index.php

現代における予備校事情は、大きく様変わりしています。

その変化の象徴の一つしてあげられるのが、インターネットを利用した映像授業です。

映像授業とは、その名のとおり、ネットを仲介して映像による授業を提供するサービスですが、近年、その利便性が大きな注目を集めています。

そして、この映像授業にはオンデマンド型のものと、ライブ配信型の2種類が存在しますが、受験生の方の中には、どちらが自分に向いているのが思案している方もいるはずです。

そこで今回の記事では、双方の映像授業のメリットとデメリット、さらには費用相場について解説していきます。

オンデマンド型の映像授業のメリット・デメリット

まずは、オンデマンド型の映像授業のメリットとデメリットについて、解説していきましょう。

メリット

オンデマンド型の映像授業は、主に講師による授業が録画されたビデオを視聴しながら、勉強を進めていくタイプのサービスです。

そのため、場所にも時間にも縛られることなく、任意のタイミングで学習と向き合うことができます

また、ビデオ学習という性質上、オンデマンド型の映像授業では、カットごとに視聴したい部分だけをサーチして学ぶことも可能です。

もちろん巻き戻しもできますから、聞き逃した部分があれば、すぐにさかのぼって勉強をし直すことも手軽にできます。

デメリット

オンデマンド型の映像授業のメリットに続いて、デメリットの方も確認していきましょう。

オンデマンド型の映像授業のデメリットとして、よくあげられるのが、学習のタイミングが受験生一人ひとりに委ねられるため、ついつい怠けてしまうことです。

人間の脳は基本的に怠けものですから、必要性がない限りはエネルギーを温存しようとします。

そのため、自ら学習に向き合うためには強い意志力が必要となります。

このことからオンデマンド型の映像授業では、学習態度が受け身の方にとっては、いつまでたっても学力の向上が望めず、結果として落第の可能性が高まってしまいます。

「自分の意志力だけでは、集中して勉強に取り組めないかも知れない」

そんな心配を抱いている受験生の方は、後述するライブ配信型の映像授業の方を検討してみてもよいでしょう。

オンデマンド型の映像授業の費用相場

オンデマンド型の映像授業を利用するにあたっては、費用相場も確認しておきたいところです。

オンデマンド型の映像授業の費用相場は、月謝タイプのサービスと講座タイプのサービスで別れるのが一般的です。

月謝タイプのサービスでは、一カ月あたりの費用相場は、およそ1,000円から5,000円程度とされています。

一方で、講座タイプの映像授業のサービスは、受講する講座の数や回数、契約期間によって料金に差が生じます。

一般的には、1講座あたり8千円から数万円となり、月謝型の映像授業よりも若干高額になるのが特徴的です。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

ライブ配信型の映像授業のメリット・デメリット

続いて、ライブ配信型の映像授業のメリットとデメリットについても解説していきましょう。

メリット

まずは、メリットの方から解説していきます。

本項では、ライブ配信型の映像授業の持つメリットの中でも主だったものを、2点取り上げてまとめました。

対面式の授業と遜色ないサービスが受けられる

ライブ配信型の映像授業では、リアルタイムによる双方向授業が基本になります。

しがたって、学習姿勢が受け身になってしまうことはありません。

また、画面越しといえども、講師と向き合いながら授業を進めていくことができるため、対面式の授業と遜色のない学びが得られます。

さらに、ライブ配信型の映像授業では、上述のとおりリアルタイム、かつ双方向の学習となりますから、いつでも講師に質問することもできます。

そのため、授業中の疑問点を即座に尋ねることができ、高効率な学習に結びつけることが可能です。

このようなメリットは、インターネット時代の最新型学習スタイルならではのものと言えます。

学習の習慣化を図りやすい

ライブ配信型の映像授業では、予備校側でカリキュラムを提案してくれることが少なくありません。

そのため、あらかじめ決められた授業時間に机に向かう必要があるため、学習の習慣化につながりやすくなります。

受験で受かるための絶対条件の一つとして、学習の習慣化はひきあいに出させるケースが多く見られますが、ライブ配信型の映像授業を受けることで、スムーズに習慣化を図ることができます。

上でもお伝えしたとおり、オンデマンド型の映像授業スタイルでは受験生に学習のタイミングを任せてしまうため、学習の習慣化は本人次第となりますが、ライブ配信型の映像授業では、容易にこの目的を達成することが可能です。

デメリット

次に、デメリットの方も確認していきましょう。

ライブ配信型の映像授業のデメリットとしてあげられるのが、オンデマンド型の映像授業と比較して料金が高くなりやすいというものです。

ライブ配信型の映像授業では、より良質な学びを提供するために様々な投資を行っているため、オンデマンド型の映像授業と比較するとどうしても授業料が高くなってしまいます。

しかし、先述のとおり、ライブ配信型の映像授業は最先端の学習スタイルです。

旧来型のオンデマンド型の映像授業では得られなかった多くの学びが得られますので、支払った料金以上のリターンが期待できるということは言うまでもありません。

ライブ配信型の映像授業の費用相場

ライブ配信型の映像授業が、オンデマンド型の映像授業よりも高くなりやすいことは、上でもお伝えしたとおりです。

では、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

ライブ配信型の映像授業の費用相場は、一カ月あたり45,000円から100,000万円程度の範囲に設定されているのが一般的です。

オンデマンド型の映像授業よりも高めの費用相場となりますが、上述のとおりライブ配信型の映像授業では、オンデマンド型の映像授業よりも高品質な学習体験が得られます。

そのため、大学受験に確実に合格したい方やより良質な学びを重視する方には、ライブ配信型の映像授業の方が向いていると言えます。

関連コラム

お金がない人でも医学部は目指せる!予備校など様々な切り札を徹底紹介

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

オンデマンド型の映像授業とライブ配信型の映像授業のメリットやデメリット、費用相場については、ここまで見てきたとおりです。

双方のサービスには一長一短がありますが、より高品質な学習機会を得ようとするのであれば、やはりライブ配信型の映像授業を選ぶのが得策です。

ライブ配信型の映像授業であれば、対面式の授業と同等の学びが得られますし、何よりも今後の技術の進化によってはさらなる高効率な学習も期待できます。

そのため受験生の方の中には、今後のことも見据えて、ライブ配信型の映像授業を検討中の方も多いのではないでしょうか。

そういった方におすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、最新鋭の技術を用いたライブ配信型の映像授業を駆使して、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと羽ばたかせている予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の魅力について紹介していきましょう。

臨場感を重視したライブ配信授業

上述のとおり、京都医塾オンライン校ではライブ配信型の授業形態を採用して、受験指導を行っています。

そんな当校のオンライン授業の特徴には、臨場感をことさら重視している点があげられます。

なぜ臨場感を重視するかというと、対面式の授業と同等の品質の学びを受験生の方々へお届けするためです。

しかし、臨場感を重視した取り組みは、ほかの予備校でも行っているサービスです。

そこで京都医塾オンライン校では、差別化を図るとともに、より深みのある学習時間を得ていただくために、2台のタブレット端末を利用した授業を実践しています。

それぞれの端末には役割があり、1台目のタブレットには講師の姿と板書が映し出されます。

そして、2台目のタブレットは受験生の方々のノート用としてお使いいただきます。

このように、あえて2台のタブレットに役目を割り振ることで、片方の端末には実際の授業と同じ様子が映し出され、リアリティに満ちた臨場感を味わうことができるのです。

集中して学習に取り組めるオンライン自習室を完備

医学部合格のための学習を効率よく進めていくためには、集中力を維持できる環境が必要不可欠です。

しかし自宅での学習では、どうしても怠け心が生まれてしまうといった方も、いるのではないでしょうか。

そういった方のモチベーション維持に貢献すべく、京都医塾オンライン校では、オンライン自習室を完備して対応しております。

こちらのオンライン自習室は特製のアラーム機能が付与されており、自習室の利用中はカウントダウンが自動的に行われるため、机に向かうための意欲が自然に発生します。

また、音声も完全ミュート状態、かつ顔などが映し出されることもないため、誰にも邪魔されずじっくりと勉強に勤しむことが可能です。

濃密な学習期間を体験できる「短期京都留学」

当塾では、オンライン校の受験生の方にも京都へおいでいただき、実際の授業を受けていただくプログラムを実施中です。

こちらのプログラムでは、主に長期休暇を利用して参加していただくことになりますが、京都医塾の生活スタイルの体験ができたり、ライバルたちを間の当たりにして大きな刺激を受けたりすることができます。

また、短期留学の後半には、三者面談や実力分析、今後の学習方針のアドバイスなどを行い、さらなる学力向上への一助とします。

オンライン授業では味わえない、熱気に満ちた濃密な経験が可能ですので、当塾をご利用の際はぜひご参加ください。

関連コラム

今話題のオンライン自習室とは?向いている人と向いていない人の特徴を解説

まとめ

現代社会では、科学の発達とともに予備校のあり方も大きな変化を遂げています。

その象徴とも言えるのが、インターネットを駆使した映像授業です。

そして、そんな映像授業には、オンデマンド型の映像授業とライブ配信型の映像授業の2種類が存在します。

双方のサービスには一長一短がありますが、より良質な学習機会を得ようとするのであれば、やはり配信型の映像授業を選ぶのが得策です。

なぜなら、ライブ配信型の映像授業であれば、対面式の授業と同等の学びが得られますし、何よりも今後の技術の進化によってはさらなる高効率な学習も期待できるからです。

そのため受験生の方の中には、今後のことも見据えて、ライブ配信型の映像授業を検討中の方も多いのではないでしょうか。

そういった方におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、最新鋭のテクノロジーを用いたライブ配信型の映像授業を実践して、毎年たくさんの受験生を医学部合格へと羽ばたかせている予備校です。

私たちのもとへおいでいただければ、最先端のオンライン授業で指導を行い、あなたの宿願成就に向けてできる限りの支援をさせていただきます。

本気で医学部合格を目指している方には、先進技術を駆使して受験生を合格へと導く、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話でのご相談は随時承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

医学部合格を目指して、積極的に予備校を利用する人は大勢います。

しかし、予備校を利用するうえで避けられないのが、人との接触であり、そのことが起点となって発生する友達との関係性です。

もちろん、予備校において友達を作ることには様々なメリットがありますから、受験によい影響を与えてくれる要素となります。

しかし、同時に人間関係に起因するデメリットも発生するため、受験生の方の中には、友達を作るべきか否か判断に困っている方も多いはずです。

そこで今回の記事では、予備校を利用するにあたって交友関係を築くことのメリットとデメリットを具体的に解説するとともに、友達との付き合いをせずとも良質な学びを得られる方法を紹介していきましょう。

予備校で友達を作るメリット

まずは、予備校を利用するうえで友達を作るメリットについて解説していきます。

本項では、よき友人に恵まれることで得られるメリットの中でも代表的なものを、2点ピックアップして紹介していきましょう。

切磋琢磨できる友達関係を結べる

予備校での友達作りをすることで得られるメリットの中でも、最たるものと言えるのが、互いに切磋琢磨できる友人が得られるということです。

たとえば、自宅での学習では一人で机と向き合うことになりますので、モチベーションの低下などのネガティブな影響を誘発する可能性があります。

しかし、予備校でよい友達に巡り合えれば共に高め合うことができますから、モチベーションの低下も起こらず医学部合格を引き寄せることができます

また、そのような友人であれば将来、医学部に進学した後や実際に医師として活動していく中でも、一緒に助け合える非常に良好な関係を結べるはずです。

受験情報の共有ができる

医学部合格のための活動を進めていく中で欠かせないのが、志望校に関する受験情報の収集作業です。

なぜなら、医学部の入試では年度ごとに募集枠や試験科目、配点などが異なるケースが珍しくないため、常に情報をアップデートしておく必要があるからです。

万が一、この作業を怠ってしまうと、見当違いの学習を積み重ねてしまう原因にもなり、ひいては落第の危機に瀕してしまうでしょう。

しかし、よい友達作りを行っている場合には受験情報を共有してもらうこともできますから、間違った方向に進んでしまう心配もありません。

予備校で友達を作るデメリット

続いて、予備校で友達を作ることで生じる、デメリットに関しても解説していきます。

こちらの項では、友達作りに起因するデメリットの中でも、主なものを3点取り上げてまとめました。

勉強とは無関係のことに付き合わされる

予備校で友達を作った場合、必然的に何らかの「お付き合い」をしていかなければなりません

たとえば、予備校が終わった後に食事に行ったり、休日にカラオケなどの娯楽に誘われたりするケースが典型例と言えるでしょう。

このような付き合いが息抜き程度のものであれば、受験勉強にもよい影響があるかも知れませんが、頻繁に誘いに乗ってしまうと、当然ながら学力の低下を招いてしまいます。

とくに、気が弱い人の場合は、本心では気が進まなくとも誘いを断り切れないため、つい友達同士の付き合いに参加してしまいます。

このような状態が続いてしまうと医学部の合格が遠のくばかりになってしまうのは、言うまでもないでしょう。

「傷の舐めあい」が受験に悪影響をもたらす

予備校の友達作りをしていくなかで、先述したような切磋琢磨できる友人に巡り合えれば、自分にとってこのうえないプラスの関係が結べます。

しかし、互いに高め合うことよりも、模試の結果にグチをこぼし合ったり、「今日くらいは勉強を休んで、遊びに出かけてもいいや」、といった具合に甘やかし合ってしまうと、傷を舐めあう関係性が構築されてしまい、百害あって一利なしです。

このような関係が生まれてしまうと、受験勉強に対する後ろ向きの気持ちが高まってしまうため、医学部進学の夢が絶たれてしまいかねません。

人間関係に起因するトラブルに発展することも

受験シーズンの中でも、入試の直前期の受験生はナイーブな心境になりがちです。

たしかに、人生のかかった大勝負が控えているわけですから、繊細な心持ちになるのは仕方がありません。

しかし、このような友達に囲まれた環境では、ちょっとしたことでギスギスした状態になってしまい、トラブルに発展することも考えられます。

本来なら、友達同士で磨き合うために仲間になったのに、余計ないざこざに巻き込まれてしまっては、まさに本末転倒です。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

