちと同じ暮らしをし、そして同じ学習を受けることにより、大幅な勉強の成果をあげることができます。

充実した学習期間を保証いたしますので、本校をご利用いただいた際はぜひ一度、参加してみてください。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

三重県内において屈指の進学実績を誇る高田高校。

そんな高田高校には、未来の医師を夢見る受験生たちが日々、学校での勉強に励んでいます。

ただ、難攻不落の医学部入試を突破するためには、授業以外での自己研鑽も必要です。

医学部の入試では、年度によって出題傾向や募集人員が変化することが多く、まったく油断できません。

そのため受験生の方々の中には、より優れた実績のある予備校のもとで学習に励み、少しでも医学部合格へと近づきたいとする方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、先端テクノロジーを独自に取り入れた受験教育を実践し、例年数多くの受験生を合格へと導いている予備校です。

当校にあなたの受験教育を任せていただければ、圧倒的な指導力を持って最後まで徹底的にリードいたします。

本気で医学部合格を目指している方には、医学部への合格実績に富んでいることで有名な、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

無料の体験授業や資料請求、入塾のご相談は年中無休で受付け中ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

2023年に創立から60周年を迎えた白陵中学校・高等学校(以下、白陵高校)。

同校では、「研究と訓練」、「独立不羈(どくりつふき)」、「正明闊達(せいめいかつたつ)」の3つを校是とし、生徒たちに高度な教育を実践しています。

そんな白陵高校ですが、医学部への進学実績についてはどれくらいの結果を残しているのでしょうか。

今回の記事では、同校が持つ医学部への進学実績について紹介するとともに、基本情報や合格率をアップさせるための方法についても解説していきます。

白陵高校の基本情報

最初に、白陵高校の基本情報について見ていきましょう。

同校の校是については、冒頭でもお話したとおりですが、難しい単語が並んでいるため、少しわかりにくいという方もいるはずです。

そこで本項では、この校是の解説をしながら同校の情報をお届けしています。

まずは、白陵高校の校是をあらためて振り返ってみましょう。

✓研究と訓練

✓独立不羈

✓正明闊達

これらの校是のうち、1点目の研究と訓練については、あえて説明するまでもないため、割愛とさせていただきます。

2点目の独立不羈とは、周囲に流されるとなく自信の信念と責任感を貫くという意味です。

医学部進学を果たし、そして医師として活躍するためには、強い信念と責任感を請け負う覚悟が必要ということでしょう。

3点目の正明闊達とは、明るく元気に生き生きとした人間性を追求するという意味です。

何事も前向きにとらえて学校での暮らしをより実りあるものにしてほしいという、学校側からの願いが込められていると受け取れます。

白陵高校では、このような校是のもと学習環境を整備したり、文化講演会を積極的に開催するなどして、生徒たちを優秀な人材へと育んでいます。

【2023年度】白陵高校から医学部への合格者数

次に、2023年度における白陵高校の、医学部への進学実績について解説していきましょう。

ここでは、国公立大学医学部への進学者数をベースにして、同校の実績を推し量っていきます。

上記年度における白陵高校の医学部への進学者は、32名という結果でした。

卒業生は180名ですから、実に6名に1名の割合で医学部への進学を果たすという快挙を成し遂げています。

さらに、国内でも最難関の医学部に数えられる京都大学医学部への進学者も、2名輩出しています。

しかし、これはあくまで2023年度の数字であり、今後も同様の実績を残せるとは限りません。

医学部の入試は、どんな名門校であっても年度により進学実績にバラつきが生じるため、油断ができないのです。

このことから、志望校への合格を決定的なものにするためには学校での学習のほかにも、プラスアルファの努力が必要となります。

関連コラム

土佐高校からの医学部への進学実績はどれくらい?受かる確率を高める方法は?

オンライン予備校も利用してさらなる合格率アップを目指そう!

白陵高校の医学部への進学実績は上述のとおりです。

全国的に見ても、類まれなる高実績と言えます。

しかし、繰り返しになりますが、医学部合格を決定的なものにするためには、学校の授業以外にも自学自習の努力が求められます。

そこでおすすめなのが、オンライン予備校を利用した学習方法です。

オンライン予備校とは、読んで字のごとく、ネットを仲介して勉強を進めていくスタイルの予備校ですが、現役生の方でも気軽に利用できるとあって、大きな注目を集めているサービスです。

もちろん、現役生の方以外にも中学生の方や、惜しくも白陵高校へ進学ができなかった方にも対応していますので、それぞれの状況に見合った適切な授業が受けられます。

本項では、そんなオンライン予備校の魅力を紹介していきましょう。

目的に沿った予備校を選べる

一般的な予備校では受験生の志望校に合わせて、レベル別の学習が行わることも珍しくありません。

では、オンライン予備校では、どのような方法で学習を進めていくのでしょうか。

結論から言いますと、オンライン予備校であっても自分の志望校に合わせて、必要なカリキュラムを組んでもらえます。

そのため、対面式の予備校と同等の品質の授業を受けることができ、目的に沿って順調に学力を伸ばしていくことが可能です。

人気講師からの授業が受けられる

受験生の方々の多くは、できるだけの人気のある講師から授業を受けたいと願っているはずです。

人気があるということは、裏返せば十分な実力を備えていることにもなりますから、引っ張りだこの講師を希望するのは当然の考えです。

しかし、一般的な予備校では教室のスペースに限りが合ったり、そもそも一度に受講する受験生の数が多かったりするため、自身の希望が通らないケースも多々あります。

その点、オンライン予備校では比較的、少人数の受験生を相手に授業を進めていくため、人気講師からの授業を受けやすい仕組みになっています。

自宅で学べるため時間の節約になる

医学部へ進学するためには、一分一秒たりとも時間を無駄にできません。

そのため、受験生の方々にあっては、「時間ファースト」の考え方で勉強を進めていく必要がありますが、一般的な予備校に通う場合、様々な場面で時間の無駄が生じてしまいます。

たとえば、通学のための移動時間などは、その最たる例とも言えるでしょう。

しかし、オンライン予備校であれば、ネット環境さえあれば自宅での学習も可能なため、時間の節約に結びつけられます

オンライン予備校によってはメンタルケアも受けられる

思春期真っただ中の現役生の方々の大敵となるのが、メンタルの不調です。

思春期の脳は、まだまだ発達段階にあるため、ちょっとしたことで不安を強く感じてしまいます。

したがって、現役生の方々はメンタル面の健康を保つための努力も必要です。

しかしながら個人の力では、どうしても良好な精神状態を維持できないという方も、いるのではないでしょうか。

そういった方には、メンタルケアをしてくれるオンライン予備校がおすすめです。

オンライン予備校のすべてが、このようなサービスを実施しているとは限りませんが、定期面談などを通じて受験生を支援してくれるところも存在します。

精神的な面で不安を抱えやすい方などは、上記のようなオンライン予備校を利用してみてもよいでしょう。

集団授業が苦手な人でも安心して利用できる

集団授業が苦手で、一般的な予備校を敬遠している受験生は少なくありません。

大勢での授業となると、周囲の雑音が耳に入り集中力が乱れる原因になりますし、わずらわしい人間関係の中で息苦しい思いをする可能性もあります。

しかしオンライン予備校は、その性質上、一人で学習に臨むのが基本となりますので、雑音や人間関係で悩まされる心配もありません

関連コラム

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

全国でもトップレベルの、医学部への進学実績を誇る白陵高校。

そんな白陵高校への入学を夢見る受験生は数多くいます。

しかし、先述したように、どんなに優れた進学校であっても、医学部への進学実績は年度ごとにバラつきが生じます。

そのため、たとえ名門校に進学できたからと言って、気を緩めることはできません。

このことから、受験生の方々の中には医学部合格を決定づけるためにも、優秀なオンライン予備校の利用を検討中の方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験に特化した指導を駆使して、毎年数多くの受験生を医学部合格へと導いてきた予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

2台のタブレット端末を利用した独自の授業スタイル

京都医塾オンライン校では2台のタブレットを利用した、独自の授業スタイルを用いて指導を行っています。

それぞれのタブレットには固有の役目があり、1台目のタブレットは受験生の方のノート用としてお使いいただきます。

授業中の要点やご自身で重要と感じたところに自由にメモを書き加えていって、自分専用のまとめノートを作成してください。

2台目のタブレットには、講師の姿と板書が同時に表示されます。

そのため、本当の授業を受けているようなライブ感の中で、集中して学習を進めることが可能です。

このように、当塾ではあえてタブレットを2台使用し各々に役割を分担させることで、臨場感にあふれた高品質な授業を実現させています。

24時間いつでも質問ができるサービス

受験勉強は、授業における学習だけで完結するものではありません。

復習を通じて、授業中に学んだことをしっかりと脳に定着させなければ、学力の向上は見込めないでしょう。

したがって、受験生にとっては自学自習を継続することが必要となるわけですが、復習の時間中には様々な疑問点が浮かび上がってきます。

そして、このような疑問点を放置したままでいると、次回以降の授業に支障が出てしまい成績のアップは期待できません。

そこで京都医塾では、24時間いつでも質問ができるサービスを導入し、受験生のみなさんをサポートしています。

このサービスでは、ノート用のタブレットに質問を書き込み送信するだけで、講師から24時間以内に回答が届きます。

そのため、わからない箇所をすぐに解決でき、学習の進捗がとどこおってしまう心配もいりません。

担任講師によるきめの細かいメンタルケア

長いながい受験生活を送る中では、不安や悩みに苛まれることもあります。

そのようなときに、相談できる相手がいれば精神的な支えになってくれますが、信頼できる相談相手がいない場合、メンタルが負のスパイラルに陥り受験鬱などの問題にもつながります。

こういった非常事態を回避するために当塾が導入しているのが、担任による週に1度のカウンセリング制度です。

このカウンセリングでは、受験にまつわる不安や悩みを自由に相談できますので、相談相手がいない方でも、メンタルを病んでしまうリスクを最小限に食い止めることができます。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

白陵高校は、全国でも有数の進学校として知られています。

とくに、医学部への合格実績は顕著で、2023年度には32名もの合格者を輩出しています。

しかし、上述のように、どんなに優れた進学校であっても医学部への進学実績は年度ごとにバラつきが生じます。

そのため、たとえ名門校に進学できたからと言って、気を緩めることはできません。

このことから、受験生の方々の中には医学部合格を決定づけるためにも、指導力に秀でたオンライン予備校の利用を検討中の方も多いのではないでしょうか。

そんな方の大きな後ろ盾となるのが、京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験に特化した指導を駆使して、毎年数多くの受験生を医学部合格へと導いてきた予備校です。

私たちのサービスをご利用いただければ、夢の実現のために必要なすべての教育を実践し、必ずやあなたを合格へとリードしてみせましょう。

本気で医学部合格を目指している方には、トータルサポートで受験生を支える、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話でのご相談は年中無休で承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

創立から200年をこえる歴史のある福岡県の名門校、修猷館高校では生徒が様々なことに挑戦できる環境や、自分の考えを周りに広く伝えるための環境を用意し、良質な教育へとつなげています。

その努力の甲斐もあり、同校では毎年たくさんの生徒を、難関大学へ進学させる実績を残しています。

今回の記事では、そんな修猷館高校に所属する受験生の方や、修猷館高校を目指している方へ向けて、同校の基本情報や医学部への合格実績などを解説していきましょう。

修猷館高校の基本情報

最初に、修猷館高校の基本情報の解説から入っていきます。

修猷館高校は、上述のとおり、福岡県内において突出した実績を持つ名門の進学校です。

この修猷館高校では、主体的な学習態度を生徒に培わせるため、知的好奇心を刺激することに重点を当ててカリキュラムを組んでいます。

また、「情報」と呼ばれる教科の中では、協働するための技術(コラボレーションスキル)を学んだり、小論文の学習を通じて思考力と判断力の醸成に力を入れるなど、一般的な教科以外の学習にも余念がありません。

さらに、生徒の主体性を伸ばすためのバックアップも積極的に行われていて、たとえば、学生支援のために設置された「教科センター」では、個別指導や質問事項への対応なども行っています。

ちなみに、同校は字面を見た限りでは、私立高校と思われることもありますが、実は県立の高校です。

公立校でありながら私立校、顔負けの進学実績を打ち立てている事実には、心から驚く方も多いのではないでしょうか。

【2023年度】修猷館高校からの医学部への合格者数

次に、修猷館高校の医学部への合格実績について見ていきます。

ここでは、修猷館高校からの医学部への合格者数を、国公立大学医学部の人数をベースに解説していきましょう。

2023年度における修猷館高校の医学部の合格者は、卒業生434名のうち34名でした。

この合格実績は、福岡県内の高校では第二位で、かつ九州・沖縄地方の高校の中でもトップ10入りする素晴らしい成績です。

このことから、修猷館高校への進学を果たせれば、医学部合格が一気に近づくと言えるでしょう。

しかし、いくら優秀な高校に進学したからといって、受験勉強で油断をしていては受かるものも受からなくなってしまいます。

そのため、医学部受験の学習を進めていくにあたっては、学校での授業のほかにも、さらなる対策を立てて盤石な体制を築く必要があります。

ただ、受験生の方の中には、近くに優れた予備校が見当たらなかったり、そもそも自宅学習の方が性に合っていると感じている方もいるはずです。

そこでおすすめなのが、近年において急激に利用者が増加している、オンライン予備校です。

オンライン予備校は、名前のとおり、インターネットを利用して学習を行う予備校のことを指しますが、高い利便性が注目され上記のように利用者数が飛躍的に伸びています。

次項では、このオンライン予備校の持つメリットについて紹介していきます。

修猷館高校の受験生の方にも、同校を目指している中学生の方にも関係するメリットばかりですので、ぜひ参考にしてください。

関連コラム

【関西】医学部に強い中高一貫校はどこ?2022年の医学部合格高校ランキングから徹底解説!

オンライン予備校を活用してさらなる受験対策に生かそう!

先ほどお話したとおり、こちらの項では、オンライン予備校のメリットを取り上げて紹介していきます。

数あるメリットの中でも代表的なものを厳選して紹介しますので、よい検討材料になるはずです。

場所を選ばず一流講師からの授業が受けられる

地方の受験生にとって、予備校選びの選択肢の狭さは大きな問題として立ちはだかります。

なぜなら、基本的に予備校の数は都市部の方が充実しているため、地方の受験生は、都会に住んでいる受験生と比べて学びの機会が限定されてしまうからです。

それゆえに、地方の受験生は、ハンデを背負った状態で受験勉強を進めていかなければなりません。

そんなハンデを覆すための助けとなるのが、オンライン予備校です。

理由は簡単で、オンライン予備校は、先述のとおりインターネットを介した学習が主軸になるため、居住地にされず学びのチャンスが得られるからです。

しかも、医学部受験専門のオンライン予備校を利用すれば、同学部の入試に特化した指導が、一流の講師陣から受けることができます。

このようにオンライン予備校には、場所を選ばずハイレベルな授業が受けられるというメリットがあるため、都市部の受験生とも対等の学びのチャンスを手にできます。

予備校での人間関係が苦手な人でも安心

予備校の利用よりも自宅学習の方を選ぶ人の中には、そもそも人間関係が苦手という人が少なくありません。

たしかに、良好な人間関係を構築するためには周囲に気を遣いますし、交流する人を間違えてしまうと受験に悪影響が出てしまうことも考えられます。

このことから、人間関係に振り回されることを嫌って、自宅での学習を選択する方が一定数いても不思議ではないと言えるでしょう。

そんな方にこそ、オンライン予備校の学習形態はもってこいと言えます。

上でもお伝えしたとおり、オンライン予備校は場所を選ばずに学習ができますから、わざわざ予備校に通う必要がありません。

そのため、人間関係に惑わされることもなく自宅で思う存分、勉強に集中できます。

また、本筋とは少し話題が逸れますが、オンライン予備校の中には、無音で利用できるオンライン自習室を採用しているところもあります。

オンライン自習室とは、簡単に言うとネット上で再現した自習室のことを指しますが、周囲の音声が聞こえてくるシステムのものもあるため、人間関係が苦手な人にとっては馴染めない可能性もあるはずです。