オンライン予備校なら友達付き合いのデメリットもすぐに解決

ここまでは予備校を利用するうえでの友達作りから生じる、メリットとデメリットの両方を見てきました。

上記のようなメリットだけが得られれば、受験勉強もはかどるばかりですが、その反面、デメリットが発生してしまうと、逆の状況を招いてしまいます。

このことから、受験生の方には、友達関係に起因するデメリットを回避しながら、どうにかして良質な学びが得られないかと思案している人もいるはずです。

そこでおすすめなのが、本項で紹介するオンライン予備校です。

オンライン予備校は、名前のとおり、ネットを介して自宅で学習を進めていくスタイルの予備校ですが、基本的にマンツーマンの授業が行われるため、友達作りのデメリットのリスク回避にはぴったりと言えます。

ここでは、そんなオンライン予備校の特徴を紹介していきましょう。

学習は自宅がメイン!わずらわしい友達関係とも無縁に

上でもお伝えしたとおり、オンライン予備校ではネットを介して自宅で授業を進めていきます。

そのため、上述したように娯楽に頻繁に誘われたり、グチをこぼし合ったりするだけの友達を作るリスクもありません。

わずらわしい友達関係から一気に解放されますので、気の弱い人でも安心して利用することが可能です。

必要な受験情報はプロの講師が共有してくれる

受験情報の有無が医学部進学のためのキーポイントになることは、上でもお話したとおりです。

しかし、このような情報を個人の力だけで収集していくのは時間がかかり過ぎてしまい、肝心の受験勉強がおろそかになってしまいます。

このような場合でも、オンライン予備校は受験生の心強い味方になってくれます。

なぜなら、オンライン予備校の講師は、受験情報に関する専門家の集まりだからです。

そのため、受験生の志望先に合わせて最新の情報を提供してくれるほか、医学部ごとの出題傾向などもレクチャーしてもらえます。

したがって、予備校に通ってわざわざ友達を作り、情報交換をしなければならないといった必要性もありません。

やる気を高めるためのアドバイスも豊富にもらえる

みなさんもご存知のとおり、医学部の受験では長期にわたって継続した学習を進めていく必要があります。

そのため、モチベーションを維持、向上させるための努力は不可欠と言えるでしょう。

しかし、予備校における友達作りに失敗してしまうと、モチベーションを引き上げるどころか、逆に低下してしまう可能性もあります。

このことから、上記のようなデメリットから逃れるために予備校通いは避け、個人学習に終始している方もいるはずです。

そんな方にもぴったりなのが、オンライン予備校です。

オンライン予備校では、百戦錬磨の講師から授業が受けられるだけでなく、モチベーションをアップさせるための思考方法やテクニックなど様々なアドバイスが貰えますから、実際の予備校に通わずとも、モチベーションの維持、向上を図ることができます。

関連コラム

【医学部受験】社会人こそオンライン予備校を利用したい!ネットを活用すべき5つの理由

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまで見てきたとおり、予備校での友達作りには大きなメリットがある一方で、多大なデメリットも潜んでいます。

運よくメリットの恩恵だけにあずかることができれば、受験勉強もスムーズに進み、合格にも接近するばかりですが、世の中そうそう甘いものではありません。

デメリットのリスクに遭遇してしまうこともしばしばありますし、また、デメリットの被害に遭ってしまうと受験が台無しになってしまいます。

そうなってしまうと浪人生活へ突入することになり、再び苦しい一年を過ごさなければいけません。

このことから、予備校の利用を検討しているものの、どうしても踏ん切りがつかないといった人も大勢いるのではないでしょうか。

そんな方々にぴったりなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾は本来、校舎へ通学するスタイルのスタンダードな予備校でしたが、上記のような受験生の方の支援サービスとして、オンラインの授業も提供している予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

自宅で行う本格オンライン授業

繰り返しになりますが、オンライン授業の特徴として、自宅に居ながらにして学習が行えるという利点があります。

そのため、予備校通いにともなう友達同士の無駄な交流を気にせずにすみ、個人単位の学習だけに集中することが可能です。

京都医塾は、この個人単位の学習効果を最大化すべく、2台のタブレット端末を用いた授業を行っています。

あえて2台のタブレット端末を使用する理由は、講師を映し出すタブレットと、受験生がノート用に使用するタブレットにわけるためです。

このような使い分けをすることにより、片方のタブレットでは講師の姿と板書の両方を目視することができ、また、もう一方のタブレットでは本物の授業と同じように、重要事項をノート用タブレットにまとめていただけます。

こうすることにより、当塾ではライブ感覚のある授業を実現し、実際の授業と遜色のない本格的なオンライン学習を可能にしております。

24時間以内に回答がもらえるオンライン質問システム

受験勉強を進めていく中では、多くの疑問点が浮かび上がってくるものです。

このような場合、予備校に通っている受験生であれば、周囲の友人に尋ね解決できる可能性がありますが、常に回答できる相手が見つかるとは限りません。

むしろ、相手の方から尋ねられて、自分の貴重な時間を失ってしまうリスクすらあるでしょう。

このようなことを気にして予備校を敬遠している方もいるかと思いますが、京都医塾のオンライン学習であれば、何の心配もいりません。

疑問点が生じた場合は、上でご紹介したノートに質問を書き込み送信するだけで、24時間以内に講師の側から回答が届きます

本サービスは京都医塾ならではのものですが、スピーディに疑問点を解消できるとあって、利用者の方からは大変な評判です。

受験生としっかり向き合うための「ウィークリーカウンセリング」

京都医塾のオンライン学習では単に授業を提供するだけなく、「ウィークリーカウンセリング」を行って様々なケアを実施しています。

このカウンセリングは、その名のとおり、週に1度のカウンセリングを通じて受験生と向き合うために行われるものですが、学習にまつわるアドバイスのほかにも、受験に関する色々な相談ごとも受付けています。

もちろん、対応するのは十分な実力を有した当塾自慢のプロ講師ばかりですから、些細な質問であっても最適なアドバイスを用いて、お悩みを解決する方向へ確実に導いてくれるはずです。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

医学部の受験勉強を進めるにあたって、予備校を利用する方は大勢います。

しかし、予備校を利用するうえで避けて通れないのが、友人たちとの様々な交流です。

もし、友達との出会いの中で、よき友人に恵まれれば互いに切磋琢磨し、合格への道のりをより確実なものにできますが、そうでない友達に巡り合ってしまった場合、受験勉強に暗い影を落としてしまいます。

そのため現在、予備校通いを検討中であるものの、友人との関係にまつわるデメリットを心配している人も、多いのではないでしょうか。

そんな方々にぴったりなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾は本来、校舎へ通学するスタイルのスタンダードな予備校でしたが、上記のような受験生の方の支援サービスとして、オンラインの授業も提供している予備校です。

当校においでいただければ、友人関係にまつわるデメリットを避けながら、良質な講師の指導のもと受験勉強を進めることができます。

本気で医学部合格を目指している方には、受験生の悩みに寄り添いつつ本格的な授業を提供できる、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

なお、本校では現在、無料の体験授業を実施しております。

オンライン予備校を検討中の方は、まずはこちらからご参加してみてはいかがでしょうか。

きっと、当校自慢のオンライン授業の魅力に惚れ込んでいただけるはずです。

お申し込みは、電話にて年中無休で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

医学部を目指している人の中には、金銭的な事情で進学を諦めざるを得ない人も少なくありません。

医学部はほかの学部よりも学費が高額なうえに、大学によっては施設充実費などの追加費用も1,000,000円単位で発生してしまいます。

このことから、上記のように費用が工面できず、医師への道を断念してしまう人が出ても不思議なことではありません。

そこで今回の記事では、お金に余裕がないといった事情で医学部進学を諦めてしまおうか悩んでいる方へ向けて、オンライン予備校など様々な「切り札」を紹介していきます。

お金がない人のための医学部受験における「切り札」

医学部 予備校 お金 が ない

お金がない人の医学部受験の「切り札」と言えば、一般的に金銭的な優遇措置があげられます。

たとえば、医学部受験における募集枠の地域枠は、その典型例とも言えるでしょう。

また、特待生制度も大きな金銭的な支援が受けられるため、お金に余裕がない人にとっては、多大なる助けとなるはずです。

そして、これらとは別に近年、注目を集めているオンライン予備校も、金銭的な事情を抱えている人にとっての切り札となり得るサービスとして、大変な存在感を示すようになっています。

このように、医学部受験においては、お金に余裕がない人でも様々な救済措置、すなわち切り札と呼べる手段が多数ありますので、まったく諦める必要はないと言えます。

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

医学部の地域枠はお金がない人の強い味方

医学部へ進学したいと感じているものの、お金の工面が困難という人にとって強い味方となるのが地域枠です。

地域枠は多くの医学部が設置している募集枠の一つで、この枠を利用して入学した人は、一定の義務を果たすことで学費がすべて免除されるという特典が与えられます。

この義務の中身は、各医学部によって様々ですが、一般的には指定の病院にて6年間から9年間、地域医療に貢献する義務が課されます。

これを「義務年限」と言いますが、この義務年限を満了することで、実質的には無料で医師への道が開けるという画期的な救済制度です。

ただし、義務年限を満たせなかった場合には、学費等の返還義務が発生してしまいます。

そのため、医学部在学中に地域医療以外に取り組みたいことが見つかった場合でも、義務年限の期間が終了するまでは、進路が固定化されてしまいます。

最低6年間ものキャリアの遅れは、その後の医師としての将来にも大きな影響を及ぼすことから、無視できないリスクと言えるでしょう。

したがって、無理に地域枠を利用するよりも、一般枠で入学して自分の思い描く未来像へ突き進みたいと考える人も大勢います。

奨学金制度や特待生制度もお金がない人への有効な救済措置

医学部 予備校 お金 が ない

お金に余裕がない人が医学部へ進むにあたって、有効な救済措置となるのが奨学金制度や特待生制度です。

このうち奨学金制度は、返済の必要がない給付型と、返済の必要がある貸与型の2種類に大きくわけられます。

給付型の奨学金を得た場合には、奨学金の種類にもよりますが、まとまったお金が給付されますので、金銭的な面では非常に楽になります。

ただし、こういった奨学金を得るためには、学業成績が優秀であることなど、何らかの基準が設けられているのが一般的です。

したがって、給付型の奨学金を得るためには、それぞれの奨学金に設けられたハードルを乗り越えるための努力が要されます。

一方で、返済の必要がある貸与型は、広く支給が行われますが、返済の義務があるため後に大きな負担としてのしかかることも少なくありません。

さらに、利息が付くケースも見られるため、支給を検討する場合には、規約をよく確認しておく必要があるでしょう。

また、特待生制度ですが、これも給付型奨学金のように、学業成績の優秀な学生を対象として実施される救済制度です。

給付額は、制度によって大きく異なりますが、関西医科大学の「藤森民子賞」などは5,000,000円ものお金を受け取ることができます。

しかし、この特待生制度は、基本的に対象人数が少なく設定されていることが多く、希望したからと言って、受け取れる保証はどこにもないのが現状です。

オンライン予備校はお金がない人でも医学部を目指せる新たな手段

医学部 予備校 お金 が ない

記事の前半でも軽く触れましたが、みなさんはオンライン予備校というサービスについて詳しく聞いたことがあるでしょうか。

オンライン予備校とは、その名のとおり、オンライン上にて授業を行う予備校の総称で、近年、大変な話題となっている学習サービスです。

このオンライン予備校の大きな特徴としてあげられるのが、一般的な予備校よりも低額でサービスを利用できるという点です。

そのため、お金に余裕がないといった人でも比較的、容易に申し込むことが可能となっています。

ここでは、そんなオンライン予備校の特徴について詳細に解説していきましょう。

寮費等が発生しないためコストカットができる

従来型の予備校では、入寮して一年間、学習を行うのが一般的です。

そのため、必然的に毎月数万円もの寮費が発生してしまい、予備校利用をするうえでの大きな懸念点としてとらえる人も少なくありませんでした。

しかし、先述のとおり、オンライン予備校ではネットを介して授業を行うため、入寮して授業に励むといったこともありません。

このことから、必要最低限の費用で授業を受けることができ、費用を大幅に節約できます。

したがって、「お金がないから予備校へは通えない」と嘆いていた人でも気軽に利用することが可能です。

また、入寮をしなくともよいということは、親元を離れずにすむということにもなります。

常にご家族と居られることは、受験生本人にとっても精神衛生上、好ましい部分も多々あるため、そういった意味でもオンライン予備校は、多くの受験生にとってピッタリのサービスなのです。

自宅にいながら指導力バツグンの講師から教育を受けられる

オンライン予備校の特徴の一つとしてあげられるのが、自宅にいながらにして、指導力バツグンの講師から教育を受けられることがあげられます。

とくに、医学部受験に特化したオンライン予備校の場合、講師たちはすべて医学部受験を知り尽くしたエキスパートばかりですから、最高の指導力であなたを導いてくれます。

そういった講師のもとで学力をきちんと磨けば、給付型の奨学金制度や特待生制度の対象者として選ばれることも、夢ではありません。

加えて、上記制度の対象となれば、地域枠にともなう義務を気にする必要もなくなります。

また、自宅での学習となりますから、交通費などが発生することもなく、余計な出費を抑えられるといった点も魅力的です。

実際の予備校へ通う場合、一回の通学の交通費そのものは大したことないかも知れませんが、「塵も積もれば山となる」という言葉にもあるとおり、何度も通うとなると相当な出費になってしまいます。

この費用をゼロにすることができるのは、まさにオンライン予備校ならではの利点と言えるでしょう。

以上のようなことから、お金がないという理由から、医師の道を断念しようか迷っている方にとってオンライン予備校は、まさに願ったり叶ったりのサービスと言えます。

オンライン自習室を利用すれば外出の必要もなし

受験生の方の中には、自宅での個人学習では集中できずカフェなどで勉強している人も、多いのではないでしょうか。

たしかに、自宅には様々な誘惑がありますから、外出してその誘惑を断ち切ってしまった方が合理的かも知れません。

しかし、いちいち勉強のために外出していたのでは、あっという間に、お金がなくなってしまいます。

その点、オンライン予備校が提供しているオンライン自習室を利用すれば、いちいち外出せずとも集中できる環境で勉強に励めるため、出費を抑えることにつなげられます。

このオンライン自習室とは、オンライン上で不特定多数の人と一緒に学習するサービスのことを指しますが、このサービスを利用することで、常に誰かの雰囲気を感じとることが可能です。