しかし、上記のような無音で利用可能なオンライン予備校であれば、人の気配を気にすることなく、学習に専念することができます

関連コラム

今話題のオンライン自習室とは?向いている人と向いていない人の特徴を解説

学力に合わせたサービスプランが選べる

オンライン予備校には、自分の力量に合わせてサービスプランが選べるところもあります。

たとえば、授業の回数を自由に選べるプランが設けられていたり、授業とは別にオプションプランを導入しているケースなどが典型例です。

このオプションプランは予備校ごとに様々なものが用意されていますが、夜間における質問対応サービスや、定期面談サービス、面接対策などが主なものとしてあげられます。

また、これらすべてが最初からセットになっている予備校もありますし、逆に最小限のサービスですませられるライトプランを押し出している予備校もあるなど、形態は実に多種多様です。

ただし、当然ながらプランの充実度に比例して必要な学費も高くなっていきますので、家庭の経済事情とよく相談してから、どのプランにするかを決定する必要があるでしょう。

通学時間が発生せず学習時間の確保へとつなげられる

繰り返しになりますが、オンライン予備校は場所を選ばすに受験勉強を進行させることが可能です。

そのため、通学に要する時間が発生せず、ひいては学習時間をより確保するための一助となります。

受験生にとって時間は一分でも一秒でも大きな価値を持つ資源ですから、通学時間がカットできることは、まさしく特大級のメリットです。

このメリットを最大限に生かして勉強に励み、ライバルたちに差をつけましょう。

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

上でも述べたとおり、修猷館高校は福岡県内でも第二位の医学部への合格実績を誇る進学校です。

その実績もひとえに、同校が実施している良質な授業の賜物と言えるわけですが、医学部の受験では、学校における学習だけで合格が勝ち取れるとは限りません。

試験を無事にパスするためには、学校外の勉強をより充実させて、学力の向上を図っていく必要があります。

ただ、受験生の方の中には、予備校が近場に存在しなかったり、人間関係が苦手で自宅での学習を希望しているといった方もいるはずです。

そういった方々にぴったりなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、現役合格を実現させるための優れたカリキュラムを強みに、毎年たくさんの受験生を医学部合格に導いている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の魅力について紹介していきましょう。

現役合格を目指すための優れたカリキュラム

現役生が合格を勝ち取るためには、学校生活と受験勉強の両立がカギを握ります。

浪人生は、朝から晩まで机に向かうことができますが、現役生の場合はそうはいきません。

そのため、現役合格を目指すためには、現役生にふさわしいカリキュラムの作成が必須条件であると、京都医塾オンライン校では考えています。

したがって、本校のカリキュラムでは学校生活を優先させながらも、無理のない授業計画を立案したものを採用しています。

もちろん、「無理のない」ものを採用しているからといって、授業において手を抜くことはありません。

より良質な授業を追求し、1の学びから10を知っていただくための努力をしています。

たとえば、2台のタブレットを駆使した臨場感あふれる授業や、オンライン学習だからこそ可能な、リアルタイムのアドバイスなど数多くの工夫を凝らし、学校生活を送りながらでも確実な学力向上を狙うための策を講じています。

24時間いつでも質問できる環境

受験勉強の合間に疑問点がわいて出ることは、どんな受験生にもあることです。

授業では理解したつもりでいても、時間の経過とともに記憶は薄れてしまいますから、「あれ?授業中は分かっていたはずなのに」、といったことになるのは人間である以上、仕方がありません。

しかし、仕方がないからといって、疑問点を放置したままの状態でいると、次回以降の授業についていけず、取り返しのつかないことになってしまうことも考えられます。

そこで京都医塾オンライン校では、上記のような事態を避けるためにも、24時間いつでも質問可能な環境を構築してサポートにあたっています。

質問の仕方はいたって簡単で、ノート用のタブレットに疑問点を書き込み送信するだけです。

すると、その内容が講師に自動的に届き、24時間以内に回答が返ってくる仕組みになっています。

したがって、わからない点を放置してしまい、次の学習に悪影響を与えるといった心配もいりません。

機械が苦手な人には丁寧なガイダンスでサポート

当校のオンライン学習では、タブレット端末を2台使用して授業を進めていきます。

ただ、受験生の方の中には、「タブレット端末に触れたことがないから大丈夫かな」と不安に感じる方もいるかと思います。

たしかに、スマホが普及しデジタル端末へ触れる機会が急激に増加している現代社会ですが、タブレット端末となると使用経験がない人がいても不思議ではありません。

そのため京都医塾オンライン校では、専任のガイダンススタッフが端末の使い方を懇切丁寧にレクチャーするサービスを行っております。

したがって、タブレット端末に触れたことがないといった方でも、基礎から使い方が学べるため、安心してスタートに踏み切ることができます。

「オンライン学習を体験してみたいけど、機械が苦手だから迷っている」

そんな方は、上記のようなサポート体制を敷いて、丁寧にレクチャーできる環境を整えている当校を、ぜひお選びください。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

福岡県内のみならず、九州・沖縄地方の中でもトップクラスの実力を誇る、修猷館高校。

同校では、主体的に物事を学ぶ態度を身につけさせるための教育や、学校側からの積極的な学習支援により、例年多くの医学部への合格者を輩出しています。

しかし、医学部の入試ではハイレベルな問題ばかりが出題されますから、必ずしも学校の授業だけで事足りるとは限りません。

やはり、医学部合格の確実性を高めるためには、学校外における高品質な学習をすることが必要となります。

このことから、修猷館高校の受験生の方や、同校を経て医学部受験を検討中の方の中には、良質な学びを提供してくれる予備校を探している方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々にぴったりなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、現役合格を実現させるための優れたカリキュラムを強みに、毎年たくさんの受験生を医学部へと送り出している予備校です。

学校の授業と当校の授業を併用して学習を進めていただければ、今までとは比べものにならない、飛躍的な学力向上をお約束します。

本気で医学部合格を目指している方には、バツグンのサポート力であなたを合格に導く、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求や入塾にまつわるご相談は、年中無休で承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

全国規模の圧倒的な知名度を誇る、ラサール高校。

同校は中高一貫の教育体制を敷き、国内でも屈指の進学実績を叩き出しています。

そんなラサール高校からは医学部への合格者も多く、毎年たくさんの生徒を医師のタマゴとして世に送り出しています。

今回の記事では、このラサール高校を経て医学部進学を夢見る方々へ向けて、同校の基本情報や合格実績などをまとめました。

ラサール高校の基本情報

まずは、ラサール高校の基本情報について解説していきましょう。

ラサール高校は、正式名称をラサール学園と言い、ラサール中学校とラサール高等学校の二つの学校から成り立っています。

同校では、上述したとおり中高一貫の教育体制を敷いており、6年間を通じて一切の無駄を省いた、効率重視の学習を行っていることでとても有名です。

たとえば、記憶力の旺盛な中学時代には基礎力を徹底的に定着させ、高校に進学した際の授業にもすぐに対応できるだけの学力を身につけさせます。

加えて、英語の授業においては外国人教師を招いた少人数授業を実施してネイティブの英語を学ぶなど、ラサール高校ならではの特徴的な授業も行っています。

また、課外活動にも積極的に取り組んでいて、体育祭と文化祭は同校の名物行事として学生からは大変な人気です。

さらに、ミッションスクール独特のイベントとして、「クリスマスバスケット」と呼ばれるチャリティバザーも毎年、開催するなど、学習面のほかにも道徳心の形成にも注力しています。

【2023年度】ラサール高校からの医学部への合格者数

続いて、ラサール高校からの医学部への合格実績についても見ていきましょう。

こちらの項では、国公立大学医学部への合格者をベースに解説を行っていきます。

2023年度におけるラサール高校からの医学部への合格者は、卒業生200名のうち66名でした。

3割以上の生徒が医学部へ合格しているという実績だけでも驚きですが、なんと合格者のうち4名が東京大学医学部1名が京都大学医学部の試験を通過しています。

これだけの実績をあげているのは、九州・沖縄地方ではラサール高校をおいてほかにはありません。

そんなラサール高校ですが、実は2022年度の合格者数76名と比較すると、わずかに実績を落としてしまっています。

この事実から言えるのは、いかに全国トップクラスの名門校といえども、医学部受験では苦戦を余儀なくされ、そのため年度によって合格者数にもムラが生じてしまうということです。

したがって、医学部への合格率を少しでも向上させるためには、学校外における高密度な学習が必要不可欠です。

しかし、ラサール高校の生徒の方々の中には、学校の授業以外にも部活動や課外活動にも意欲的に取り組んでいる関係で、自習時間が取りにくいといった方がいるはずです。

もしくは、近くに適切な予備校が見つからず、学習の機会に恵まれないといったケースもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、近年大きな注目を浴びているオンライン予備校です。

オンライン予備校とは、その名が示すとおり、ネットを利用した授業を行う予備校のことで、自宅でも深い学びが得られることから、時間がない方や近所によい予備校が見当たらないといった方から、大変な人気を集めています。

次項では、このオンライン予備校で得られるメリットについて、具体的に説明していきます。

オンライン予備校も利用してさらなる合格率アップを目指そう!