したがって、まるで外出時と同じような感覚で学習に励むことができます。

一方で、オンライン予備校の中には、あえて外部からのノイズを抑えた、オンライン自習室を提供しているところもあります。

ただ、そのような予備校では、たとえ外部からの刺激がなくとも集中力をきちんと発揮させるための工夫を凝らしているため、何も心配する必要はありません。

必要機材は無料レンタルのオンライン予備校もあり

オンライン予備校の中には、必要機材を無料でレンタルしてくれるところもあります。

たとえば、授業で使うタブレットなどが代表例としてあげられますが、このような機材をいちいち揃えていたのでは、お金に余裕がない人にとっては痛い出費になるはずです。

しかし、上記のように無料でレンタルしてくれるところであれば、支出を最小限に食い止められますから、コストを抑えながらサービスを利用することができます。

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

冒頭でも述べたとおり、医学部進学の夢を、お金がないという理由で諦めざるを得ないといった人は少なからず存在します。

しかし、上述した様々な方法を活用することによって、出費を抑えながら進学することも不可能ではありません。

とくにオンライン予備校は、リーズナブルな費用で高品質な授業が受けられる、コストパフォーマンスに非常に優れたサービスです。

また、オンライン予備校を利用して一般枠で入学すれば、地域枠にまつわる義務年限を気にせずともすみますし、学習に徹底して打ち込めば特待生制度も狙えます。

このことから、金銭面に苦しい受験生の方々の中には、オンライン予備校を利用したいと検討し始めている人も多いのではないでしょうか。

そういった受験生の方々にとって特におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、高度な授業と優れたコストパフォーマンスを両立させていることで人気を博している、医学部受験に特化した予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の魅力について紹介していきましょう。

必要な機材は無料でレンタル!もちろん授業内容もとびきりの満足度

オンライン予備校を利用するにあたっては、必要機材を揃える必要に迫られる場合も少なくありません。

たとえば、学習用のタブレットやスマホが典型例ですが、そのほかにもヘッドセットやマイク、webカメラなどを別途揃えてほしいと要求されることも、しばしばあります。

そういった機材をすべて自腹購入していては、出費がかさんでしまい、費用面に優れるオンライン予備校を選んだ意味が薄れてしまうでしょう。

その点、京都医塾オンライン校では必要機材の無料レンタルを行っています。

学習で使う端末は2台のタブレットとなりますが、2台とも無償での貸出となりますので、追加でお金がかかるといった心配も無用です。

また、世界的な一流メーカーのタブレットを使用しますので、機能面に関しても何ら問題ありません。

そして、肝心の授業の内容となりますが、オンライン授業では上記のとおり2台のタブレットを用いながら学習を進めていきます。

1台目のタブレットは、講師と板書内容を映し出すためのものですが、講師自身が身振りや手振りなどを交えながら説明をしますので、あたかも本物の授業を受けているかのような臨場感を味わうことができます。

また、2台目のタブレットですが、こちらは受験生のまとめノートとなるのが主な役割です。

タブレット上に板書内容が映し出されますから、画面にメモを取っていく形を取りますが、ここではオンラインならではの長所を生かして、リアルタイムによる講師からの添削やアドバイスの書き込みが行われます。

このように、当塾オンライン校では無料での端末レンタルを行っているため余計な費用がかからずにすむほか、授業についても、オンラインならではの特性を生かした一級品の学習体験が得られます。

無料のオンライン自習室を利用して徹底した予習・復習が可能

上でも述べたとおり、自宅学習が苦手な人の中には、あえてカフェなどを利用して勉強に励む人も多いはずです。

しかし、学習のたびにカフェを利用していては、多くの出費を覚悟しなければなりません。

そこで京都医塾オンライン校では、オンライン上に自習室を無料で開放して、受験生の方々のサポートにあたっています。

このオンライン自習室には多くの受験生が同時にアクセスする形になりますが、カメラもありませんし、音声もミュートされた状態となっているため、雑音などの心配がありません。

さらに、独自のタイマー機能が付いているため、勉強を進めていく際のペースメーカーとしての役目もはたしてくれます。

したがって、学習のみに集中することができ、好きなだけ受験勉強に向き合うことができます。

様々な相談ができるオンライン三者面談

京都医塾オンライン校では、定期的にオンライン上での三者面談も実施しております。

主な目的は、保護者様へお子さまの学習状況の報告をすることや、担当講師からのアドバイスを行うことです。

ただ、保護者様の中には、学習面のほかにも受験にまつわる色々なことを相談なさりたいといった方もいるはずです。

そういった場合であっても遠慮なく仰っていただければ、できる限りの回答をさせていただいております。

たとえば、特待生制度の充実している医学部の紹介や、学費が比較的低い医学部の提案など、様々なご質問にも対応しておりますので、お気軽にお尋ねください。

京都医塾オンライン校とは

まとめ

医学部 予備校 お金 が ない

医師になりたいとする将来の希望を、金銭的な理由で諦めざるを得ない人は少なくありません。

しかし、本記事で紹介した様々な方法を用いることで、出費を食い止めながら進学することも十分可能です。

とくにオンライン予備校は、予備校へ通うことなく高品質な授業が受けられる、コストパフォーマンスに非常に優れたサービスです。

また、オンライン予備校を利用して一般枠で入学すれば、地域枠にまつわる義務年限を気にすることもなくなりますし、学習にきちんと専念すれば特待生制度も狙えます。

このことから、お金に余裕がない受験生の方々の中には、オンライン予備校を利用したいと検討し始めている人も多いのではないでしょうか。

そういった受験生の方々にとって特におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、高度な授業と優れたコストパフォーマンスを両立させていることで人気を博している、医学部受験に特化した予備校です。

当校にあなたの受験活動をサポートさせてもらえれば、卓越した指導力を発揮して、必ずや最短での合格へとリードしてみせましょう。

本気で医学部合格を目指す人には、最高クラスの授業を自宅で受けられる京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求や入塾のご相談は、電話やメールにて年中無休で承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

国内には様々な学部がありますが、難攻不落、攻略困難の学部の筆頭として数えられるのが医学部です。

この医学部の入試では難問・奇問が飛び交ううえに倍率も高いことから、惜しくも夢破れて浪人生活を余儀なくされる方も少なくありません。

そんな浪人生の従来の勉強方法と言えば、自宅学習か予備校などの教育施設の利用の二択がメインでしたが、近年、にわかに脚光を浴びているのがオンライン予備校です。

今回の記事では、このオンライン予備校に向いている浪人生の特徴や、オンライン予備校が持つ数々のメリットにスポットを当てて解説していきます。

オンライン予備校が向いている浪人生の特徴

オンライン予備校 浪人

まずは、オンライン予備校に向いている浪人生の特徴について解説していきましょう。

ここでは、オンライン予備校に向いている浪人生の主な特徴を4点ピックアップしてまとめました。

当てはまるものが一つでもある方は、現在の学習方法から切り替えることで、後述する様々なメリットを受けられる可能性が高い人と言えますので、自身の境遇と照らし合わせながら読み進めてみてください。

個人学習ではモチベーションが保てない人

浪人生の中には、宅浪を選んで医学部の受験勉強を進める人も数多くいます。

しかし、宅浪では周りに競争相手と呼べる存在がいないため、モチベーションの低下を起こしてしまう人も散見されます。

また、自由に勉強時間を設定できることが仇となり、そのことが甘えにつながってしまい、ひいてはモチベーションの維持が困難になってしまう人も少なくありません。

このような宅浪における個人学習では、どうしてもモチベーションを保てないといった人は、後述するオンライン予備校のメリットがよい解決方法を示してくれます。

近くに優秀な予備校がない人

冒頭でも触れたとおり、医学部受験では難問・奇問を次々と正答していく必要がありますから、優れた予備校に通うことが有力な選択肢となります。

そのため、浪人生の中には予備校通いを検討して、より良質な学びを得たいとする方も多くいますが、そもそも近くにレベルの高い予備校がないことも珍しくありません。

とくに地方在住の方にとっては、医学部受験にも対応できる予備校を探すことが難しく、結果として個人学習で受験に臨まざるを得ないことも、しばしばあります。

そういったい方々にもオンライン予備校は、救いの手を差し伸べてくれる存在となり得ます。

オンライン予備校の中には、医学部受験に特化したところもあるうえ、居住地に関係なく授業が受けられることから、近くに予備校がない人にとっては非常に好相性と言えるでしょう。

一人では不安や悩みを抱えてしまう人

医学部の受験では、浪人の回数を重ねればかさねるほど、受験に不利に働く要素があります。

たとえば、総合型選抜などが典型例ですが、「受験資格は1浪生までに限る」といった制限は、多くの医学部で採用されています。

こういった理由や模試の結果の良し悪しなどから、浪人生の方の中には、受験にまつわる悩みや不安を抱え込んでしまう人が多いのが現状です。

このような悩みをすぐに解決できれば問題はないものの、一人で抱え込んでしまうとなると、メンタルに不調をきたすなどのトラブルに発展しかねません。

このようなケースでは、何らかのケアをしてくれる存在が不可欠となるわけですが、ここでもオンライン予備校のメリットが生きていきます。

詳しくは後述しますが、オンライン予備校の中には講師によるカウンセリングを行っているところもあるため、精神的な衛生状態を保つことができ、メンタル不調にまつわるトラブルを未然に回避できます。

予備校へ通いたいけど集団授業が苦手な人

浪人生の方の中には、予備校へ通う意思はあるものの集団授業が苦手といった人も、いるのではないでしょうか。

集団での授業ではライバルたちを常に目の当たりにするわけですから、緊張感やプレッシャーが重圧となり、かえって苦手意識を感じてしまう人がいても不思議ではありません。

このような浪人生の方は、今こそオンライン予備校を利用する絶好の機会と言えます。

オンライン予備校は基本的にマンツーマン授業で行われるため、予備校を利用したいけど集団授業が苦手で、それが叶わないという人には願ったり叶ったりのサービスです。

関連コラム

【浪人生向け】医学部受験、合格のためのスケジュールを徹底解説!

浪人生がオンライン予備校へ通うメリット

さて、ここからは浪人生の方が、オンライン予備校を利用することで得られるメリットについて解説していきます。

前項でも、オンライン予備校のメリットについて軽く触れた箇所もありましたが、こちらの項では、そういった部分についても深掘りして解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

自宅で高品質な授業が受けられる

上でも述べたとおり、浪人生の方の中には、近くに優秀な予備校がないといった方や、集団での授業が苦手な方もいます。

そういった方々の悩みを一気に解消してくれることこそ、オンライン予備校を利用することで得られる多大なるメリットです。

たとえば、オンライン予備校では、性質上、ネットを介して授業を受けることになります。

そのため、どこに居住していようと関係なく良質な授業を受けることが可能です。

とくに医学部受験専門のオンライン予備校であれば、医学部合格のためのハイレベルな教育を受けられますから、目標達成の道のりが大きく開けること間違いありません。

また、集団授業が苦手といった方にも、オンライン予備校は非常に適したサービスです。

オンライン予備校の授業では、マンツーマンによる学習が基本となりますので、無理に集団の中に身を置きながら勉強をする必要もなくなります。

モチベーション維持のためのサポートが受けられる

浪人生の方の中には、宅浪を選択して医学部合格を目指す人もいるわけですが、そういった選択をした場合、課題となるのが、いかにしてモチベーションを維持し続けるかといったことです。

宅浪生の場合、前述のように周囲に競争相手がいないことなど、様々な事情からモチベーションの維持が困難になってしまいます。

そういった問題に対しても、オンライン予備校は明快な答えを示して、あなたを助けてくれますので心配いりません。

たとえば、多くのオンライン予備校では、オンライン自習室というサービスを導入して、利用者のサポートにあたっています。

オンライン自習室とは、ネットを通じて不特定多数の人と、オンライン上の自習室を共有するサービスのことを指します。

このサービスを利用することで、周囲の受験生たちの雰囲気を感じとることができ、ひいては競争心がわきたち、モチベーションのアップに生かせるというわけです。

不安や悩みを解消する機会を設けてもらえる

浪人生にとっての不安や悩みのタネとなる要因は、上でもお伝えしたとおりです。

受験の機会が少なくなってしまうことや、模試の結果の良し悪しにより、不安や悩みを抱えてしまう人は大勢います。

オンライン予備校の中には、そういった様々な悩みに関しても、一緒に解決の糸口を探してくれるところもあります。

定期的に担任講師とのカウンセリングを通じて、今後の勉強の方針を話し合ったり、受験戦略の練り直しを行ったり、各種不安の相談など色々なことを話し合えるため、受験にまつわる心配ごとを取り払ってもらうことが可能です。

生活のリズムが自然に整う

オンライン予備校ではカリキュラムに沿った学習を、講師とともに決まった時間に行うのが基本です。

そのため、一定の時間に合わせて起床し、勉強のための準備などをしておく必要があります。

このことから、個人学習では好きな時間に起きてもかまわないという、甘えが出てしまう人であっても、約束の時間に間に合わせないといけないため、自然と生活のリズムが整っていきます

通常の予備校よりも費用が抑えられる

基本的にオンライン予備校は、通常の予備校よりも低価格でサービスが受けられます。

そのため、予備校通いを検討したものの、金銭的な面で折り合いが付かなかったといった人でも、安心して利用可能です。

また、通常の予備校では、通学のための交通費なども発生しますが、オンライン予備校では、そのような費用も発生しませんので、二重の意味でも費用が抑えられます。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

医学部受験の浪人生の方には、予備校の利用を検討しているものの、そもそも近くに予備校がない方や、集団授業が苦手で一般的な予備校へは通えない方など様々な方がいます。

また、宅浪を選んで独学での受験を目指しているものの、モチベーションが維持できずに困っていたり、浪人生ならではの不安や悩みを抱えてしまう人も少なくありません。

そういった課題を解決する有効な手段となるのが、近年、注目を集めているオンライン予備校です。

オンライン予備校を利用することで、上記のような問題も自然と解消の方向へ向かいますので、医学部合格をより手元へと引き寄せることができます。

こういった理由から、医学部受験の浪人生の方の中には、オンライン予備校の利用を積極的に検討し始めている人も多いのではないでしょうか。

そういった方々へ強くおすすめしたいのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、厳選採用された講師陣による良質な授業や、デジタル環境を生かしたサービスを強みに、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと導いてきた予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の魅力について紹介していきましょう。