先ほどお伝えしたとおり、ここではオンライン予備校の持つメリットについて取り上げていきましょう。

学校の授業を補強し、医学部合格の助けとなるメリットばかりですから、ぜひ参考にしてください。

自宅で本格的な授業が受けられる

前項でも軽く触れましたが、オンライン予備校の持つメリットとして、最も大きなものと言っても過言ではないのが、自宅に居ながら本格的な授業が受けられるといったものです。

このオンライン予備校で行われる授業は、一般的にスマホやタブレット端末、またはパソコンを通じて、講師とリアルタイムでコンタクトを取りながら行われます。

予備校の中には、ビデオ学習のみのところもありますが、現在トレンドになりつつあるのは、上で紹介したタイプの学習方法です。

この授業形態の利点は、対面授業と同じレベルの本格的な学習ができることから、高い集中力を維持したまま授業に臨めたり、いつでも質問ができるといった点にあります。

加えて、医学部受験に強いオンライン予備校を利用すれば、志望先に合わせた内容の授業をしてもらえるなど、学校の授業では補いきれないサポートも受けることが可能です。

また、オンライン予備校によっては中学生コースを設けているところもありますので、早い段階から医学部進学を目指している方にとっても、非常に相性のよいサービスと言えます。

人間関係の悩みから解放される

一般的な予備校の利用をためらう方の中には、人間関係で悩みたくないといった方も存在します。

たしかに、予備校には多くの受験生が集まるわけですから、必然的に人間関係が構築されます。

このような人間関係の中で、よき友人だけに恵まれれば勉強へのモチベーションも上がり、医学部進学へ向けて一気に前進できますが、そうでない友人に囲まれてしまう可能性も否定できません。

たとえば、予備校が終わり早く帰宅の途につきたいときに遊びに誘われようものなら、貴重な時間を無駄にしてしまいます。

このような友人に巡り合ってしまうと、誘いを断ってもどこか罪悪感が生まれてしまいますし、誘いに乗ってしまえば、それこそ医学部合格が遠のくばかりになってしまいます。

その点、オンライン予備校であれば、このような人間関係にまつわる問題に悩むことはありません

先述のとおり、自宅で授業を受けられますから余計な誘いを断る必要もなく、自分のペースで淡々と学習を進められます。

感染症のリスクを抑えられる

受験生の方にとって大敵となるのは、試験で課される問題だけとは限りません。

入試のシーズン真っただ中の時期は、インフルエンザを筆頭に様々な感染症も受験生の大敵となり得ます。

そのため、なるべく人混みは避け、病原菌やウィルスを自分から遠ざける努力が必要です。

こういった場合にも、オンライン予備校のメリットが受験生の支えとなってくれます。

オンライン予備校の授業は、その性質上、誰かと対面することがないため、第三者から病気をうつされる心配もありません。

したがって、感染症のリスクを最小限に抑えることができ、ひいてはコンディションを維持したまま受験に臨むことができます。

授業内容を何度でも振り返ることができる

オンライン予備校の授業は、自分の端末にて録画することで、何度でも振り返り学習をすることが可能です。

もちろん、すべてのオンライン予備校が対応しているとは限りませんが、しっかりしたサポートのある予備校であれば、授業を録画しておき復習に生かせるように配慮が行き届いています。

このような学習方法は対面式の予備校では不可能であり、まさにオンライン予備校ならではのメリットと言えるでしょう。

関連コラム

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

ラサール高校の驚異的な医学部への合格者数は、上でも解説したとおりです。

しかしながら、年度ごとに振り返ってみると2023年度には前年度と比較して、実績の低下が見られています。

つまり、このデータが物語るのは、いかに名門中の名門と称される高校であっても、医学部受験においては、安定した合格者数を確保することが困難であるこということです。

このことから、合格の可能性を高め無事に医学部進学をものにするためには、学校外における学習を充実させる必要があると言えます。

ただ、学校生活との兼ね合いや、よい予備校が見つからないといった事情から、個人レベルの自宅学習に終始せざるを得ない方もいるはずです。

そういった方におすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」のサービスです。

京都医塾オンライン校は、医学部受験の専門教育をネット上で提供し国立大学医学部、私立大学医学部、問わず毎年数多くの受験生を合格へと導いている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

当校自慢の高度な医学部受験の専門教育

あらためて説明するまでもありませんが、医学部受験で合格を勝ち取るためには、高度な専門教育が必要不可欠です。

京都医塾オンラインでは、この高度な教育を受験生の方々にご提供するために、一流大学出身の講師や、大学院にて知見を深めた講師ばかりを採用しています。

また、カリキュラムについても、ほかのオンライン予備校とは一線を画す、秘伝のものを使用。

受験生の入塾時の学力以外にも、潜在的な学力をも推し量って作られる、まさに世界でたった一つの特注品です。

したがって、受験生ご本人の実力や個性にマッチしたプランニングがなされ、志望校合格を一気に手元に引き寄せることができます

このように、当校では、一流の講師陣と秘伝のカリキュラムをもとに授業を行っておりますので、たとえオンライン授業であっても、医学部合格のために必要な学びが十分に得られます。

オンライン自習室の利用で自室が最高の学習環境に変化

多くの受験生にとって、自習は合否のカギを握る大切な要素の一つです。

しかし、受験生の方の中には、自室での学習がどうしても苦手という方がいることも事実ではないでしょうか。

そんな方のために、当校では、オンライン自習室をご用意して勉強の時間に充てていただいております。

このオンライン自習室の特徴は、音声が完全にミュート状態になっているうえに、顔などを一切映さない点にあります。

ほかのオンライン自習室のサービスの中には、音声などが発生するものもありますが、本校では静寂な環境でじっくり勉強に励んでいただくため、あえて上記のようなスタイルを採用するにいたりました。

自由な時間に全力集中しながら学習に向き合うことができるため、メリハリの効いた勉強につながると、受験生の方からは好評をいただいております。

関連コラム

今話題のオンライン自習室とは?向いている人と向いていない人の特徴を解説

長期休暇を利用した「オンライン京都留学」

京都医塾オンライン校では、長期休暇を利用した「オンライン京都留学」というサービスも実施中です。

このサービスは、実際に京都の校舎へ赴き、現地の受験生に混じりながら学習を進めていくプログラムですが、学習時間だけでなく起床時間や就寝時間まで、すべて校舎在籍の受験生と同じリズムで生活していただきます。

また、1日14時間もの学習時間を確保していますから、またとない濃密な毎日となるはずです。

このプログラムは一見して厳しいように感じられるかも知れませんが、「医学部受験で勝つためにはここまでやらなければいけないのか!」といったお声や、「学習の方法が分かった!」といった好意的なお声を多数ちょうだいしております。

あなたにとって必ず実りあるプログラムになるはずですので、当校へ入塾された際は、ぜひご参加くださればと思います。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

全国屈指の進学校として、その名を轟かせているラサール高校。

そんなラサール高校からは、例年多くの医学部の合格者が生まれていますが、合格者数には年度ごとにバラつきが見られます。

そのため、いかに名門校の受験生といえども合格を確実なものにするためには、一切の油断はできません。

学校での学習をきちんとこなすことはもちろんのこと、それ以外でも、良質な学習の機会を設けることが必要不可欠です。

しかし、課外活動との兼ね合いで時間が取りにくかったり、近場によい予備校が存在せず、個人レベルでの学習に終始せざるを得ない方もいるはずです。

そういった方におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験の専門教育をネット上で提供し国立大学医学部、私立大学医学部、問わず毎年数多くの受験生を合格へと導いている予備校です。

当校をご利用くだされば、時間の都合がつきにくい方や近所に予備校がない方であっても、医学部合格のために必要なすべての学習をご提供させていただきます。

本気で医学部合格を目指している方には、最先端のオンライン授業に絶対の強みを誇る、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

なお、当校では高校生の方だけでなく、中学生の方に向けたプランもご用意しておりますので、まずは無料の体験授業からご参加くださいますと幸いです。

皆様からのお問い合わせを、心よりお待ちしております。

高知県内に所在する数ある進学校の中でもトップクラスの実力を誇るのが、土佐高校です。

土佐高校では中高一貫教育を基本方針とし、学業成績を修めるほかにも自発性や責任感などの育み、総合的な人間力の向上に努めています。

今回の記事では、そんな土佐高校の基本情報に触れるとともに、医学部への合格実績や合格の可能性を高める方法を紹介していきましょう。

土佐高校の基本情報

まずは、土佐高校の基本情報から解説していきましょう。

上述のとおり土佐高校は中高一貫教育を旨とする学校で、その生徒数は中学生が770名高校生が900名在籍しています。

この土佐高校の強みは、なんと言っても個性を伸ばし自学自習の精神を高める、風通しのよい校風にあります。

また、志望校合格のための徹底した基礎固めや、柔軟なクラス編成による生徒へのサポートも、同校ならではの長所として大変な評判です。

さらに、土佐高校では積極的な海外研修も行っており、たとえばニュージーランドにおける研修では、ホストファミリーとの交流や語学教育の履修、歴史学習などを通じて、グローバルな視点を養います。

土佐中学校以外の学校からは入学できない?

県内有数の進学校である土佐高校ですが、実を言うと、土佐中学校の出身者以外にも門戸を開いています。

募集人員は約60名と決して多い人数ではないものの、中途入学ができる点は、他校の生徒にとっては大変なメリットのはずです。

入学後は同校専用の学寮である「向日寮」に入寮し、精力的に学業に励むことになります。

ちなみに寮費は、年間706,500円(部屋代、管理費、食費、光熱費等含む)となっています。

【2023年度】土佐高校からの医学部への合格者数

続いて、2023年度における土佐高校の医学部への合格実績についても見ていきましょう。

ここでは、国公立大学医学部への合格者数をベースに解説していきます。

土佐高校の上記年度における医学部への合格者数は、卒業生291名中21名という結果でした。

特筆すべきなのが高知県内の進学校としては唯一、京都大学医学部への合格者を2名も輩出していることで、同校の驚異的な実力をうかがい知ることができます。

ただ、残念ながら2022年度の合格者数33名と比較すると、全体的な落ち込みを見せており、今年度の挽回に期待が集まっています。

このように、名門校といえども年度によって医学部への合格者数にはバラつきが生じるため、進学を確実なものにするためには学校における学習以外にも、プラスアルファの努力が必要です。

そこでおすすめなのが、以前より注目を集め出しているオンラインによる学習方法です。

従来は学校以外での学習というと、対面式の予備校や塾への通学が主な選択肢でしたが、ネット環境の発達などにより、最近では自宅でもしっかり学べるオンライン予備校の人気が大きく高まっています。

次項では、このオンライン予備校を利用することで得られるメリットについて、詳しく解説していきましょう。

関連コラム

医学部に強い女子高はどこ?2024年度版の最新データを用いて徹底紹介!

オンライン予備校も併用すれば医学部への合格率が大幅アップ

さて、先ほどお伝えしたとおり、こちらの項ではオンライン予備校のメリットについて解説していきます。

現役の土佐高校の生徒の方はもちろん、他校から土佐高校への進学を考えている方、もしくは惜しくも土佐高校の受験で涙を飲んでしまった方にも有益な情報ばかりですので、ぜひ参考にしてください。

立地を選ばずハイクオリティな授業が受けられる

都市部に住む受験生と地方に住む受験生との間で生じる格差の一つが、利用できる塾や予備校の総数です。

これらの教育施設は都市部に集中しているケースが多く、地方の受験生にとっては、ときとして大きなハンデとなってしまいます。

また、仮に近場に塾や予備校が存在していたとしても、医学部のような難関学部への受験指導を行えるだけの実力を有しているとは限りません。

このことから、従来の医学部入試では、どうしても都市部の受験生にとって有利な状況が、生まれやすい構造ができていました。

しかし、近年になって登場したオンライン予備校が、この状況を一変させようとしています。

オンライン予備校では、その名のとおり、授業はすべてネット上で完結するため立地に左右されず、全国どこにいても高品質なサービスが受けられます

そのため、上記のような教育機会のギャップを簡単に乗り越えることができ、地方在住の受験生でも、都市部の受験生と対等の学びを得ることが可能です。

学校の授業と併用することで、医学部合格の可能性を飛躍的に高められますので、受験勉強の選択肢の一つとして、ぜひ検討してみてください。

オンライン自習室で快適な学習空間を確保できる

多くのオンライン予備校では、オンライン自習室というサービスを、講師による授業サービスとセットで提供しています。

このオンライン自習室とは、ネット上における仮想の学習空間で勉強ができるサービスのことで、不特定多数の人たちとつながりながら学習を進めていくことが可能です。

そのため、たとえ自室での受験勉強であっても常に誰かの雰囲気を感じとることができ、実際の自習室にいるときと同じように学習に集中することができます。

移動時間が削減されるため勉強時間が増加する

受験の合否に人生がかかっている受験生にとって、時間はまさに命そのものです。

とくに医学部の受験で勝ち抜くためには膨大な学習量を必要としますから、時間のやり繰りには一般的な学部の入試よりも、なおさらシビアにならざるを得ません。

オンライン予備校は、そんな受験生たちの時間のやり繰りを助けてくれる、心強い味方です。

たとえば、通常の塾や予備校では、通学までの移動時間が発生してしまいます。

そのため、本来なら学習に充てられていたはずの時間が、単なる移動のための時間に置き換わってしまいます。

難関学部の受験を控えている方々にとって、このことは見過ごせない要素と言えるでしょう。

一方で、オンライン予備校であれば、上でもお伝えしたとおり自宅での学習が可能ですから、わざわざ通学する必要がありません。

したがって、本来なら通学のための移動で浪費していた時間を、学習へと充てることができ、合格の可能性をアップさせる一助となってくれます。

最新の受験情報を受け取れる

医学部の入試で勝利するためには、十分な学習時間はもとより、最新の受験情報も逐一チェックしておく必要があります。

なぜなら、医学部の受験では、学生の募集枠の撤廃や新設、募集人員の増減、さらには試験科目や配点の変更が頻繁に行われるからです。

また、私立大学医学部を受験する場合には、各校ごとの出題傾向に対応した学習をしておく必要もあります。

このことから、医学部受験は情報戦の側面も持ち合わせているとも言えるわけですが、上記のような情報を個人レベルで収集していたのでは、時間の浪費を招いてしまいます。

このような局面でも強みを発揮してくれるのが、オンライン予備校です。

オンライン予備校では学習面のサポートはもちろんのこと、受験生の志望先に合わせて必要な情報もきちんと提供してくれます

そのため、自分で情報を獲得しに行く時間を受験勉強のひと時に充てられ、医学部合格をグッと手元に引き寄せることができます。

関連コラム

今話題のオンライン自習室とは?向いている人と向いていない人の特徴を解説

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

あらためて言うまでもありませんが、医学部受験では強力なライバルたちとの激戦に勝利する必要があります。

そのため、いかに名門たる土佐高校の生徒といえども、苦戦をしいられることは避けられません。

したがって、合格のためのキーポイントとなるのが、学校外での勉強時間をどれだけ充実させられるかということですが、近場に塾や予備校がなく、悩んでいる方も多いはずです。

また、仮にあったとしても、医学部受験には対応していないといったケースも考えられます。

このことから、土佐高校の受験生の方や現在、同校の中等部に所属している方の中には、オンライン予備校を利用して、合格の可能性を大きく向上させたいと検討している人も、いるのではないでしょうか。

そういった方々の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、独自の授業スタイルや優れたカリキュラムを武器に、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと導いている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の教育内容などについて紹介していきましょう。