一流講師によるトップクラスの授業

京都医塾では、70名をこえる社員講師を揃えて受験生の指導にあたっています。

彼らは、名門大学の卒業生や大学院において専門知識を学んだ人材で、学習指導においても優れた才覚をいかんなく発揮しています。

この講師たちの授業ですが、もちろん当塾オンライン校においてもしっかり受けることが可能です。

そんなオンライン校による授業ではタブレット端末を用いて学習に臨みますが、上記講師の姿がきちんと映し出される形式で授業を進めていきます。

そのため、講師の表情や身振り手振りなどが手に取るようにわかり、まるで本物の授業を受けているかのようなライブ感を体験できます。

したがって、授業への集中力も大きく高まり、ひいては飛躍的な学力向上が狙えると評判です。

デジタルならではのシンプル便利な質問システム

京都医塾オンライン校では、デジタル端末の特性を生かした、シンプルかつ便利な質問システムを導入しているのが特徴です。

この質問システムのもとでは、タブレットに質問を書き込み、送信するだけで講師からの質問が返ってくる仕組みになっています。

そのため、電話を用いたり、ファックスを使用したりといった煩雑な手間は一切必要ありません。

さらに、回答までの時間も24時間以内となっていますから、わからない箇所をそのまま放置してしまうこともなく、順調に学習を進めていくことができます。

受験の不安を取り除くカウンセリングも実施

浪人生ともなると、本記事で紹介した様々な理由から、現役生よりも大きな不安を感じる方も少なくありません。

京都医塾オンライン校では、そのような不安の解消対策についても、余念なく行っています。

たとえば、担任のスタッフが週に1度のカウンセリングを行い、その週の振り返りを行うとともに、様々な悩みについても聞き出し、適切な対処法で応対いたします。

そのため、浪人生ならではの不安や苦しみに怯えることなく、精神的な衛生状態を良好に保ちながら受験勉強に励むことが可能です。

関連コラム

京都医塾オンライン校とは

まとめ

自宅に居ながら高品質な授業が受けられるとあって、近年、大きな注目を集めているのが、オンライン予備校です。

オンライン予備校を利用することで、居住地に関係なくハイレベルな学びの機会が得られたり、集団授業が苦手な人でも安心して学習できるといった、数々のメリットを受けられます。

こういった理由から、医学部受験の浪人生の方の中には、オンライン予備校の利用を積極的に検討し始めている人も、多いのではないでしょうか。

そういった方々へおすすめしたいのが、医学部専門予備校の”京都医塾オンライン校”です。

京都医塾オンライン校は、厳選採用された講師陣による良質な授業や、デジタル環境を生かしたサービスを強みに、これまでにも数多くの受験生を医学部合格へと導いてきた予備校です。

当校に医学部受験の支援を任せてもらえれば、あなたの浪人生活に終止符を打つためのバックアップを全力でさせていだきます。

本気で医学部合格を目指す人には、ハイクオリティなオンライン指導に絶対の自信を誇る、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求や入塾にまつわるご相談は、年中無休で行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

社会の多様化が進む中で、社会人の方々の中にも医学部を目指す人が増加してきました。

終身雇用制度や年功序列制度が崩壊し、転職活動が当たり前の昨今ですから、変化を求める人が多数出てきてもまったくおかしなことではありません。

しかし、そんな社会人の方々が医学部を目指すにあたっては、学習時間の確保など様々な障壁が立ちはだかります。

そこで近年、注目を集めているのが、自宅に居ながらにして本格的な授業を受けられるオンライン予備校です。

今回の記事では、社会人の受験生の方向けに、このオンライン予備校を利用すべき理由を5点取り上げてまとめました。

社会人が医学部合格のために確保すべき4つの要素

記事の本題へと移行する前に、医学部合格を目指す社会人の方々が、確保すべき4つの要素を確認していきましょう。

なぜなら、これらの要素を確認することでオンライン予備校を利用すべき理由が、より一層、明確化するからです。

また、合格のために必要な要素を再確認することで、これまで見落としていたことの発見にもつながるはずです。

振り返りの意味も込めて、ここから紹介する4点の事項について、じっくり読み進めてみてください。

高効率な学習時間

社会人の受験生の大きな課題となるのが、学習時間をどのようにして確保するかということです。

定時出勤・定時退社が可能な会社であれば、安定的な勉強時間を確保できますが、現実はそこまで甘くありません。

早朝業務や残業、さらには休日出勤まで重なってしまえば、満足に勉強時間を確保することはできないでしょう。

そのため、多くの社会人の受験生に求められるのが、限られた時間を有効活用するための、高効率な学習です。

あらためて説明するまでもありませんが、医学部は誰もが知っている難関学部。

したがって、貴重な時間を一分一秒でも無駄にしないための、シビアなスケジューリングのもと、学習に励んでいく必要があるというわけです。

予備校の費用や医学部の学費

医学部を目指すにあたっては、予備校の費用や学費の面についても考慮しておく必要があるでしょう。

もちろん、予備校へ通わず独学を貫くという方は、学費面の心配だけでかまいませんが、医学部の場合、この学費自体もばかになりません。

また、家族を抱えている方にとっては、家計との兼ね合いもパートナーとよく相談しながら、金銭面の問題をクリアしていくことが要されます

良質な受験情報

医学部に限ったことではありませんが、受験は基本的に情報戦も入り混じった戦いとなります。

たとえば、志望校ごとの出題傾向の把握や、入試における前年度からの変更点などは、必須情報とも言えるでしょう。

加えて、医学部の学生募集要項は各校一斉に出されるのではなく、発表時期は学校ごとにバラつきがありますから、志望先ごとに逐一ホームページを調べておく必要があります。

また、もちろん、これらの情報は伝聞形式だけに頼るのだけではなく、なるべく自分で医学部の資料を閲覧しながら、良質なものを仕入れなければいけません。

ただし、このような各種情報の収集作業は、仕事と両立しながらでは難しいため、多くの社会人受験生にとっては、悩みのタネの一つとなっています。

職場・家族からの理解

社会人の受験生の方々が、医学部受験を試みるにあたって重要なのが、職場や家族からの理解です。

これらをきちんと得ておかないと、職場での人間関係がギクシャクしたり、仕事に悪影響を与えたりしてしまいます。

また、家族の理解もきちんと得ておかないと、パートナーや子どもたちと衝突してしまうことも考えられます。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

社会人こそオンライン予備校を利用したい!ネットを活用すべき5つの理由

次に、本記事の主題となる、社会人がオンライン予備校を活用すべき5つの理由について解説していきましょう。

どの事項も、あなたに有益な効果もたらす情報ばかりですので、ぜひすみずみまでチェックして、今後の受験活動に役立ててください。

時間の融通が利くため効率的な学習につながる

社会人がオンライン予備校を活用すべき最初の理由は、効率的な学習を実現できるといったものです。

社会人にとって、受験勉強と仕事を両立させていくことが困難であることは、前述のとおりです。

残業や休日出勤などが多い人にとっては、こういったことが喫緊の課題であることも、主旨として申し添えました。

しかし、このような課題を立ちどころに解決してくれるのが、オンライン予備校です。

その主な理由としてあげられるのが、オンライン予備校の多くは、受験生の予定に合わせて授業の時間帯を設定してくれることにあります。

そのため、たとえ時間が限られている場合であっても、都合がつく時間を利用して良質な授業が受けられ、高効率な学習へとつなげられます。

また、カリキュラムについても、本人に最適なものを作成してくれる予備校もありますから、学習計画を立てるのが苦手な人でも心配いりません。

実際の予備校に通うよりも費用が圧縮できる

社会人がオンライン予備校を活用すべき二番目の理由は、費用面に関するものです。

社会人の中には独学を貫いて受験に臨むといった方もいますが、その要因の一つとなるのが金銭面の不安によるものです。

たしかに、予備校の費用を工面するとなると、まとまったお金が必要ですから独学で医学部合格を目指すといった方法も有効かも知れません。

しかし、オンライン予備校を利用した場合、対面式の予備校と比較してコストを抑えられるため、家計などへの影響を最小限に食い止めることが可能です。

もちろん、予備校やサービス内容にもよって費用は変わってきますが、実際の予備校よりも負担が軽減されることには変わりありません。

もし、金銭的な問題で予備校通いをためらっている方であれば、コストパフォーマンスに優れるオンライン予備校の利用を、積極的におすすめします。

予備校ならではの良質な受験情報に触れられる

社会人がオンライン予備校を活用すべき三番目の理由は、受験情報にまつわるものです。

上でも述べたとおり、良質な受験情報は医学部受験で勝利するためには、欠かせないものとなります。

志望校の出題傾向や前年度からの変更点などを、押さえていない状態で学習を進めても、よい成果はあげられません。

とは言え、忙しい社会人の身では、良質な情報に触れるための時間が取りにくいのも、また事実です。

こういったときにも、オンライン予備校は大きな助けとなってくれます。

オンライン予備校には当然、専属の講師がいるわけですが、彼らは言うまでもなく受験のエキスパート。

日ごろから、合格のために必要な受験情報の収集に余念がないため、いつでも最新の情報をあなたに届けてくれます

職場・家族からの理解が得やすい

社会人がオンライン予備校を活用すべき四番目の理由は、職場や家族からの理解が得やすいといったものです。

これは上でも解説した、時間の融通がきくという点にもつながる話しですが、オンライン予備校では個人の都合に合わせて時間割りを組んでくれるため、仕事への悪影響をしっかり防ぐことができます。

仕事への悪影響を防げるということは、必然的に、職場からの理解も得られやすいということに結びつきますから、社会人の受験生にとっては願ったり叶ったりでしょう。

次に、家族からの理解に関してですがオンライン予備校の中には、三者面談を通じて家族へも配慮してくれるところも存在します。

この三者面談では、利用者の学習状況や今後のアドバイス、その他の悩み相談などができますから、家族間の理解を促すきっかけとなり、衝突を未然に回避することができます。

立地に関係なく授業が受けられる

社会人がオンライン予備校を活用すべき五番目の理由は、立地に関係なく授業が受けられるというものです。

社会人の方々が、実際の予備校へ通うと仮定した場合、仕事終わりの通学を継続することは、体力的にも時間的にも困難を極めます。

とくに、予備校が遠い場所に立地していた場合などは、勉強のやりがいよりも移動の苦痛が上回ってしまい、モチベーション低下の原因にもなり得ます。

その点、オンライン予備校では自宅に居ながらにして学習ができるため、職場や予備校の立地を気にする心配もありません。

スマホやタブレットなどを用いて、自宅の好きな場所で本格的な授業が受けられます

関連コラム

働きながら医学部に入る方法を徹底ガイド!受験方法や金銭面の情報など多数掲載

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

社会人の受験生の方にとって、医学部受験は困難を極めます。

学習時間の確保や学費などの工面、受験情報の入手、職場や家族からの理解など、必要なものをあげだしたら、枚挙にいとまがありません。

このことから、上記の問題を解決するための方策として、オンライン予備校の利用を検討中の方も多いのではないでしょうか。

そういった社会人の方々の大きな頼りとなるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、個々人に合わせたカリキュラムの作成や、効率的な学習サポートを強みに持つ、医学部受験に特化したオンライン形式の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾の指導内容などについて見ていきましょう。

個々人に合わせたカリキュラムをデザイン

京都医塾オンライン校では、個々人の都合に合わせて柔軟にカリキュラムをデザインしています。

たとえば、受験生の方のご希望の時間帯に極力合わせる形式のカリキュラムなどは、その典型例と言えるでしょう。

このことから、仕事へ悪影響や、ご家族への迷惑を未然に回避しながら、安心して学習を進めていくことが可能です。

そして、肝心のカリキュラムの内容ですが、徹底的に医学部受験を意識したものとなっています。

どの時期にどんなことを学習するのか、どこまで進めなければならないのかといったことを、一人ひとりの実力に合わせてしっかりプランニングします。

そのため、受験当日には医学部特有の難問にも、きちんと対応できるだけの力を身につけられますので、何の心配いりません。

リアルタイムだからこそできる時間の無駄を省いた効率的な学習

当塾では、オンライン予備校だからこそできる強みを活用して、受験生のサポートにあたっています。

たとえば、京都医塾の授業ではノート用のタブレットに授業内容をまとめていきますが、受験生が書き込んだことは、担当講師のタブレットと共有する形式をとっています。

そのため、リアルタイムで講師がノートを確認でき、質問への回答や添削を施すことが可能です。

実際の対面授業となると、こういった作業は物理的に不可能ですから、まさにオンライン授業ならではのサポートと言えます。

このように、京都医塾オンライン校では、ネット環境による長所を最大限に活用することで、時間の無駄を徹底的に省いた、効率的な学習を実現しています。

まさに、社会人の方にはピッタリの学習方法と言えるでしょう。

三者面談を通じて家族へもしっかり配慮

繰り返しになりますが、社会人の方々にとって、受験に関するご家族の理解は欠かせません。

この点については、京都医塾オンライン校においても重視しており、その解決策の一つとして、定期的な三者面談を実施しています。

この三者面談では、受験生のご家族の方を交えて学業成績のご報告や、担当講師の視点からのアドバイスなどを行い、受験に関するご理解を深めていただいております。

また、この三者面談だけではご不安と感じる方向けのサービスとして、電話によるご相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

まとめ

近年、働き方や生き方の多様化が進む中で、社会人の方々の中にも医学部を目指す方が増えてきました。

しかし、社会人の受験生の方々が医学部合格を勝ち取るためには、多くの課題をクリアする必要があります。

たとえば、学習時間の確保や学費などの工面、受験情報の入手、職場や家族からの理解など、ひとたび課題をひきあいに出し始めたら、枚挙にいとまがありません。

このことから、上記課題をクリアするための方法として、オンライン予備校の利用を検討中の方も多いのではないでしょうか。

そういった社会人の方々の大きな頼りとなるのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、個々人に合わせたカリキュラムの作成や、効率的な学習サポートを強みに持つ、医学部受験に特化したオンライン予備校です。

当校に医学部受験の支援を任せていただければ、仕事と両立できる最適なプラン立てのもと、良質な学習のみを提供することをお約束いたします。

本気で医学部合格を目指す人には、圧倒的なバックアップであなたを合格へと導く、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求無料の体験授業は、当校ホームページから随時承っていますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

インターネット環境の整備が進んでいることや、スマホの広範な普及にともない、オンライン上での個別指導が一般的になってきました。

オンラインでの個別指導というと「それって本当に効果があるの?」、「対面式の方が、成果が高いはず」といった声も聞かれそうですが、そんなことはありません。

現在では、サービス企業の積極果敢な努力により、オンライン上でも十分な学習指導が受けられるようになりました。

そこで今回の記事では、大学受験を控えているすべての方々へ向けて、ネット上での教育を得意とする、オンライン個別指導塾のメリットやデメリットなどに焦点を絞って情報をまとめました。