2台のタブレットを使用した当校独自の双方向授業

オンライン授業の形式には様々なものがありますが、当校では学習パフォーマンスを最大化させるための取り組みとして、独自の双方向授業を取り入れています。

この双方向授業を行うにあたっては、2台のタブレットを使用しますが、1台目のタブレットには講師の姿と板書の内容が映し出されます。

講師と板書内容が一つの画面上に映し出すことで、ライブ感がより高められますから、本物の授業に引けを取らない本格的な学習体験が可能です。

また、2台目のタブレットには、受験生の方の書き取り用に使用していただいております。

タブレット上に板書内容がリアルタイムで反映されますので、重要事項のメモにお使いください。

なお、この2台目のタブレットの内容については講師側でも常時、共有をしています。

そのため、授業の間であっても直接アドバイスを受けることができ、オンラインの特性を生かした高効率な学習を体験できます。

学校生活と両立可能なカリキュラムをデザイン

現役生の方にとって、大学の試験を乗り越えるための課題となるのが、学校生活と受験勉強をいかにして両立させていくかということです。

受験勉強だけに打ち込んでいては、部活動やその他の課外活動など、高校生活でしか味わえない青春の楽しみを逃してしまいます。

反面、部活動などに注力しているだけでは、肝心の勉強がおろそかになり、落第の危機に瀕してしまうことは言うまでもありません。

そこで、京都医塾オンライン校では、受験生一人ひとりの事情に合わせた柔軟なカリキュラムを作成し、授業を行っています。

たとえば、部活動を行っている方へのカリキュラムでは、土曜日や日曜日は少し軽めの授業内容に変更するなどして、無理なく両立できるように対応しています。

また、中学生の方へのカリキュラムにおいても、同じように臨機応変な対応をしておりますので、安心してお申込みください。

オンライン三者面談で保護者様へ定期報告も実施

京都医塾オンライン校では、保護者様への配慮も忘れることはありません。

本校では、大切なお子さまの将来を預かっているわけですから、ご両親への定期報告は当然の義務と考えています。

この定期報告は、オンラインによる三者面談という形で行われますが、お子さまの学習の進捗状況や成績資料、学力分析、そして担当講師からのコメントなど、様々な事項を詳細に報告させていただきます。

また、保護者様のご希望によっては直接、京都までお越しいただいての面談も可能です。

基本はオンライン上での面談となりますが、対面での面談をご所望の方も歓迎してお迎えしておりますので、ご要望があればお気軽にお申し付けください。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

高知県を代表する進学校である土佐高校からは、例年多くの医学部生が生まれています。

しかしながら、医学部受験は全国屈指の秀才との競争に勝たなければ、合格の切符を得ることはできません。

そのため、いかに名門たる土佐高校の生徒であっても、学校外での勉強時間を充実させ、少しでも実力を高める必要があります。

このことから、土佐高校の受験生の方や現在、同校の中等部に所属している方の中には、オンライン予備校を利用して、合格の可能性を大きく向上させたいと検討している人も、いるのではないでしょうか。

そういった方々の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、独自の授業スタイルや優れたカリキュラムを武器に、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと導いている予備校です。

当校へおいでくだされば、医学部合格のために必要なすべての学習を提供し、夢の実現までの徹底ガイドをさせていただきます。

本気で医学部合格を目指している方には、理想的な支援で受験生を最後までリードする、京都医塾オンライン校がうってつけです。

ご入校の相談やご不明点のお問い合わせは、フリーダイヤル(0120-546-747:10時から21時30分)にて年中無休で承っておりますので、お気軽にお電話ください。

四国地方の各県には、それぞれ医学部が設置されています。

受験生の方の中には、いずれかの県の医学部を目指している方もいるはずですが、合格をより確実なものにするためには、志望校の情報をきちんと収集しておく必要があります。

また、それと同時に、希望している医学部の難易度に見合った受験対策を行っていくことも重要です。

そこで今回の記事では、四国地方の医学部を目指している受験生の方へ向けて、それぞれの県に所在する医学部の解説を行うとともに、有効な受験対策の方法についても紹介していきましょう。

四国地方の医学部設置校は合計で4校

四国地方には、徳島県と高知県、愛媛県、そして香川県の4県がありますが、各県に1つずつ国立大学医学部が設置されています。

名称は、それぞれ徳島大学、高知大学、愛媛大学、香川大学です。

一方で、残念ながら私立大学医学部や公立大学医学部は存在しないため、受験の際には上記、4つの国立大学医学部が選択肢となります。

四国地方に所在する国立大学医学部

四国地方に設けられている医学部は、前述のとおり、全部で4校となっています。

こちらの項では、これら4校の医学部の特徴や強みなどについて解説していきましょう。

徳島大学医学部

徳島大学医学部は、2023年に創立80周年を迎えた医学部です。

同医学部では、この長い歴史の中で培ってきたノウハウをもとに、独自のカリキュラムを作成し、学生の指導にあたっています。

とりわけ特徴的なのは、スキルラボ備え付けの機器で行う、シミュレーション教育です。

このシミュレーション教育は4年次に行われるプログラムですが、臨床実習に先駆けて基本的な診療技能が学べるとあって、学生からも好評です。

また、研究医の輩出にも果敢に取り組んでおり、希望する学生には1年次のうちから専用のコースで、最先端の医学研究に触れる機会を与えています。

高知大学医学部

続いて、高知大学医学部の特徴や強みについても見ていきましょう。

高知大学医学部では、とりわけチーム医療教育に熱心にあたっています。

たとえば、2年次から4年次の間に行われる「統合医学コース」では、チーム基礎型学習(TBL;Team Based Learning)を深く学んでいきます。

チーム基礎型学習とは、もともとはアメリカで発祥した学習方法の一つで、チームで協働することの重要性や、個人の責任を認識させるトレーニングです。

高知大学医学部は、日本で初めてこの学習方法を導入し、知識の応用と能動学習を組み合わせた教育を実践してきました。

さらに、「先端医療学コース」では、医学研究を中心とした授業を通じて研究に必要な基本的な知識を学ぶとともに、研究成果の論文を国際的な舞台で発表するなど、様々な角度から研究分野を学習します。

愛媛大学医学部

次に紹介する愛媛大学医学部の特徴や強みは、なんといっても同大学医学部が独自に実施している、「コアカリキュラム」です。

このコアカリキュラムは、国で定めている正規のカリキュラムに愛媛大学医学部がオリジナルの教育課程を盛り込んだもので、全カリキュラムの3割以上のウェイトを占めています。