オンライン個別指導塾には2種類ある

まずは、オンライン個別指導塾の基本的な知識の説明から入っていきましょう。

基礎的な知識をあらかじめ覚えておくことで、後述するメリットやデメリットの理解もより深まるはずです。

個別指導タイプ

オンライン個別指導塾における最もオーソドックスで、かつ人気のある指導形態が、個別指導タイプの授業形態です。

この個別指導タイプの授業では、その名のとおり、マンツーマンでの授業が可能ですから、講師を独占した状態で授業が受けられます

そのため、自分のペースで学習を進められたり、疑問点はいつでも質問することが可能です。

対面式の学習塾では集団授業を取り入れているところも多く、そういった場合には当然、みんなに授業の速度を合わせなければいけませんし、任意のタイミングでの質問も難しくなってしまいます。

このように、オンライン個別指導塾が行うマンツーマン授業では、対面式の塾で実施される集団授業にはない恩恵があることから、一概にネット上での学習の方が劣っていると断じることはできません。

以上、話しが少し脱線してしまいましたが、要するに、オンライン個別指導塾の授業形態の多くはマンツーマン授業をメインに取り入れているということを、ここでは踏まえておいてください。

1対複数タイプ

オンライン個別指導塾の授業形態には、1対複数で行うものもあります。

こういった授業形態では講師一人が、二人から四人程度の受験生を受け持ち、学習を進めていきます。

マンツーマン授業と違い、「講師を独占」というわけにはいきませんが、少人数制を敷いていることから、質問などを気軽に行えることには変わりありません。

ただ、どうしてもマンツーマン授業でなければ集中できないといった事情がある方は、個人授業タイプのオンライン個別指導塾を、優先して選ぶとよいでしょう。

オンライン個別指導塾のメリット

続いて、本記事のメインとなるオンライン個別指導塾のメリットやデメリットの解説に移っていきます。

まずは、メリットの方から3点ピックアップして取り上げていきましょう。

通塾の必要がない

最初に取り上げるオンライン個別指導塾のメリットは、通塾の必要がないといったものです。

オンライン個別指導塾は、名前が示すとおり、ネット上で授業を完結させます。

このことから、スマホやタブレット、パソコンなどを用いて自宅で授業を進めていくわけですが、その性質上、わざわざ通塾する必要性がないというわけです。

そのため、移動にともなう時間の浪費を食い止められ、浮いた時間を受験勉強へと充てることができます

このようなメリットは、まさにオンライン個別指導塾に与えられた特権と言えるもので、有効に時間を活用することで、大学合格をグッと手元に引き寄せることを可能にしてくれます。

対面式の個別指導塾よりも費用を抑えられる

二番目に取り上げるオンライン個別指導塾のメリットは、費用面に関するものです。

オンライン個別指導塾は、基本的に対面式の塾よりも費用を抑えられる料金設定となっています。

それもそのはず。

対面式の授業では、企業側が教室などの各種設備を整える必要があるため莫大な経費がかかり、その分が授業料へと反映されます。

その点、オンライン個別指導塾では企業側としても最小限の投資金額でサービスが提供できますから、授業料金が安くすみます。

感染症のリスクを抑えられる

三番目に取り上げるオンライン個別指導塾のメリットは、感染症のリスクに関するものです。

オンライン個別指導塾では、対面式の授業形態とまったく異なる方式を取るため、感染症の心配を抑えることができます

ネット上での授業となりますから当然の話しですが、大学受験の本格シーズンは主に真冬となります。

したがって、このようなメリットは受験生にとって見逃せないものとなるはずです。

関連コラム

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

オンライン個別指導塾のデメリット

次に、オンライン個別指導塾のデメリットの方にも目を向けていきましょう。

悪い箇所もあえて把握することで、サービスの本質が見えてきますので、きっとあなたにとって役立つ情報をなるはずです。

ここでは、オンライン個別指導塾が持つデメリットを、2点取り上げてまとめました。

モチベーションの維持が難しい

最初に取り上げるオンライン個別指導塾のデメリットは、モチベーションの維持にまつわるものです。

オンライン個別指導塾では対面式の授業とは違い、講師との物理的な距離感があるため、どうしてもモチベーションの維持が困難になってしまいます。

通常の学習塾では直接的に人と触れ合いますから、自然と気持ちが前向きになることも少なくありません。

反面、オンライン個別指導塾では、基本的に自分で自分を鼓舞しなければいけないのが現状です。

そのため、そういった行為が苦手な人にとっては、学習の成果をあげるためのハードルが、高くなってしまうでしょう。

ただ、良心的なオンライン個別指導塾の中には、カウンセリングを通じてモチベーションの維持を補助したり、個別相談に乗ってくれるところもありますので、自信のない方には、そういった塾をおすすめします。

関連コラム

勉強のモチベーションの回復方法は?アップさせる方法と一緒に解説!

通信環境の影響を受けやすい

二番目に取り上げるオンライン個別指導塾のデメリットは、通信環境の影響を受けやすいといったものもあります。

先ほども述べたとおり、オンライン個別指導塾の授業ではスマホやタブレット、パソコンなどを利用して授業を進めていきますが、通信環境が整っていないと満足な学習へとつながりません

たとえば、講師の声が途切れとぎれになったり、動きがカクカクしたり、そもそも画面に何も表示されないといった事態が想定されます。

こういった事態を回避するためには、事前にインターネット環境が整っているか個人で確認する努力をするほか、塾側にも事前のアドバイスをもらっておくことが必要です。

十分な教育が受けられないといったトラブルは、大学受験への直接的、かつ多大なダメージを与えることになりますから、上記のような基本事項をしっかり実践して、問題の回避に努めてください。

オンライン個別指導塾選びのポイント

オンライン個別指導塾の解説の締めくくりとして、塾選びのポイントについても紹介していきましょう。

先ほどもお伝えしたとおり、オンライン個別指導塾のメリットの中には、費用が抑えられるといったものがありました。

しかし、ここで気をつけたいのは、塾によって料金が大きく異なるといった点です。

安価なライトプランを用意しているところもあれば、多少のコストが発生するものの、手厚いサポートでバックアップしてくれるところもあるなど、様々なサービスがあります。

そのため、オンライン個別指導塾を選ぶ際には事前に料金を確認して、予算に見合うところを選ぶ必要があります。

なお、オンライン学習塾の具体的な相場については、当校コラム「オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう 」で取り上げていますので、よろしければ参考にしてください。

また、話しは変わりますが、費用面以外にも質問への対応力や、カウンセリングなどのサポート体制についても、どれだけ充実しているか把握しておく必要があるでしょう。

関連コラム

オンライン予備校の正しい選び方は?重要チェックポイントを5選!

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

オンライン個別指導塾は、大学受験を控えている方々にとって非常に心強い味方です。

対面式の授業では得られない数々のメリットがありますから、相性のよい人にとっては、学力を飛躍的に伸ばすための恰好の手段と言えるでしょう。

しかし、このオンライン個別指導塾には、デメリットが存在することも事実です。

とくにモチベーションの維持の難しさは、大学受験へ暗い影を落としかねません。

このことから、受験生の方々の中には、手厚い支援と高い指導力でサポートしてくれる、オンライン個別指導塾を探している人も、いるのではないでしょうか。

そういった人の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の京都医塾”オンライン校“です。

京都医塾オンライン校は、バツグンの指導力と徹底したフォロー体制で有名な、医学部受験に特化したオンライン予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾の支援内容などについて紹介していきましょう。

オンライン学習に対応したきめ細かなフォロー

あらためて説明するまでもありませんが、オンライン授業と対面授業とでは、臨場感をはじめとする様々な点で大きく異なります。

しかし、そういった点については、ある意味では自明とも言えます。

そもそも、ネットを介する授業と講師と実際に対面する授業とでは、根本的な性質に違いがありますから、ギャップが生じるのは無理もありません。

しかし、京都医塾では、このような「ギャップ」に対応するために、オンライン学習ならではのきめの細かいフォローをしながら授業を進めていきます

たとえば、講師が授業で説明をする際は、対面授業のときよりもゆっくり話すことを心がけています。

なぜなら、対面授業では、受験生の表情や雰囲気で学習の理解度を講師が察知できますが、オンライン授業の場合は対面授業と比較すると、どうしても察知しにくくなってしまうからです。

そのため、あえてゆっくり説明することを意識して行い、きちんと理解できているかを小まめに確認しながら授業を進めていきます。

上記のような配慮をすることにより、当塾では、対面授業のときと同等の品質の授業を実現しています

加えて、定期的なカウンセリングを通じて、受験生のモチベーションの維持を助けたり、お悩み相談の機会も設けています。

このことから、オンライン授業による学びに対して不安のある方でも、当校のサービスであれば問題なく授業を受けられますので、安心して私たちをお選びください。

どんな質問にも24時間以内に回答

受験勉強を続けていく中では、毎日のように疑問点がわき出てくるはずです。

とくに、医学部受験ともなると、ハイレベルな学習がともないますから、その疑問点の数たるや相当数にのぼるに違いありません。

このような疑問点が生じた際、すぐに解決できない状態にあると、それ以降の単元の理解度に悪影響を与えてしまいます。

そこで京都医塾では、ネットを通じていつでも質問をできる体制を構築して、サポートにあたっています。

質問の方法はいたって簡単で、ノート用のタブレットに質問したい内容を書き込むだけです。

書き込んでいただいた質問は自動的に講師に送られ、24時間以内に回答が送信されてきます

オンラインでの質問というと、「複雑な手順やアプリが必要なのかな」という印象をお持ちの方もいるかも知れませんが、当塾で取っている方法は、上記のとおり非常にシンプル。

どんな疑問でもすぐに質問できて、すぐに解決できますので、スムーズに学習を進めることができます。

まずはオンライン体験授業にご参加ください

オンラインによる個別指導を希望している人の中には、どこを選ぶのが自分にとってベストなのか、悩んでいる人も多いかと思います。

たしかに、オンライン予備校は数多く存在しますから、迷いが生じてしまっても仕方がありません。

当塾では、そういった方向けに、無料の体験授業プログラムを提供しております。

このプログラムでは、オンライン上にてマンツーマン授業が受けられます。

京都医塾自慢の講師による高品質の授業が体験できますから、必ずや満足していただけるはずです。

現在、オンライン予備校選びでお悩み中の方は、まずは当塾のオンライン体験授業へご参加ください。

まとめ

昨今、大きな広がりを見せているオンライン個別指導塾には、様々なメリットやデメリットがあります。

メリットには通塾の必要がないことや感染症のリスクが抑えられることなど、大学受験にとって非常に有用なものがありました。

反面、デメリットにも目を向けると、モチベーションの維持が難しいといった、解決困難なものがあります。

受験シーズンは長きにわたりますから、モチベーションを維持し続けられるかどうかは、合否に直結するといっても過言ではありません。

このことから、受験生の方々の中には、手厚いサポートやハイレベルな指導が受けられる予備校を探している方も、多いのではないでしょうか。

そういった方の大きな後ろ盾となるのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、バツグンの指導力ときちんとしたフォロー体制で有名な、医学部受験に特化したオンライン予備校です。

私たちに、大学受験のサポート役を任せてもらえれば、高度な学習支援と各種サポートを駆使して、夢の実現への後押しを全力でさせていただきます。

本気で医学部合格を目指す人には、最高のバックアップ体制であなたを支える、京都医塾オンライン校がうってつけです。

当校自慢のマンツーマン授業を体感していただける、オンライン体験授業は随時受付け中ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

言わずと知れた、国内有数の難関学部である医学部。

この医学部の入試では、難問・奇問が次々と飛び交ううえに、これらを高い正答率で解いていく必要があります。

このことから、受験生の方には予備校を利用して、学力の底上げを図ろうとする人が大勢います。

ただ、地方に在住にしている受験生の場合、都市部の方々と同じように、便利に予備校を利用することができません。

そのため、最近ではオンライン予備校を活用した医学部受験が、脚光を浴びるように変化してきました。

今回の記事では、主に地方の受験生向けに、このオンライン予備校を利用するうえでの選び方や、選ぶ際の注意点についてまとめました。

オンライン予備校を利用するメリット

本題に入る前に、まずはオンライン予備校を利用することで得られるメリットについて、簡単に整理しておきましょう。

オンライン予備校のメリットを事前に確認しておくことで、よりよい選び方へとつなげられるはずです。

自宅に居ながら本格的な授業が受けられる

当たり前の話ですが、通常の予備校では、校舎まで通学して授業を受けなければなりません。

都市部の受験生であれば交通の便が整備されているうえに、予備校もたくさんありますから、移動にともなう負担もさほどのものではないはずです。

しかし、地方に在住している受験生のケースでは、交通の便が整っていないばかりか、予備校そのものが存在しない場合も考えられます。

そういった受験生にとって、自宅での本格授業が受けられるオンライン予備校は、大きな助け舟となっています。

費用を抑えられる

費用を抑えられるという点も、オンライン予備校のメリットの一つです。

一般的な予備校では、授業料のほかにも寮費などが発生するケースが見られますが、オンライン予備校では、そのような費用が生じることはありません。

また、プランも低額なものから、値は張るもののオプション満載のものまで、様々な選択肢の中から選べますので、柔軟な料金形態の中から選び取ることができます

上述した2点のほかにも、オンライン予備校には数々のメリットがありますが、それらを最大限受け取るためには、予備校の正しい選び方を知っておく必要があります。

次項からは、この「正しい選び方」について深掘りして解説していきましょう。

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

オンライン予備校の正しい選び方!重要チェックポイント5選

さて、いよいよ本記事の本題となる、オンライン予備校の正しい選び方の解説へと入っていきます。

ここでは、オンライン予備校を正しく選ぶうえでの重要チェックポイントを、5点ピックアップしてまとめました。

授業スタイルの把握は正しい選び方の基本中の基本

オンライン予備校で行っている授業のスタイルは、大きく2種類に分別されます。

一つ目の授業スタイルは映像授業タイプで、二つ目の授業スタイルは個別指導タイプです。

こちらの項では、上記の授業スタイルについて個別に解説していきましょう。

映像授業タイプ

映像授業タイプのオンライン予備校では、あらかじめ録画された授業を視聴し、学習を進めていくスタイルを取ります。

ライブ方式の授業ではありませんので時間的な融通がきくことや、場所を選ばずに勉強ができることが大きなメリットです。

その反面、前述のとおりライブ方式の授業ではないことから、不明点を即座に質問できないなどのデメリットもあります。

個別指導タイプ

個別指導タイプのオンライン予備校では、パソコンやタブレット、スマホなどを使用した、ライブ形式での授業スタイルを取ります。

臨場感あふれる授業が受けられることが大きなメリットで、理解度のアップや集中力の持続に非常に効果的です。

また、不明点を即座に質問できることも、この形式のオンライン予備校の持つメリットと言えます。

一方で、映像授業タイプよりも、時間的な融通がききにくいといったデメリットもあります。

ライブ形式の授業はリアルタイムで行うため、その性質上、予備校の授業時間に都合を合わせる必要があるというわけです。

講師の質・カリキュラムの品質チェックも正しい選び方の重点項目

上でも軽く触れましたが、地方にいながら優れた指導を受けられたり、高品質なカリキュラムのもとで授業を進められることこそ、オンライン予備校の持つ最大のメリットです。

このことから、オンライン予備校を利用しながら学習の成果を最大化するためには、講師の質やカリキュラムの品質も、しっかりチェックしておく必要があります。

オンライン予備校は現在、色々な企業がぞくぞくと参入していますから、選び方を間違えてしまうと、自分が期待したサービスが受けられないといったことも想定されます。

オンライン予備校を選ぶ際には、ホームページやSNSアカウント、口コミなどを確認して、社員講師の割合や、カリキュラムのきめの細かさ、具体的な評を調べておくなど、選び方にもひと工夫凝らしましょう。

可能なら複数のオンライン予備校の体験授業も受けたい

多くのオンライン予備校では、利用者獲得のために無料の体験授業を実施しています。

そこでおすすめしたいのが、まずは複数のオンライン予備校の体験授業を受講して、どこが自分に向いているか判断することです。

「百聞は一見に如かず」という言葉にもあるとおり、宣伝文句だけではわからないことも、実際の授業を通じてなら伝わってきますので、正しい選び方へとつながるはずです。

学習面以外のサポート体制も確認してよりよい選び方へ結びつけよう

受験シーズンを過ごしていく中では、メンタル面のアップダウンが激しくなる時期が来ることも珍しくありません。

学業成績が上向いているときであれば、多少のアップダウンは乗り切れるかも知れませんが、スランプに陥っているときなどは、成績の伸びに暗い影を落としてしまう可能性もあります。

このような不調の際にも、優れたオンライン予備校では、しっかりフォローを入れてくれるためメンタル面のトラブルにも万全の対処をしてもらえます。

どういったフォローでサポートしてくれるかは、各オンライン予備校のホームページやパンフレットに記載してあるはずですので、その点についても忘れずに調べておくと、よりよい選び方へ結びつくでしょう。

オンライン予備校の合格実績は必ずチェック

当然ながら、多くのオンライン予備校では、指導体制やサポート体制の優秀さを強調して宣伝しています。

しかし、どんな宣伝文句でアピールしていても、合格実績がともなわないオンライン予備校では信頼性に欠けてしまうことは、言うまでもありません。

そこで、オンライン予備校の実力と信頼性を推し量る手段として活用したいのが、対象の予備校の合格実績を確認することです。

なぜなら、宣伝文句は言い換えや表現方法で誇張ができますが、合格実績となると数字が評価基準となるため、ごまかすことができないからです。

このこともよく覚えておき、正しい選び方へとつなげていってください。

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

オンライン予備校を利用し医学部受験で勝利するためには、少しでも優れたサービスに巡り合う必要があります。

また、そのためには正しい予備校の選び方についてもよく押さえておく必要があります。

しかし、オンライン予備校の数は現在、増え続けておりますから、正しい選び方で候補をいくつか割り出せても、なかなか選びきれないといった方も多いのではないでしょうか。

そういった受験生の方へ強くおすすめしたいのが、「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験に特化した専門教育を武器に、毎年高い合格実績をあげている、名門の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の教育内容などについて紹介していきましょう。

一流の講師陣によるフルサポート指導

オンライン予備校の魅力の一つとしてあげられるのが、地方に居ながらにして、一流の講師からの指導を受けられることにあります。

そこで当塾では、そんなオンライン予備校の魅力をしっかり活用するために、講師陣の採用については、吟味に吟味を重ねて選び抜いております。

たとえば、採用に際しては当校の厳しい基準を突破した者だけを選抜。

さらに、採用後も定期的なテストを受けさせて、講師としての資質を満たしているかチェックを怠らないようにしています。

このように、京都医塾オンライン校では、最高の講師を揃えるための様々な努力を積み上げておりますので、一流の講師陣によるフルサポートの指導が受けられます。

国公立・私立大学問わず合格者を輩出の好実績

上でもお話ししましたが、予備校の実力を示す指標の一つとなるのが、その施設が持つ合格実績です。

授業内容の充実度や講師の優秀さをどれだけアピールしたとしても、合格実績がともなっていない予備校では、信頼性に欠けてしまうことは言うまでもありません。

その点、京都医塾オンライン校では、国公立大学医学部・私立大学医学部問わず合格者を輩出する好実績を残しています。

合格者の方からは、「タブレット端末の授業でも対面授業と遜色がなかった。そのおかげで第一志望に合格できた」という嬉しいお声までいただいております。

現在、どこのオンライン予備校にするかお悩み中の方は、実績に富んだ当校をぜひお選びください。

担任によるカウンセリング制度でメンタル面も徹底フォロー

長きにわたる受験シーズンでは、受験生の精神状態も山あり谷ありのものとなります。

上手くいくときもあれば、いかないときもあるのが世の常ですから、そういったことも仕方がないと言えばそれまでかも知れません。

しかし、だからといって、ジェットコースターのようなメンタルのアップダウンを繰り返していては、精神的な不調を招いてしまう可能性もあるでしょう。

そこで京都医塾オンライン校では、担任によるカウンセリング制度を用いて、受験生一人ひとりのメンタル面のケアを実施しています。

このカウンセリングは、週に1度の頻度で実施されますが、学習状況の確認や勉強上のお悩み、さらには生活面の相談など、あらゆる面でのフォローを行います。

たとえ遠方にいる受験生の方であっても、私たちは京都から常に見守っておりますので、安心して当校にお頼りください。

京都医塾オンライン校とは

まとめ

医学部受験にチャレンジする方にとって、心強い味方となってくれるのが予備校の存在です。

しかし、優秀な予備校は都市部に集中していることが多く、地方に在住する受験生にとっては、なかなか利用の機会に恵まれません。

そんな中、近年になって注目を集めているのが、自宅に居ながらにして本格的な授業が受けられるオンライン予備校です。

オンライン予備校を利用することで、地方に在住の受験生の方でもしっかりとした教育が受けられますから、近年では人気が急上昇中です。

本記事では、そんなオンライン予備校を利用するにあたっての正しい選び方を、複数あげて解説してきました。

しかし、それらの解説事項を実践してみても、なかなか理想的なオンライン予備校へ出会えなかったり、候補があっても決めきれないといった方も、多いのではないでしょうか。

そういった受験生の方へ強くおすすめしたいのが、京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、医学部受験に特化した専門教育を武器に、毎年高い合格実績をあげている、名門の予備校です。

当塾を選んでいただければ、最大限のバックアップであなたを支え、夢の実現のための道しるべとなりましょう。

本気で医学部合格を目指す人には、高品質なオンライン教育と高実績の両方に定評のある、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求や入塾に関するご相談は、年中無休で承っておりますので、ご気軽にお問い合わせください。

医学部の受験勉強を進めていく際に、そのサポート役として予備校の利用を検討する人は少なくありません。

医学部の入試では、高度な問題を次から次へと正答していく必要に迫られるため、予備校を活用して学力の底上げを行うといった選択は、とても合理的と言えます。

しかし、予備校へ通うとしても、入寮して一般的なところに通うのか、もしくはオンライン予備校を選ぶのかで迷ってしまう人も大勢いるはずです。

そこで今回の記事では、一般的な予備校へ入寮するケースと、オンライン予備校を利用するケースの、メリットとデメリットについて深掘りして解説していきましょう。

医学部の予備校に入寮するメリット・デメリット

まずは、一般的な医学部受験の予備校に入寮するケースから見ていきます。

メリット

上記予備校を活用する場合のメリットには、学習面に関するものや生活面に関するものなどが、主なものとしてあげられます。

ここでは、入寮して受験勉強を進めるにあたってのメリットについて、3点取り上げてまとめました。

学習だけに専念できる環境が得られる

最初に紹介する、医学部受験の予備校へ入寮して得られるメリットは、学習面にまつわるものです。

当然ですが、医学部受験のために設置された予備校へ入寮した場合、寮を拠点として校舎へ通いながら授業を進めて行くことになります。

寮から校舎への移動時間はかかってしまいますが、多くの予備校の校舎では勉強を進めるための設備が行き届いているため、学習に最適な環境で学んでいくことができます。

そのため、時間的なロスが生じたとしても容易に巻き返すことも十分可能です。

そして、授業においても実際の講師を目の当たりにしながら、身振りや手振りを交えた指導が受けられるため、オンライン予備校では味わえない深い学習体験が得られます。

生活リズムの改善指導も受けられる

2番目に紹介する、医学部受験の予備校へ入寮して得られるメリットは、生活面に関するものです。

予備校の寮へ入るということは、起床時間や就寝時間などを正しく実践していく必要があるということを意味します。

このことから、規則正しい生活リズムへの改善が促され、高い集中力で勉強と向き合えるようになります。

個人では、どうしても不規則な生活になってしまう受験生にとっては、まさに願ったり叶ったりのサポートと言えるでしょう。

また、予備校によってはカウンセリングの機会を設けて、生活面の是正のための指導を行うこともあります。

そのため、一人ひとりに見合ったアドバイスが受けられ、それぞれが抱えている問題に対しても適切な対処をしてもらえます。

メンタルサポートにもしっかり対応

3番目に紹介する医学部受験の予備校へ入寮して得られるメリットは、メンタルサポートに関するものです。

長期的な戦いが付きものの受験シーズンでは、メンタルに不調をきたす方も大勢います。

成績の乱高下や他者との比較に起因する自己肯定感の低下など、精神が不安定になる要素をあげ出したらキリがないため、落ち込みや深刻な悩みを抱えてしまっても仕方がありません。

そういった精神の不調にも、入寮するタイプの予備校であれば素早い対応が可能です。

オンライン予備校と違い対面でのコミュケーションがメインとなりますので、受験生の変調にもすぐに気がつき、適切な対処で臨めます。

デメリット

続いて、デメリットの方に関しても見ていきましょう。

ここでは、入寮して受験勉強を進めるにあたってのデメリットについて、2点取り上げてまとめました。

大きな追加費用が発生する

最初に紹介する、医学部受験の予備校へ入寮する際のデメリットは、金銭面にまつわるものです。

当然のことですが、一般的な予備校へ入寮するとなると、授業料のほかにも毎月の寮費が加算されてしまいます。

そのほかにも、設備の利用費や食費などが発生するのが、一般的です。

集団生活が苦手な人には逆効果

2番目に紹介する、医学部受験の予備校へ入寮する際のデメリットは、集団生活にまつわるものです。

受験生の方の中には集団生活にどうしても抵抗がある、もしくは馴染めないといった方もいるはずです。

そういった方にとっては、他人との共同生活は苦痛にしかならず、学習面についても逆効果となる可能性も秘めています。

そのため、集団生活が苦手という人は、ほかの選択肢を用いて受験勉強を進めるという方法を取るのが無難と言えるでしょう

医学部のオンライン予備校のメリット・デメリット

次に、オンライン予備校を利用して学習を進めるケースについても見ていきます。

メリット

まずは、入寮するタイプの医学部予備校のときと同じく、メリットの方から解説していきます。

ここでは、オンライン予備校を利用して医学部の受験勉強を進めるメリットについて、3点ピックアップしてまとめました。

遠方から本格的な授業が受けられる

最初に取り上げるオンライン予備校のメリットは、学習面に関するものです。

オンライン予備校はネットを利用しているという性質上、遠方に居ながらにして、本格的な授業を受けられます。

タブレット端末やパソコンを通じての学びとなりますが、講師の顔を見ながら授業を進めていくため、レベルの高い学習体験ができます。

そのため、地方在住の受験生を中心に近年、人気が大きく上昇中です。

加えて、オンライン予備校によっては、ネットの利便性を最大限に駆使した取り組みも行っています。

たとえば、受験生とノートを共有し、リアルタイムでアドバイスの書き込みをする試みなどは、その好例の一つと言ってもよいでしょう。

通常の予備校では、リアルタイムで一つのノートを共有することは困難ですが、オンライン予備校では、いとも簡単に共有でき、学習の効率化に大いに貢献しています。

通学時間などがないため時間の無駄が省ける

2番目に取り上げるオンライン予備校のメリットは、時間に関するものです。

上でも述べたとおり、通常の医学部の予備校へ入寮した場合、通学までの時間が発生してしまいます。

その一方で、オンライン予備校であれば、自宅が校舎の代わりになるため通学時間がありません。

そのため、時間的なロスを徹底的に回避でき、わずかなスキマを縫った学習も簡単にすることができます。

このような時間的なアドバンテージが得られる点は、まさに医学部のオンライン予備校ならではのメリットと言えるでしょう。

入寮するよりも費用が抑えられる

3番目に取り上げるオンライン予備校のメリットは、費用面に関するものです。

言うまでもないことですが、オンライン予備校で医学部受験の学習を進める際には、寮費は一切かかりません。

そのため、授業を受けるための費用を低く抑えることができ、金銭的な負担の軽減が望めます。

費用を少しでも抑えつつ医学部合格を狙いたい人にとっては、非常に適した学習形態と言えます。

デメリット

続いて、オンライン予備校の利用にまつわる、デメリットについても見ていきましょう。

ここでは、オンライン予備校を利用しつつ、医学部の受験勉強を進めるにあたってのデメリットを2点抽出して紹介していきます。

高め合える仲間ができにくい

最初に取り上げるオンライン予備校を利用するうえでのデメリットは、仲間との交流に関するものです。

オンライン予備校では基本的に個人学習がメインとなるため、受験生仲間との交流を図りながら学習を進めていくことができません

一般の医学部の予備校では多くの受験生が入寮していますから、自然と切磋琢磨できる仲間ができますが、そうはいかないところがオンライン予備校の辛いところです。

オンライン予備校で医学部受験を目指している人の中で、何らかの受験生仲間が欲しい場合は、SNSなどを通じて交流を深めることをおすすめします。

オンライン学習用の機材を用意する必要がある

2番目に取り上げるオンライン予備校を利用するうえでのデメリットは、必要機材に関するものです。

オンライン予備校では、タブレットやパソコン、スマホなどを用意して学習を進めることになりますが、そのほかにもヘッドセットやカメラ、マイクなどが必要になる場合も考えられます。