そんなコアカリキュラムでは、学外連携病院での臨床実習や海外臨床実習、医科学研究などを行っています。

とくに、医科学研究には大きな強みを発揮しており、全国規模の大学コンテストでも上位入賞を果たす成果を残してきました。

また、女性の学生が多いことも特徴の一つで、2023年度の割合は41.8%となっており、全国的に見ても高い数字とされています。

香川大学医学部

最後に紹介する香川大学医学部は、研究分野と臨床分野で活躍できる「二刀流医師」の育成に特段の意欲を見せている医学部です。

同大学医学部では、上記医師の育成のために低学年次から、研究と臨床の両方の分野を学ばせていきます。

この教育方針のもとでは、

✓早期医学実習

✓基礎医学

✓医科学研究

✓プロフェッショナル教育

✓統合講義

✓医学実習

の6種類の学習過程を基本柱にしたプログラムが実行されていますが、どの学習過程も深い学びが得られるとあって、学生の間でも大変人気です。

関連コラム

関東の医学部代表例5校|偏差値と合格難易度・特徴を解説

オンライン予備校なら四国の医学部の受験対策もバッチリ

上でも紹介したとおり、四国に所在する医学部はどこも個性的、かつ実践的な医療教育を施してくれるところばかりです。

しかし、これらの医学部へ合格するためには、試験をパスするための高い学力を、きちんと身につけておかなければなりません。

しかし、地方には都市部ほど専門的な予備校がなかったり、交通網の整備が遅れていて、予備校への通学に時間がかかったりといった、様々な不都合が生じています。

そのため、医学部の受験生の方の中には、予備校を利用する意思はあるものの、どうしても通うことができないといった方もいるはずです。

そういった人におすすめなのが、こちらの項で紹介するオンライン予備校です。

オンライン予備校とは、その名のとおり、インターネットを使用して授業を行う形式の予備校を指しますが、その利便性が話題となり現在、大きな注目を集めています。

そこで本項では、このオンライン予備校の持つメリットについて3点取り上げてまとめました。

地方在住でも全国クラスの講師の授業が受けられる

オンライン予備校が、インターネットを使用した授業スタイルの予備校であることは、前述のとおりです。

したがって、この特性を生かすことで、地方在住の受験生の方であっても手軽に授業を受けることができます。

また、オンライン予備校の中には医学部受験を専門としているところもありますが、そういった予備校に在籍している講師は、全国クラスの優秀な講師ばかりです。

このようなオンライン予備校を利用すれば、どこの都道府県にいても高品質な授業が受けられますから、医学部入試を突破するだけの実力を十分に養うことができます。

学校生活との両立も可能

現役の受験生の方が医学部の試験に挑むにあたって大きな課題となるのが、受験勉強と学校生活をどのように両立させるかということです。

高校生活においては、授業以外にも部活動や委員会活動など様々な活動を行いますので、高卒生のような長時間の学習時間は確保できません。

そのため、きちんとした学習計画を立てる必要がありますし、時間をより有効に活用する必要もあります。

このようなケースでも強みを示してくれるのが、オンライン予備校です。

なぜなら、多くのオンライン予備校では単に授業を行うだけでなく、カリキュラムの策定もサービスの一環として行ってくれるからです。

とくに、高校生コースを設けているオンライン予備校であれば、部活の時間などに配慮しながら、本人の都合に見合った時間割を作ってもらえます

また、オンライン予備校は、その性質からわざわざ施設へ通学する必要もありません。

したがって、本来なら移動時間で消費していた時間を勉強に充てることができ、高効率な学習に結びつけることができます。

費用を抑えることができる

オンライン予備校のメリットの一つとして、対面式の予備校よりも費用を抑えられるといったものもあげられます。

対面式の予備校の場合、企業側は施設を確保したり、光熱費を支払ったりしなければいけません。

このことから、授業料がどうしても高くなってしまいがちです。

しかし、オンライン予備校の場合、企業側の出費は最小限ですむため、安価な授業料でもサービスを提供することができます

また、受験生の視点に立ってみても、上述のとおり通学の必要がないことから交通費の節約が可能になり、さらに費用を抑えることができます。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

四国地方には各県に医学部が設けられていますが、先に言及したとおり、4つの国立大学医学部しか存在しません。

都市部では国立、公立、私立の医学部という豊富な選択肢がありますが、四国地方の場合は事情がまったく異なります。

そのため、募集人員にも大きな限りが生じ、ただでさえ苛烈な争いとなる医学部受験に拍車がかかることは、容易に想像がつきます。

このことから、四国地方の医学部を志望している受験生の方の中には、優れた予備校のもとで学習を続け、合格のために必要な学力を養いたいと考えている方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は元来、一般的な予備校として活動してきた京都医塾が、受験ノウハウをさらに多くの方にお届けするために開校した予備校です。

合格実績についても堅調で国公立大学医学部、私立大学医学部問わず、毎年たくさんの医学部合格者を輩出しています。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

臨場感バツグンのリアルタイム授業

オンライン授業をより充実したものにするためには、臨場感が欠かせません。

なぜなら、臨場感がない授業では講師との距離感が生まれてしまい、授業への集中力へ悪影響を及ぼす可能性があるほか、学習のモチベーションの低下を招いてしまうからです。

そのため京都医塾オンライン校では、独自の指導スタイルを取り入れて、臨場感バツグンのリアルタイム授業を提供しております。

この授業は、2台のタブレットを利用して進めていくものですが、1台のタブレットは受験生の方のメモ用に使われます。

そして、もう1台のタブレットには講師と板書内容が表示されますが、講師の身振りや手振り、表情が細かく伝わるように工夫されており、本物の授業と遜色のない臨場感を味わうことが可能です。

驚異的な学力の伸長を促すオーダーメイドカリキュラム

京都医塾オンライン校では、受験生の方が入塾された際、実力検査やヒアリングなどを通じて、その方だけのカリキュラムを作成します。

これは、「オーダーメイドカリキュラム」と呼ばれるものですが、名前のとおり、オーダーメイドで作成しますので、世界に二つとして同じものは存在しません。

そのため、完全にその方のためだけの内容となっており、志望校合格までのプランニングが明確化された時間割が組まれています。

最短距離で合格までの道のりを突き進みたいという方は、当校のカリキュラムのもとで、ぜひ学習に励んでみてください。

まずは無料の体験授業にご参加ください!

オンライン授業は、一般の受験生の方々にとっては、まだまだ馴染みの薄いサービスかも知れません。

したがって、「本当にスマホやタブレットの学習で大丈夫なのかな」といった意見をお持ちの方も多いはずです。

そこで京都医塾オンライン校では、そういった懸念の声にお応えするために、無料の体験授業をご提供する機会を設けています。

この体験授業では、当塾自慢のプロ講師によるマンツーマン授業が受けられるほか、学習システムのご紹介などをさせていただいております。

「本物」のオンライン授業を体験できるまたとない機会となっておりますので、少しでも興味のある方は、奮ってお問い合わせください。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

四国地方には各県に1つずつ、合計で4つの国立大学医学部が設けられています。

しかし、残念ながら、公立と私立大学の医学部は存在しないため、上記4つの選択肢の中から志望校を選ばなければなりません。

そのため募集人員にも大きな限りがあり、ただでさえ激戦となる医学部受験がさらに過酷なものになることは、容易に想像がつきます。

このことから、四国地方の医学部を志望している受験生の方の中には、優れた予備校のもとで学習を続け、合格のために必要な学力を養いたいと考えている方も、多いのではないでしょうか。

そういった方々の心強い味方となるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は元来、一般的な予備校として活動してきた京都医塾が、受験ノウハウをさらに多くの方にお届けするために開校した予備校です。

私たちに受験の指導を任せてくだされば、医学部の狭き門を突破可能な学力を備えることも、決して不可能ではありません。

本気で医学部合格を目指している方には、独自のオンライン教育にたしかな自信を持つ、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求や入塾のご相談は、メールやお電話にて年中無休で承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせてください。

通信制高校を利用している方々の中にも、医師への憧れを持つ人は少なくないはずです。

医師と言えば、社会的地位が高く収入も安定しているうえに、何よりも人命を救うという尊い職責を担うわけですから、強い憧れを抱く人がいても、まったくおかしくありません。

しかし、そんな医師になるためには医学部へ進学する必要がありますが、国内有数の難関学部であることから、一般的な学習方法ではとても太刀打ちできません。

ましてや、全日制よりもサポートが薄い通信制高校では、さもありなんといったところでしょう。

そこで、おすすめなのがオンライン授業を駆使した学習です。

昨今、注目を集めているオンライン授業では、非常に高品質な授業を受けられることから、たとえ通信制高校からでも医学部合格を勝ち取ることは十分可能です。

今回の記事では、通信制高校から医学部合格を目指す方々へ向けて、オンライン授業の持つメリットを5点取り上げて紹介していきましょう。

通信制高校の授業形態

まずは、通信制高校の授業形態について軽く振り返っていきましょう。

通信制高校の授業形態の大きな特徴の一つとしてあげられるのが、通学をせず基本的に自宅で学習を行うという点です。

この自宅での学習では、一般的な教材を使うこともありますが、ビデオによる授業を受けることも少なくありません。

もちろん、まったく学校に行かないということはありませんが、自習がメインになるため、登校が苦手な方にとっては非常に助かる制度です。

このように、通信制高校の授業では自宅における学習が主軸となることから、オンライン授業とも相性がよいことがわかります。

通信制高校からの大学進学者は少数

通信制高校から医学部を目指す人たちの中には、進学率の現状について気になっている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、その疑問に対する答えを、文部科学省が公表している資料「高等学校通信教育の現状について」を参考にして、紐解いていきます。

この資料の中では2020年5月1日時点での、通信高校から大学へ進学した人の割合が示されていますが、その数値は17.6%となっています。

全日制高校の進学率56.5%と比較すると、いかに通信制高校から大学へ進学するのが厳しい状況にあるのかが、見て取れるはずです。

もちろん、通信制高校の中には、大学進学に重点を置いた教育を施しているところもありますが、全体的な数字を見る限りでは、逆境に立たされているといっても過言ではありません。

通信制高校から医学部合格は可能?