良心的なオンライン予備校であれば、機材の無償レンタルをしてくれるところもありますが、そうでない場合は自腹を切るしかありません。

思わぬところで追加費用がかかってしまうおそれもあるため、必要機材の有無については事前に確認しておくとよいでしょう。

オンライン予備校の相場を徹底リサーチ!費用を把握し適切な予算で利用しよう

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまでは、医学部受験のための予備校を利用するにあたってのメリットとデメリットを、入寮する場合とオンライン予備校を利用する場合にわけて見てきました。

どちらにも長所と短所がありますが、いずれにせよ本人の置かれている状況に見合った方を選ぶことが、最適解と言えます。

入寮する方にメリットを感じた方は、そちらを選択すればよいですし、逆の方にはオンライン予備校が適しています。

ただ、オンライン予備校を選ぶにあたって気がかりとなるのが、本当に良質な授業が受けられるのかという点ではないでしょうか。

たしかに、オンライン予備校では、モニター越しに講師が丁寧に指導をしてくれますが、実際の授業とは環境が異なることから不安感を抱いている方もいるはずです。

そういった方へおすすめなのが、医学部受験のためのオンライン教育で高い実績を誇る「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、優れたカリキュラムやきめの細かいサポートで受験生を支援し、毎年多くの方々を医学部合格へと押し上げている、医学部受験専門の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の学習内容などについて紹介していきましょう。

あなたのためのカリキュラムを用いたハイクオリティな授業

当塾には、実際に入寮していただき授業を受けていただく方々と、オンライン校で授業を受けていただく方々の両方がおられます。

双方の授業のスタイルには大きな違いがありますが、私たちが常々考えていることは、どちらの方々へ対しても、高品質な授業を提供しなければならないということです。

そのため、たとえオンライン学習を選んだ方々へも、入塾されている方々と同様のカリキュラムを作成して指導にあたっております。

このカリキュラムは「オーダーメイドカリキュラム」と呼ばれるもので、当塾オリジナルの、画期的な手法を用いて作られるカリキュラムです。

作成過程の概要ですが、まずは受験生の方々が入塾された際に、アチーブメントテストを用いて学力の把握を行います。

それに加えて、これまでの学習履歴や学習態度、科目の得手不得手の確認など、様々な角度から学力の測定を実施して、その人だけのカリキュラム、すなわち「オーダーメイド」のカリキュラムを生み出します。

そのため時間割や授業の進め方などが、ご本人にとって最適化されたものとなり、飛躍的な学力の向上が見込めるようになります。

このカリキュラムのもとでの授業は入寮されている方々と同一の学習方法となりますから、たとえオンライン校での授業であろうとも、授業のレベルが低下してしまうようなことは起こり得ません

学校生活との両立も可能な安心のサポート

現役の受験生の方々は、入試のための学習のほかにも、学校の授業やクラブ活動、委員会活動など様々なタスクをこなしていく必要があります。

そのため、現役生の方々が医学部受験で勝利するためには、学校生活と受験勉強をどのように両立していくかが、一つのキーポイントとなることは言うまでもありません。

そこで、私たち京都医塾オンライン校では、現役生の方でも無理なく受験勉強を進められるように、専任のスタッフによる学習プランニングやスケジューリングの指導を行ってサポートしています。

これらのサポートを利用することにより、それぞれの受験生の立場に合わせた学習の進め方が実現しますので、学校生活と受験勉強の両立が可能となります。

また、長期休暇の際には、後述する「短期京都留学」と併用することで、さらなる学力向上を図ることができますので、何も心配いりません。

実際の授業が体験できる「短期京都留学」

京都医塾では、オンライン校の受験生の方々向けに「短期京都留学」というプログラムを用意して、より一層の学力向上のきっかけ作りとしていただいております。

この短期京都留学では数週間京都に滞在し、実際に校舎で学ぶ高卒生の方々と、同様の授業を受けていただきます。

そんな同プログラムでは、1日14時間にも及ぶ濃密な学習プランを受けることができますが、短期間の間に大幅な実力アップができるとあって、利用者の方々からは大変な評判です。

なお、こちらのプログラムへのご参加についてですが、利用者様のご希望の時期に合わせて利用していただくことが可能です。

夏季休暇や受験の直前期など、お好きな時期を選んで参加していただけますので、お気軽にご相談ください。

京都医塾オンライン校とは

まとめ

医学部受験のための予備校には、大きくわけて、入寮するタイプのものとオンライン上で学習を受けるタイプのものの2種類があります。

どちらにもメリットとデメリットの両方がありますが、一つだけ言えるのは、本人の状況に合わせた側を選ぶことが、最もよい選択になるということです。

入寮する方にメリットを感じた方は、そちらを選択すればよいですし、逆の方にはオンライン予備校が適しています。

ただし、オンライン予備校を利用するにあたって大きな疑問点となるのが、本当に高品質な授業が受けられるのかということではないでしょうか。

たしかに、オンライン予備校ではモニター越しに講師が指導をしてくれますが、実際の授業とは環境が異なることから、不安感を抱いている方もいるはずです。

そういった方へおすすめなのが、医学部受験のためのオンライン教育で高い実績を誇る、京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、優れたカリキュラムやきめの細かいサポートで受験生を支援し、毎年多くの方々を医学部合格へと押し上げている、医学部受験専門の予備校です。

当塾をご利用いただければ、ハイクオリティな授業と数々のサポートを駆使して、あなたの夢の実現に向けた最大限のバックアップをさせていただきます。

本気で医学部合格を目指す方には、最高の学習体験であなたを合格へ導く、京都医塾オンライン校がうってつけです。

資料請求や体験授業の受付は随時承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

医学部の受験生の中には、通常の予備校への通学が難しく、オンライン予備校の利用を検討中の方も多いはずです。

しかし、オンライン予備校と一言で言っても、費用はサービス企業によりバラつきがありますから、おおよその相場を知ってから、自らのニーズに合致したところを選びたいところでしょう。

そこで今回の記事では、医学部の受験生の方へ向けて、オンライン予備校の費用相場について詳細にまとめました。

医学部受験用のオンライン予備校の費用相場

オンライン予備校の費用がサービス企業により異なることは、上でも述べたとおりです。

その主だった理由としてはサービス内容の違いがあげられますが、具体的には、どのような違いがあり、そして、どれくらいの費用相場となっているのでしょうか。

ここでは上記疑問への回答として、予備校のタイプごとに仕分けして、サービス内容と費用相場を解説していきます。

ライトプランタイプ

最初に解説するのは、ライトプランタイプのオンライン予備校についてです。

こちらのタイプのオンライン予備校の費用相場は、20,000円から40,000円前後が主流となっています。

一般的な予備校はもとより、競合他社の運営するオンライン予備校よりも低価格で利用できるのが最大のメリットです。

ただし、授業時間が少なかったり、サポート内容が乏しいというデメリットもあわせ持っているため、手厚い支援が受けたいという方には、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

反面、最低限のサポート内容でもかまわないから、費用を抑えてオンライン予備校を利用したいという方には、もってこいのプランと言えます。

時間制タイプ

2番目に解説するのは、時間制タイプのオンライン予備校についてです。

こちらのタイプのオンライン予備校は、読んで字のごとく、時間制で料金が決まるシステムをとっているのが特徴です。

このことから、本人のライフサイクルに合わせて、柔軟に授業時間や受講料を変化させることができます。

費用としては、1科目が1時間あたり5,000円前後から10,000円前後が相場となっています。

ご自身の都合に合わせて、科目数や時間数を決定しましょう。

ちなみに、全額返金保証制度を設けているところもあるため、安心して利用に踏み切れるというメリットもあります。

コース別タイプ

3番目に紹介するのは、コース別タイプのオンライン予備校についてです。

コース別タイプのオンライン予備校では、主に現役生向けのプランと高卒生向けのプランの2種類を用意して、オンライン学習を進めていきます。

ここでは、両方のプランのサービス内容や費用相場に関して解説していきましょう。

現役生向け

現役生向けのオンライン予備校では、主な中学生や高校生が利用対象者となります。

費用相場としては、高校生を対象としたものが1時間あたり10,000円前後、中学生を対象としたものが、1時間あたり8,000円前後となっています。

こういったオンライン予備校では、学校生活と両立できるように配慮しつつ、適切な時間割を組んでくれるため、学生の方でも安心して利用できるのが大きなメリットです。

ちなみに、年間利用を前提として費用総額を明示しているところもありますが、予備校によっては、夏季休暇の特別講習などの費用は別途必要となる場合もあるので、その点だけは注意しましょう。

高卒生向け

現役生向けのプランの解説に続いて、高卒生向けのプランについても解説していきます。

高卒生向けのプランでも現役生向けのプランと同様、1時間あたりの授業料は10,000円前後が主流です。

ただ、高卒生の場合、現役生よりも授業数を多く取れる環境にあるため、コマ数を増やした場合には、当然その分だけより多くの費用が発生します。

このことから、ご自身の懐事情とよく相談しながら、どれくらいのサービスを受けるか決める必要があります。

ただし、最速で医学部合格を目指すのであれば、積極的にコマ数を増やして学習を進めた方が有利となるのは言うまでもないでしょう。

生活を犠牲にしてまで時間数を増やす必要はありませんが、予算の許す限り時間数を増やして、学習を進めることをおすすめします。

基本プラン+オプションプランタイプ

最後に紹介するのは、基本プランにオプションプランを付与していくタイプのオンライン予備校についてです。

こちらのタイプでも、やはり1時間あたりの授業料は10,000円前後が相場となります。

この授業料を基本として、オプションプランを付与しつつ総額が算出されるわけですが、オプション内容には、自習サポートや定期面談、カリキュラムの作成委任、面接対策など様々なものが用意されています。

ご自身の置かれている状況に合わせて、これらのサービスを自由に組み合わせられるのが大きなメリットと言えるでしょう。

なお、非常に多岐にわたるオプション数ですが、これらのオプションを加えると15,000円前後から55,000円前後が別途加算されます。

ご自身の予算に合わせてサービスを自由にカスタムして、効率的に学習を進めていきましょう。

【医学部受験】時間の無駄を徹底的に省けるオンライン予備校の魅力を解説!

医学部受験でオンライン予備校を選ぶ際の確認事項

オンライン 予備校 費用

医学部受験においてオンライン予備校を選ぶ際には、ぜひ確認しておきたい事項がいくつかあります。

そこで、こちらの項では、受講に際して把握しておきたい事項の中でも代表的なものを3点取り上げてまとめました。

授業料を明確化しているか

数あるオンライン予備校の中には、授業料を公開していないところもあるため注意が必要です。

何かしらの理由があって費用を非公開にしているのでしょうが、他社の多くが公開している中で、あえて非公開にしているという点には、違和感を感じる人も多いはずです。

そのため、こういったオンライン予備校を検討する際は、費用体系についてしっかりヒアリングしてから、利用へ踏み切る必要があります。

授業料以外にはどんな費用がかかるか

オンライン予備校は、その性質上ネット環境を構築しなければなりません。

そのため、授業料以外にも費用が発生することも考えられます。

代表的なもので言えばパソコンやタブレットなどがありますが、所有していない場合には新たに購入する必要があるでしょう。

また、テキスト代や、オンライン自習室の利用料金が発生することもありますので、こういった事項についても、事前確認をしておいてください。

どんな機材が必要か

オンライン予備校では、上記パソコンやタブレットのほかにも、webカメラやヘッドセットなどのネット機材が必要になるケースも少なくありません。

これらを揃える場合にも当然、追加で費用が必要となってしまいます。

このことから、どういった機材が必要で、どれくらいの費用が発生するのかについても、あらかじめ知っておいた方が得策です。

万が一、機材の購入が必要な場合で、かつどんな製品を選んだらよいかわからないときは、予備校の担当者に聞いたり、通販サイトのレビューを参考にするとよいでしょう。

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

ここまで見てきたとおり、オンライン予備校を利用する際には、自身が受けるサービス内容によって費用が変わってきます。

ライトプランタイプや時間制タイプ、コース別タイプなどで大きく相場が変化するため、予算に合わせた選択をしなければなりません。

しかし、最も肝心となるのは、各オンライン予備校が提供するサポート内容の、中身ではないでしょうか。

たしかに、予算に合わせた費用設定は、オンライン予備校を利用するにあたっての重要な要素です。

しかしながら、要となるサポート内容がともなっていなければ、十分な学習の成果があげられません。

医学部は数ある学部の中でも最難関の学部ですから、高度なサポートがともなっていないオンライン予備校では、せっかく投じた費用が無駄になってしまう可能性すらあるのです。

こういった理由から、受験生の方の中には、より充実したサポート内容を誇るオンライン予備校を探している方も、多いのではないでしょうか。

そういった方におすすめなのが、医学部専門予備校の「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、優れた講師によるフルサポートの授業を武器に、多くの医学部合格者を輩出している、医学部受験の特化型の予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾の授業内容などについて紹介していきましょう。

2台のタブレットだけで行う明快な授業スタイル

京都医塾オンライン校では、受験生が2台のタブレットを同時に使用しながら、授業が進められます。

1台目のタブレットには、講師の姿と板書の内容が同時に映し出されますが、ただ映すだけでなく、身振りや手振りを交えた動作もしっかり伝わるよう工夫を凝らしています。

そのため、ライブ感あふれる授業が体験でき、集中力の継続と理解度のアップに非常に効果的と、利用者様からも大変な評判です。

また、2台目のタブレットは、ノート用として活用します。

こちらの端末には、授業中の板書内容が常時映し出されていますが、受験生はこれらの内容にさらにメモを取る形で授業を進め、自分だけのノートを完成させていきます。

このように、余分な機器は廃止し、2台のタブレットだけで授業を進行させていきますから、意識があちらこちらへ移ることなく、全力で勉強に取り組むことができます

オリジナルの時間術で授業時間外の学習効果を最大化

京都医塾オンライン校のサポート内容は、授業時間だけにとどまりません。

授業時間外においても、オリジナルの時間術を用いた学習指導を行っています。

この時間術は、限られた時間を有効に活用するために生み出されたもので、受験勉強の成果を最大化することができます。

方法はとても簡単で、自習時間のうち90分間を1単位とし、さらにその90分間を6分割して15分間にわけ、その15分間を一区切りとしながら勉強を進めるというものです。