通信制高校から大学へ進学する人の割合は、上述したとおりです。

全日制高校と比べると大きく水をあけられている点から鑑みても、いかに通信制高校から大学へ進むのが難しいかが理解できたはずです。

しかし、だからといって諦める必要はまったくありません

通信制高校には、全日制高校に比べて、時間の使い方に融通がきくという大きなアドバンテージがあります。

このアドバンテージを生かして予備校などを上手に利用することで、医学部などの難関学部であっても合格の射程内におさめることが可能です。

しかしながら、通信制高校の受験生の方によっては、近場に予備校が存在しなかったり、通学することに抵抗感を覚えたりする人もいるのではないでしょうか。

そういった方には、冒頭でも軽く触れたオンライン授業がとても好相性なものとなっています。

次項からは、このオンライン授業を、通信制高校の受験生が利用するメリットについて解説していきましょう。

関連コラム

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

通信制校高校の受験生がオンライン授業を受ける5つのメリット

さて、ここからは先ほどお伝えしたとおり、通信制高校の受験生がオンライン授業を受けるメリットの解説に移っていきます。

どの項目もオンライン授業が持つ優れたメリットばかりですので、ぜひ参考にしてください。

専門の講師から授業が受けられる

通信制高校の受験生だけに限ったことではありませんが、医学部へ進学を果たすためには、難解な問題へ対応できるだけの高度な教育を受ける必要があります。

そのため、高校から与えられる課題だけでは、お世辞にも十分とは言えません。

このことから、医学部の受験生の多くは予備校へ通い、専門の講師から授業を受けるわけですが、昨今では、ネットの発達によりオンライン上でも良質な授業が受けられるようにもなりました、

スマホやタブレット、パソコンなどを通じて、医学部受験の専門講師から指導を受けられるようになったのは、オンライン授業が持つ大きなメリットの一つです。

大学受験に特化したカリキュラムが用意されている

上述したとおり、医学部の合格を勝ち取るためには難問を正答していくだけの、実力を身につけなければなりません。

この実力を身につけるためのプロセスですが、通信制高校のサポートで、適切な道筋を示してもらうことは困難と言えます。

そのため、自分自身で学習計画を立てて、カリキュラムを作成する必要に迫られますが、思うようにいかない場合がほとんどです。

その点、オンライン授業のサービスを利用すれば、その人に適したカリキュラムを提案してもらうこともできます

単純に授業を教わるだけでなく、合格までのプランニングもしてもらえる点は、受験生にとって大きな一助となるでしょう。

これまでの学習環境と同様の環境で勉強が進められる

通信制高校から医学部受験を試みる方々にとって、学習環境の変化は肉体的にも精神的にも負担になるはずです。

自宅での学習がメインの通信制から予備校への通学となると、先述したとおり、抵抗感を覚えてしまう人もいるでしょう。

その点、オンライン授業では自宅にいながらにして学習を進めていくことができるため、これまでと同様の環境で、医学部の受験勉強を進められます

学習環境の変化は、多くの人にとって大なり小なりストレスの原因となり得ますので、そういったリスクから解放されることもオンライン授業が持つ、多大なるメリットと言えます。

予備校に通うよりも費用が抑えられる

予備校などを利用する際の大きな関心事の一つとなるのが、そのサービスの利用料金ではないでしょうか。

あまりに高い料金では、費用が捻出できず諦めざるを得ないケースもあるでしょう。

とくに対面式の授業の場合、企業側も教室の確保などの投資を行っていますから、そういった費用が授業料にのしかかってきます。

しかし、オンライン授業の場合、企業側の投資金額も抑えられるため、自ずと利用料金も低いものに設定されやすくなります

もちろん、ひと口にオンライン授業と言っても、プランによって料金の変動はありますので、事前に相場などをチェックしておき、予算に合致したところを選ぶようにしてください。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

メンタルサポートが受けられる

受験生の多くにとって大敵となるのが、精神面における不調です。

受験シーズンは長期戦をしいられることになりますが、その中で、ふとしたことでメンタルが落ち込んでしまうなどの、トラブルに見舞われることも少なくありません。

こういった際に、優れたオンライン授業を提供している予備校であれば、メンタル面のサポートもきちんと受けられます。

カウンセリングなどを定期的に行い、受験生ならではの各種悩みを取り除いてくれますので、安心して医学部受験の学習を進めることが可能です。

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

通信制高校から医学部を目指す人にとって大きな問題となるのが、いかにして良質な学習を受けられる体制を確保するかということです。

上で述べた通信制高校の進学率を見てもわかるとおり、大学へ進むための道のりは一筋縄ではいきません。

したがって、通信制高校から医学部合格をもぎ取るためには、非常に高度な学習を受けられる環境を得る必要があります。

そのため、通信制高校の受験生の方々の中には、優れたオンライン授業を提供してくれる予備校を探している方も、多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、オンラインならでは強みを余すところなく駆使して、医学部受験のサポートを徹底的に行っている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の魅力について紹介していきましょう。

デジタルノートの強みを最大限に生かした授業

京都医塾オンライン校の授業では、2台のタブレットを使用しながら授業を進めていくのが特徴です。

1台目のタブレットには、講師の姿と板書した内容が映し出され、講師の声とともに身振りや手振りを交えながら授業の内容が伝えられます。

一方、2台目のタブレットは、講師の板書内容と受験生用のノートが一つに合体したものとなっていますが、この「合体」している点が、デジタルノートならではの強みとして生きてきます。

一般的なノートでは、黒板と受験生のノートが物理的に分離しているため、完全に一つのものとしてまとめあげることができません。

しかし、デジタルノートを用いた場合、上述のとおり板書内容と受験生がノートで書き取った内容が一体化しているため、講師と二人三脚で最高のまとめノートを作り上げることができます

また、デジタルノートの特性として、リアルタイムによる双方向の書き込みが可能になっている点も、見逃せない強みとしてあげられます。

受験生の書き込みに対し、講師が瞬時に反応することができますから、添削やアドバイスについても、対面授業のときよりもスムーズに行えるケースが少なくありません。

タイマー付きのオンライン自習室で高効率な学習を実現

オンライン学習を続けるうえで重要となるのが、オンライン自習室の存在です。

なぜなら、通常の自宅学習では気が緩みがちになってしまう人でも、オンライン自習室を利用することで気持ちを切りかえることができ、机に向かえるようになるからです。

京都医塾では、このオンライン自習室による学習をより充実させていただくために、タイマーを用いた学習を推奨しています。

タイマーに設定されている時間は90分となっておりますが、これは当塾の1コマの授業時間をあらわしたものです。

また、このタイマーには経過時間と同時に、今はどの単元に取り組む時間かが表示されており、受験生のペースメーカーの役割も果たすようにも設定されています。

そのため、自習時間でも高効率な学習を実現でき、十分な学力の向上が期待できます。

オンラインによる三者面談を定期的に実施

多くの保護者様にとって、お子さまの学習状況は常に気がかりなものです。

医学部受験は、ご子息・ご息女の将来がかかったライフイベントの一つですから、心配になったり、不安な気持ちが生じたりしても不思議なことではありません。

そこで京都医塾では、オンラインによる三者面談を定期的に行い、保護者様へお子さまの成績資料などを提示させていただいております。

また、担当講師による今後の学習方針のアドバイスや、受験にまつわるその他のアドバイスなども行いますから、総合的な見地からお子さまの状況を把握することが可能です。

このように、当塾ではたとえオンラインとは言えども、いえ、オンラインだからこそ、しっかりと保護者様への状況報告をしなければいけないと判断し、つまびらかに情報提供を行っています。

関連コラム

京都医塾オンライン校とは

まとめ

通信制高校から医学受験を試みるにあたっての大きな課題の一つが、いかにして良質な学習環境を確保するかという点です。

通信制高校からの大学進学率はすでに述べたとおりですが、データを読み解く限り、上位の教育機関へ進むためには、相当な努力と高品質な受験勉強が必要であることがわかります。

そのため、通信制高校の受験生の方々の中には、優秀なオンライン授業を提供してくれる予備校を探している方も、多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、オンラインならでは強みを余すところなく駆使して、医学部受験のサポートを徹底的に行っている予備校です。

当校に学習指導を任せてもらえれば、医学部受験のすべてを知り尽くしたノウハウで、きっとあなたを合格へと導いてみせましょう。

本気で医学部合格を目指す人には、最高のオンライン授業に絶対の自信を誇る、京都医塾オンライン校がうってつけです。

資料請求やお電話、メールでのご相談は随時承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。