この方法を取り入れることで、15分間ごとに細かく進捗を図ることができ、加えて、15分間でどれくらいの学習体験を得られたかも測ることができますから、自然と効率的な自習に結びつきます

当塾のオンライン校では上記のような数々のアドバイスを行い、授業時間外へのサポートへもつなげられるよう積極的な工夫を行っておりますので、効率性の高い学習をしていただけます。

保護者様の安心への取り組みとして三者面談を実施

大学受験を控えているお子さまを持つ保護者様にとって、学習の進捗状況や成績資料は非常に関心のある事柄のはずです。

なにしろ、決して少額とは言えない費用をかけてオンライン授業を利用しているわけですし、何よりもお子さまの将来に関わることですから、関心が高まったり、心配な気持ちになっても自然なことと言えるでしょう。

そこで、当塾では定期的な三者面談を実施して、保護者様へのご報告の機会を設けさせていただいております。

この三者面談では、上記のような学習にまつわることや今後の学習方針、受験へのアドバイスなど様々な内容をお話させていただきます。

また、実際に京都までお越しいただいて面談をすることも可能ですので、ご希望があれば、お気軽にご相談ください。

京都医塾オンライン校とは

まとめ

医学部受験を支援するオンライン予備校は数多く存在し、その費用相場もサポート内容も様々です。

安くすませられるところもあれば、まとまった費用が必要なところもあります。

したがって、利用希望者の中には、安価なところを選んで費用を節約したいと考えている人も、一定数いるはずです。

しかし、医学部は誰もがよく知る国内有数の難関学部です。

生半可な学力で受験に臨んでも、まったく歯が立たないのは言うまでもありません。

このことから、オンライン予備校を利用するにあたって最も注目するべき点となるのは、そのサポート内容ではないでしょうか。

たしかに、予算に合わせた予備校選びも大切ですが、十分なサポートが受けられず落第してしまっては、投じた費用が無駄になってしまいます。

そのため、受験生の方の中には、より充実したサポートが受けられるオンライン予備校を利用したいと、感じている人も多くいるはずです。

そういった方におすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾オンライン校です。

京都医塾オンライン校は、優れた講師によるフルサポートの授業を武器に、数多くの医学部合格者を輩出している、医学部受験の特化型の予備校です。

当塾においでいただければ、最新技術と最高の講師の指導を駆使して、あなたの夢の実現に向けての支援を最大限させていただきます。

本気で医学部合格を目指す方には、フルサポートのバックアップであなたを支える、京都医塾オンライン校がうってつけです。

資料の請求やお電話でのご相談は年中無休で承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

医学部の受験生にとって、時間は重要な資源の一つです。

一日に与えられる時間は誰でも24時間、1年間に与えられる時間は365日と平等に決まっていますが、この時間をどう使うかで夢が叶うかどうかが決まります。

そして、この大切な時間を最大限有効活用できる手段として、近年大きな注目を集めているのが、オンライン予備校です。

今回の記事では、そんなオンライン予備校を利用することで得られる、時間的なアドバンテージについて徹底的にまとめました。

一般的な医学部の予備校では無駄になる時間も多い

医学部の受験生の間で、オンライン予備校が注目を集めていることは上でも述べたとおりです。

その大きな理由としてあげられるのが、一般的な予備校を利用する場合に生まれる、時間のロスを回避できることです。

たとえば、通学のために要する時間のロスなどは、代表的な例とも言えるでしょう。

仮に、通学に必要な1日あたりの移動時間が1時間だとして、毎月10回の授業を受けるとしたら、ひと月で10時間の無駄が生じてしまいます。

そして、この無駄な時間を年間で算出すると120時間もの膨大なロスともなりますから、その悪影響たるや大変なものになることは、想像に難くありません。

もし、都市部に在住の受験生であれば、この悪影響がやや抑えられるかも知れませんが、地方に在住している人の場合、上で算出した時間よりも多くの時間を失う可能性もあります。

このように予備校へ通学する際の時間的なロスは意外に大きく、医学部の受験生にとっては、時として命取りにもなりかねない大きなものと言えるのです。

医学部専門のオンライン予備校では時間を有効活用できることが強み

医学部の受験生の間で、オンライン予備校が注目されている理由を解説したところで、今度は、そんなオンライン予備校の強みについても見ていきます。

こちらの項では、オンライン予備校が持つ強みの中でも主だったものを、3点ピックアップしてまとめました。

通学時間ゼロ!ロスのない有意義な学習が可能

予備校への通学時間にまつわる時間的なロスに関する弊害は、上でもお伝えしたとおりです。

予備校へ通う際には、必然的に移動時間が発生しますから、大なり小なり無駄となる時間が生まれてしまいます。

また、繰り返しになりますが、地方に在住する受験生の場合は交通の便が整っていない場合が多く、移動にともなう時間の浪費が都市部の人よりも大きくなってしまいがちです。

その点、オンライン予備校であれば自宅での学習が可能ですから、通学のための時間はいりません。

時間的なロスの一切を排除した状態で、有意義な学習が可能です。

このような点は、オンライン予備校が持つ最大の特徴であり、同時に長所とも言えます。

現役・高卒生向けでコースわけのある予備校なら適切な時間割で学習が可能

言うまでもありませんが、現役生と高卒生ではライフサイクルに大きな違いがあります。

現役生の場合は学校生活がありますから、受験勉強のほかにも部活動や委員会活動、課外活動などに時間を割かなければなりません。

一方で、高卒生の場合は、人にもよりますが時間的な余裕がある方が多くを占めます。

このように、「医学部の受験生」と一言でくくっても、それぞれが様々なライフサイクルの中で日々を送っていますので、受験勉強に充てられる時間は個々人の環境次第なのは必然とも言えるでしょう。

このことから、オンライン予備校の中には、上記のような状況を踏まえて、各受験生の環境に配慮してくれるところも存在します。

そういった予備校では、受験生ごとにカリキュラムをわけて設定してくれるため、本人の実情に見合った時間割で学習を進めることが可能です。

オンライン予備校を選ぶ際は、コースわけを行っているところを選択し、時間を最大限有効に活用しましょう。

精神的な不調になりやすい人にもオンライン予備校は頼りになる存在

医学部の受験生の方の中にはメンタル的な不調を抱えやすく、集団での学習環境では精神的に不安定になりやすい人もいます。

たとえば、他人と自分とを比較してしまい劣等感を覚え、学習へのモチベーションが低下してしまったり、ひどく落ち込んでしまうケースなどが考えられます。

また、さらに深刻なケースでは、受験鬱の発症も懸念しなければなりません。

万が一、受験鬱になってしまえば大きな時間的な浪費を招いてしまいますから、医学部合格の道が絶たれてしまう可能性もあります。

このような人にも、オンライン予備校は頼りになる存在となり得ます。

なにしろ、個人対個人で行うのがオンライン授業の基本ですから、集団での学習環境に馴染めなくとも問題ありません。

また、しっかりとした予備校であれば、オンライン上で定期的なカウンセリングサービスも行って、メンタルケアもしてくれます。

このような予備校を選んだ場合には、集団授業から解放されるのはもちろんのこと、受験にともなう悩みなども打ち明けられますから、モチベーションの低下や受験鬱など、時間のロスとなる原因を徹底的に排除できます。

医学部受験のオンライン予備校での一日の過ごし方は?

続いて、医学部の受験生がオンライン予備校を利用した場合における、一日の過ごし方についても紹介していきます。

ここでは、現役コースと高卒生コースのモデルケースを紹介し、それぞれについて解説していきましょう。

現役生のケース

まずは、現役生のケースから解説していきます。

現役生の場合、学校生活がともなうため、カリキュラムは必然的に夜間からのスタートとなります。

時間帯は、各オンライン予備校にもよりますが19時くらいから始まるのが一般的です。

土日については、一日を通じての学習サポートが受けられますが、部活動や学校からの課題がある場合は、しっかり配慮してくれるところもあります。

そのため、柔軟な対応が期待できるうえに、仮に少ない学習時間だとしても、非情に濃密な内容の受験勉強をすることができます

高卒生のケース

次に、高卒生のケースについても見ていきましょう。

高卒生のモデルケースでは、朝から夜まで隙間なく学習の支援が受けられるのが一般的です。

ただ、土日については、やや手綱を緩めて軽めの授業時間に設定するところもあるなど、休日の過ごし方については、オンライン予備校の方針で変わってきます。

しかしながら、医学部の入試では、みなさんもご存じのとおり難問ばかりが飛び交ううえに、それぞれを素早く正答していかなれければなりません。

このことから、受験当日までに与えられた時間を有効に活用するのであれば、土日も一日を通じてサポートを受けられるところを選択したいところと言えます。

注意!時間の無駄を生みやすい医学部オンライン予備校の特徴

これまでお伝えしてきたとおり、数々の利便性のあるオンライン予備校ですが、どこを利用するか判断する際には、どうしても注意しておかなければならない点があります。

そこで、ここではオンライン予備校の失敗しない選び方として、注意点を2点取り上げて解説していきましょう。

チューターの多いオンライン予備校

チューターの多いオンライン予備校では、授業の品質や質問への対応力が懸念事項としてあげられます。

たとえば、現役の医大生がチューターであっても、彼らが医学部受験の最新情報を常に仕入れているとは限りません。

加えて、年度ごとにおける、私立大学の出題傾向を把握している保証もありません。

このことから、チューターの多いオンライン予備校では授業効率が悪くなってしまい、時間の無駄が生じるおそれがあります。

以上のことから、医学部受験においてオンライン予備校を選ぶ際には、社員講師を多く採用しているところを選ぶのが正解と言えるでしょう。

質問システムが整備されていないオンライン予備校

受験勉強を進めるうえで、わからない箇所が出てくることは誰にでもあることです。

そんなときに、すぐに質問できる体制が整備されていないオンライン予備校では、回答までにタイムラグが生じるため時間のロスを招く結果となってしまいます。

受験当日までに、講師へ不明点を質問する機会は数限りなくあるはずですが、その度にラグが生じていては時間が無駄になり、落第の危険性が高まります。

オンライン予備校を選定するときは、質問システムがきちんと整備されたところを選びましょう。

本気で医学部合格を目指すなら京都医塾

時間効率を考えて、また学習の充実度を考えてオンライン予備校を選ぶ受験生は増加傾向にあります。

とくに地方在住の方にとっては、実際の予備校と遜色のない授業が受けられるとあって、まさに救いの一手となり得ます。

都市部に住んでいる方にとっても、時間を有効に生かせるオンライン予備校は、非常に魅力的な選択肢に映るはずです。

しかし、オンライン予備校は現在、様々なところでサービスを開始しているため、どこにしたらよいか悩んでしまうのも事実です。

ただ、悩んでいる間にも時間は刻一刻と過ぎていってしまうため、少しでも早く、優れたオンライン予備校を選び取りたいと感じている人が、大多数なのではないでしょうか。

そういった方々へおすすめなのが、医学部受験専門のオンライン予備校である「京都医塾オンライン校」です。

京都医塾オンライン校は、ネット上のシステムを駆使して、時間効率を最大化するための指導教育を行っている、医学部受験に特化した予備校です。

ここから先は、そんな京都医塾オンライン校の指導内容などについて紹介していきましょう。

オンライン機能を生かしたリアルタイム授業

京都医塾オンライン校では、オンライン機能をフルに生かしたリアルタイム授業を行って指導をしています。

このリアルタイム授業の大きな特徴は、ひとつのノートに対して受験生と担当講師の両者が、ネットを介して同時に情報を書き込める点にあります。

たとえば、講師がノートに書き込んだ問題に対し、受験生が回答をそのまま書き込みつつ、授業を進めていくことも可能です。

そして、その回答に対し今度は講師が添削を施して、理解を促していくことも並行して行うことができます。

このように双方向でコンタクトを取りながら行う授業形式であるため、学習についていけないといったことも起こりません

これは、デジタル機器を用いたリアルタイム授業だからこそできる取り組みであり、京都医塾オンライン校の持つ大きな強みでもあります。

時間に関係なくいつでも質問できる環境

どんな受験生であっても、自習時間中に生じた不明点はすぐに解消したいと感じているはずです。

不明な箇所をそのまま放置していては次の授業にもついていけませんし、そうなってしまうと、雪だるま式にわからない箇所が増えていくことは目に見えています。

こういった事態を避けるためにも、京都医塾オンライン校では24時間いつでも質問していただける環境と、24時間以内に回答できる環境を整備して対応しています。

質問の方法もいたって簡単。

わからない箇所をタブレットへ書き込んで、質問システムへ知らせるだけで済みます。

送信されたご質問に関しては、講師がチェックして上記のとおり24時間以内に回答が届きますので、安心してお待ちください。

週に一度のカウンセリングでメンタル面のケアも万全

医学部受験では、難解な問題を次から次へと解いていく必要があるため、精神的な負担も相当なものとなります。

また、模試の結果などを受けて、大きく落胆することもしばしばあります。

そういった際に心配されるのが、メンタル面でのトラブルです。

メンタル面のトラブルに見舞われてしまうと大切な時間を浪費してしまい、医学部受験の合否にも暗い影を落としてしまいかねません。

そこで京都医塾オンライン校では、担当者が週に1度カウンセリングを通じて学習の進捗状況を確認したり、学習上の悩み相談に応じています。

たとえオンライン上とはいえども、常に受験生の方々を見守る体制を構築しておりますので、精神面に不安のある方でも、どうぞご心配なく当塾をお選びください。

京都医塾オンライン校とは

まとめ

時間的な自由度の高さと効率のよさで、医学部の受験生からも人気の高まり見せているのが、オンライン予備校です。

しかし、その人気の高まりにともなって、オンラインによる教育サービスへ参入する予備校も増加中です。

そのため、受験生にとっては、はたしてどこを選ぶのが最善の選択なのか、悩みどころとなっています。

しかし、悩んでいる間にも時間は刻一刻と過ぎ去っていってしまいます。

したがって、限られた時間しか与えられていない受験生としては、できるだけ早期に、優れたオンライン予備校を選び取りたいところではないでしょうか。

そこで、おすすめのオンライン予備校となるのが、高品質な授業やメンタルケアなどの各種サービスに定評のある京都医塾オンライン校です。

私たちにお任せしてもらえれば、ネット環境をフル活用したサポートで、あなたの宿願成就のために精一杯のバックアップをさせていただきます。

本気で医学部合格を目指す人には、オンライン教育の強みを最大限に生かせる、京都医塾オンライン校こそがうってつけです。

資料請求やお電話でのご相談は、年中無休で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。